武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2013年
01月10日

JR武蔵中原駅北側に「武蔵中原駅前歩道橋下駐輪場」が2013年2月8日新設

hatsushimo.gif

JR武蔵中原駅の北側に、2013年2月8日(金)より「武蔵中原駅前歩道橋下駐輪場」が新設されることになりました。
 
■川崎市報道発表資料  「武蔵中原駅前歩道橋下駐輪場〔時間利用駐輪場〕」の開設について ~平成25年2月8日(金)より供用開始予定~
http://www.city.kawasaki.jp/templates/press/cmsfiles/
contents/0000044/44231/nakaharajikangashi.pdf


この駐輪場の新設は、中原区の市営駐輪場指定管理者である「川崎市交通安全協会・NCD共同企業体」より川崎市に提案があったもので、上記の1月8日付報道発表資料で公表されました。
 
■武蔵中原駅前歩道橋下駐輪場の概要
▼供用開始:2013年2月8日(金)(予定)
▼所在地:中原区上小田中4丁目2番地先
▼収容台数:244台(自転車のみ)
▼利用時間:24時間
▼利用料金:最初の90分は無料、以後2時間ごと100円
▼工事期間:2013年1月10日(木)から2月7日(木)までを 予定


■武蔵中原駅前歩道橋下駐輪場の案内図
武蔵中原駅前歩道橋下駐輪場の案内図

■武蔵中原駅前歩道橋下の現況
JR武蔵中原駅前歩道橋下の現況

JR武蔵中原駅前歩道橋下の現況
 
JR武蔵中原駅前をご存知の方であれば、歩道橋下と聞いた瞬間に「ああ、あそこね」とイメージが沸くのではないでしょうか。武蔵中原駅の北側には、南武線ガード下の商業施設「ビーンズ武蔵中原」と富士通川崎工場前などを結ぶ歩道橋があります。
この歩道橋の下は、以前から慢性的に違法駐輪に占拠される状態が続いており、地域の課題になっていました。
 
■ビーンズ武蔵中原の駐輪場
ビーンズ武蔵中原の駐輪場

なお、この区域の西側には川崎市の駐輪場やビーンズ武蔵中原の駐輪場があります。ビーンズ武蔵中原の駐輪場などは常時満車というわけでもないのですが、駅改札から少し離れて信号を挟むこともあってか、歩道橋下の路上に多くの方が自転車を停めてしまっています。
 
今回の「武蔵中原駅前歩道橋下駐輪場」の開設は、これだけ違法駐輪が常態化している現状も踏まえ、それであれば正式な駐輪場として料金も徴収して管理を行おう、ということなのでしょうね。
 
■武蔵小杉タワープレイスの駐輪場
武蔵小杉タワープレイスの駐輪場

■武蔵小杉STMビルの駐輪場

武蔵小杉STMビルの駐輪場

同じようなパターンとしては、武蔵小杉駅北口の武蔵小杉タワープレイスや、武蔵小杉STMビルの駐輪場設置が思い出されます。これらの区域も、違法駐輪が常態化していたものを有料の時間貸し駐輪場として運用することになったものでした。
 
「武蔵中原駅前歩道橋下駐輪場」も、最初の90分は無料ですので、ビーンズ武蔵中原などでの通常のお買い物であれば無料の範囲で利用できることでしょう。
 
これから2月7日までが駐輪設備の工事期間となり、2月8日(金)から供用開始が予定されています。
武蔵中原駅の北側では「富士通川崎工場再開発計画」による交差点の改良や駅前広場の設置も予定されていますし、少しずつでも環境が改善されていけば良いと思います。

■富士通川崎工場再開発計画の計画図
富士通川崎工場再開発計画の計画図

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:駐輪場
2011/3/23エントリ 横須賀線武蔵小杉駅ロータリーの自転車マナー表示
2011/7/25エントリ 東急電鉄が8月1日より新丸子駅でサイクルシェアサービスを開始
2011/9/14エントリ 武蔵小杉STMビルに機械式駐輪場が設置
2011/10/26エントリ 武蔵小杉タワープレイスの駐輪場がオープン
2012/2/5エントリ 川崎市営駐輪場が利用料金を2012年4月1日より大幅値上げ:武蔵小杉駅周辺駐輪場の料金新旧比較一覧
2012/4/15エントリ 東急元住吉駅の新商業施設裏手の駐輪場
2012/6/19エントリ 富士通川崎工場再開発計画の完成イメージ
2012/7/16エントリ 武蔵小杉STMビルの駐輪場の一部区画が料金値下げ
2012/7/26エントリ マンションと駐輪場の複合施設「東急元住吉駅西口駐輪場」
2012/11/1エントリ 「武蔵小杉駅周辺自転車等駐車場第5施設」が本日一部供用開始、地下に流れる「川崎おどり」

Comment(1)