武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2012年
12月22日

2012富士通川崎工場クリスマスイベントレポート

hatsushimo.gif

2012年12月21日(金)と22日(土)の両日、「2012富士通川崎工場クリスマスイベント」が開催されました。

■富士通川崎工場
富士通川崎工場

富士通川崎工場は、富士通の登記上の本店所在地でもあり、同社の重要な拠点です。今後も新たなオフィスビル(研究棟)の建設など、さらに再開発による機能集約が図られる予定です。

富士通川崎工場クリスマスイベントは、周辺地域への貢献活動の一環として毎年恒例で開催されています。

■サンタさんのふあふあ
サンタさんのふあふあ

入口でまず目に入ったのは、サンタさんのふあふあです。寒い中たくさんの子どもたちが並んで、長い行列になっていました。

■本館までのイルミネーション
本館までのイルミネーション

正門から本館までの道には、イルミネーションが施されています。その手前には、輝くサンタさんがいました。

■サンタさんと記念撮影
サンタさんと記念撮影

このサンタさんのところで、記念撮影している方の姿が多く見受けられました。…が、はて、誰か見覚えのある方が混じっているようです。
これは、富士通のバスケットボールチーム「レッドウェーブ」のマスコットキャラクター、「レッディ」ですね。

■富士通レッドウェーブ レッディ
http://sports.jp.fujitsu.com/redwave/mascot/

■本館入口
本館前

本館前のイルミネーションは昨年と大体同じですが、中央部分が昨年はベルだったものが、今年は星になっています。
毎年のイルミネーションの趣向の変化も、このクリスマスイベントの楽しみです。

■ウェルカムドリンク配布所
ウェルカムドリンク配布所

本館の入口では、恒例のウェルカムドリンクが配布されていました。
…おや、この赤い後ろ姿は、またレッディですね。

■クリスマスコンサート
クリスマスコンサート

■ミニ門松作り体験
ミニ門松作り体験

本館1階のホールでは、クリスマスコンサートや、ミニ門松作り体験などの催しが開催されていました。こちらもたくさんのお客さんが集まり、ミニ門松体験はすべて予約が終了していました。

■手話部のクリスマスツリー
手話部のクリスマスツリー

■指文字50音表
指文字50音表

また、本館1階には、富士通の各団体・組織が工夫を凝らしたクリスマスツリーが飾られていました。こちらは、クリスマスツリーコンテストで特別賞を受賞した手話部のツリーです。

手話部といえば、富士通川崎工場春まつりの「帝国軍の兵士」でお馴染みですね。ツリーのそばには、指文字50音表が展示され、好きなカードを持ち帰れるようになっていました。

■team友のクリスマスツリー「友の樹」
team友のクリスマスツリー「友の樹」

こちらは、富士通内のボランティアグループ「team友」の手による、「友の樹」と名付けられたツリーです。
「team友」は、東日本大震災の被災地の支援をしているグループで、このツリーには被災地の復興への願いがこめられています。

■「友の樹」の飾り
「友の樹」の飾り

「友の樹」の飾り

「友の樹」の飾り

「友の樹」を近くでよく見てみると、いずれも宮城県などの被災地に関連するものが飾られていました。ひとつひとつ、思わず見入ってしまいます。空飛ぶ飛行機は、宮城県の東松島基地のものでした。

■本館20階からの武蔵中原駅方面
20階からの武蔵中原駅方面

今回のクリスマスイベントでは、22日のみ、本館20階が夜景展望スペースとして開放されました。20階からは南に武蔵中原駅、武蔵小杉駅、横浜方面が、北に東京方面がよく見えました。

■当日募集のメッセージ
当日募集のメッセージ

また、本館南側には、各小学校などからあらかじめ応募された絵に加えて、当日募集の絵やメッセージが投影されました。これは昨年までウェブサイトでは告知されていなかったのですが、富士通の方に伺うと初実施というわけではなく、以前も実施はされていたようです。

■「がんばろう日本!がんばろう東北!」
「がんばろう日本!がんばろう東北!」

また今回は、「がんばろう日本!がんばろう東北!」という応援メッセージも投影されました。

■本館北側のクリスマスウインドウアート
本館北側のクリスマスウインドウアート

続いて本館を裏手(北側)から見てみると、クリスマスウインドウアートが輝いていました。これは、昨年と同じデザインですね。

■賑わう出店
賑わう出店

■お子様限定無料ポップコーン
お子様限定無料ポップコーン

最後にご紹介するのは、恒例の出店です。非常に多くの方で賑わっていました。ポップコーンに長い列ができていたので何かと思いましたら、お子様限定で無料で配布されていたのです。これは人気が出ますね。

大体このようなところで、今年もさまざま楽しませていただきました。
帰りに守衛室の前を通った時に、守衛室の中の方がわざわざ椅子から立ち上がって頭を下げてくださったのが非常に印象的でした。多くの富士通のイベントスタッフの方も印象が良く、地域貢献活動としてよく対応されているように思いました。
また、来年の春まつりが楽しみです。

【関連リンク】
2008/12/24エントリ 2008富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2009/12/24エントリ 2009富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2010/12/24エントリ 2010富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2011/12/22エントリ 2011富士通川崎工場クリスマスイベントレポート
2012/12/20エントリ 2012富士通川崎工場クリスマスイベントを
12月21日(金)、22日(土)開催

Comment(0)