武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2011年
08月18日

東急武蔵小杉駅のホーム延伸部分の屋根が完成

hatsushimo.gif

2011/6/9エントリにおいて東急武蔵小杉駅のホーム延伸部分の
屋根設置工事
を取り上げましたが、あれから2か月が経過しまして、
屋根がほぼ完成しています。

■東急武蔵小杉駅のホーム延伸部
東急武蔵小杉駅のホーム延伸部


東急武蔵小杉駅のホーム延伸工事は、駅の北側(新丸子側)で
実施されています。
これは、2012年度の東京メトロ副都心線との相互直通運転に対応
するためのもの
で、東急東横線に副都心線の10両編成車両を受け
入れるために、各駅でホーム延伸工事が行われています。

■ホーム延伸部の屋根
ホーム延伸部と設置された屋根

ご覧の通り、ホーム延伸部では屋根が完成しています。
よく、屋根がホームの一部にしか設置されていない駅がありますが、
東急武蔵小杉駅ではそのような心配はなさそうです。

ホームの地面はまだ躯体がむき出しの状態で、舗装されていません。
屋根の設置工事が完了したのち、舗装されることになるのでしょう。

■ホーム屋根の向こうに見えるエクラスタワー武蔵小杉
ホーム屋根の向こうに見えるエクラスタワー武蔵小杉

既存のホーム屋根と外壁の間から、隣接するエクラスタワー武蔵
小杉の商業施設
が見えます。

東急武蔵小杉駅の上部には2層の駅ビルが建設され、隣接する
エクラスタワー武蔵小杉の商業施設およびパークシティ武蔵小杉
ザ・グランドウイングタワーの商業施設と接続されることになります。

駅ビルおよびエクラスタワーの商業施設の完成は2013年3月、
副都心線直通開始も2012年度(2013年3月まで)
となっています
ので、いずれの工事も目指すゴールは同時期です。

2010年3月13日の横須賀線武蔵小杉駅開通は、武蔵小杉再開発
においてひとつのマイルストーンでしたが、2013年3月は、今度は
東急武蔵小杉駅にとっての「街びらき」になりそうです。

【関連リンク】
東急電鉄 東横線渋谷~横浜間改良工事
武蔵小杉ライフ:再開発情報:小杉駅南部地区B地区
2010/10/8エントリ 東急武蔵小杉駅の10両編成対応ホーム
延伸工事

2010/10/28エントリ 東急武蔵小杉駅下り線に10両編成対応ホーム
躯体が設置

2010/11/8エントリ 東急武蔵小杉駅上り線の10両編成対応ホーム
躯体がスタンバイ

2011/1/7エントリ東急武蔵小杉駅の10両編成対応ホーム躯体が
設置完了

2011/6/9エントリ 東急武蔵小杉駅ホーム延伸部の屋根設置工事

Comment(0)