武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2016年
12月23日

天皇杯準々決勝・川崎フロンターレvsFC東京クリスマス決戦を控え、小杉ビジョン・イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店・富士通川崎工場・中原区役所がPRを一斉展開

【Reporter:はつしも】

2016年12月24日に、天皇杯準々決勝「川崎フロンターレvsFC東京戦」が味の素スタジアムで開催されます。
先般Jリーグチャンピオンシップで惜しくも鹿島アントラーズに敗れた川崎フロンターレにとっては、今シーズン最後に残された大舞台ということになります。

同チームの悲願である初タイトル獲得を応援すべく、先般お伝えした中原区役所に加えて、武蔵小杉駅南口の「小杉ビジョン」、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店、そして富士通川崎工場において天皇杯クリスマス決戦のPRが行われていました。

■「小杉ビジョン」の天皇杯PR映像
小杉ビジョンの天皇杯PR映像

川崎フロンターレの天皇杯PR映像

小杉ビジョンの天皇杯PR映像

クリスマスは味スタへ!

東急武蔵小杉駅南口のこすぎコアパークに面した西街区再開発ビルには、壁面に映像装置「小杉ビジョン」が設置されています。

その「小杉ビジョン」において、1分ほどの川崎フロンターレの天皇杯PR映像が放送されていました。

初タイトル獲得への意気込みをこめて、小林悠選手や中村憲剛選手も登場して、12月24日天皇杯への応援をお願いする映像になっています。

■小杉ビジョンの川崎フロンターレ天皇杯PR動画(Youtube)


小杉ビジョンのPR映像を、Youtube動画にしてみました。
フルで鑑賞してみたい方は、こちらからご参照ください。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の天皇杯告知
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の天皇杯告知

続いて、小杉ビジョンからすぐ近くのイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店においても、天皇杯クリスマス決戦のPRが行われていました。

こちらは1階入り口の横断幕です。

■1階オフィシャルグッズショップの「フロサポあんのパンまつり」
「フロサポあんのパンまつり」

■小林悠選手フロンターレ残留決定!
小林悠フロンターレ残留決定!

■小林悠選手とアンパンマンマーチ
小林悠選手とアンパンマンマーチ

同店は1階に川崎フロンターレのオフィシャルグッズショップが入店していることもあり、最近川崎フロンターレを強力に応援するようになっています。

オフィシャルグッズショップでは、フロンターレの中心選手である小林悠選手が来季残留を決断したことを祝し、同選手の応援歌になっている「アンパンマンマーチ」にちなんで「フロサポあんのパンまつり」を実施していました。

■あんパンの販売
あんパンの販売

■あんパン販売11,111個達成
11,111個販売達成

「フロサポあんのパンまつり」は、要するにあんパンの購入キャンペーンで、その購入数によって小林悠選手に感謝の思いを伝えるという企画になっていました。

目標は同選手の背番号11にちなんで、11,111個が達成目標となっていたところ、驚異的なスピードで販売が進みました。
そしてちょうど本日、目標達成となった次第です。

■富士通フェスティバル イルミナイト川崎の天皇杯告知
富士通フェスティバル イルミナイト川崎での天皇杯告知

そしてこちらは、本日開催された「富士通フェスティバル イルミナイト川崎2016」での天皇杯PRです。

本イベントはJR武蔵中原駅前の「富士通川崎工場」が会場となっていまして、本館ビルの壁面に天皇杯の告知が投影されました。

富士通は川崎フロンターレのメインスポンサーであり、Jリーグ発足以前の母体ですので、今でも関係が深いですね。

◼︎中原区役所のユニフォーム型ビッグフラッグ
ユニフォーム型のビッグフラッグ


■天皇杯の日程
天皇杯の日程

そして最後は、すでにご紹介した中原区役所の天皇杯PRです。
こちらは川崎フロンターレのユニフォーム型のビッグフラッグになっています。

●12月24日16:00 準々決勝 FC東京戦
●12月29日15:05 準決勝 大宮または湘南戦
●1月1日14:00 決勝

上記フラッグの通り、明日クリスマスイブの天皇杯は16時キックオフとなります。
続く12月29日準決勝、元日の決勝につながる勝利が川崎フロンターレにもたらされるよう、多くの方が願っていることでしょう。

【関連リンク】
川崎市報道発表資料 熱い思再び!!川崎フロンターレ天皇杯勝利に向けて 念願のタイトル獲得を願い川崎市は応援を続けます
天皇杯 ウェブサイト
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(最近の川崎フロンターレ関連エントリ)
2016/3/5エントリ フロンターレホーム開幕戦で大久保嘉人選手がJリーグ通算得点歴代トップタイ記録を樹立、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にグッズショップが期間限定オープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2016/6/25エントリ 川崎フロンターレがJ1リーグ1stステージ初優勝を惜しくも逃す、フロンパークでは「シン・ゴジラ」スタンプラリーを開催
2016/8/18エントリ 川崎フロンターレが等々力陸上競技場で「宇宙スター☆ジアム」を開催、福田市長・中村憲剛選手らがISSとLIVE交信
2016/11/2エントリ 川崎フロンターレが年間勝点1位をかけ11月3日最終節決戦、チャンピオンシップ制覇を願う寄せ書きがイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に登場
2016/11/13エントリ 「川崎の車窓から2016~東急の車窓から~」レポート:「東急でんき」の「てるまる」、「おそ急さん」登場
2016/11/19エントリ 11月23日(水・祝)Jリーグチャンピオンシップ準決勝を控え、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店が川崎フロンターレ一色で優勝応援セールを実施中
2016/11/23エントリ 川崎フロンターレがJリーグチャンピオンシップ準決勝で鹿島アントラーズに敗退、等々力陸上競技場前ではパブリックビューイングも実施
2016/12/16エントリ 中原区役所壁面に、天皇杯の川崎フロンターレを応援するユニフォーム型ビッグフラッグが登場
2016/12/17エントリ 川崎フロンターレの20周年事業。川崎市に寄贈された「等々力第1サッカー場」の人工芝と、夜間LED照明設備
2016/12/20エントリ 川崎市市民ミュージアムで「2016川崎フロンターレ展」がスタート、鈑金ふろん太君づくりなど休日イベント開催/中村憲剛選手がJリーグMVPを最年長受賞

Comment(0)

2016年
12月20日

川崎市市民ミュージアムで「2016川崎フロンターレ展」がスタート、鈑金ふろん太君づくりなど休日イベント開催/中村憲剛選手がJリーグMVPを最年長受賞

【Reporter:はつしも】

2016年12月17日(土)から2017年1月15日(日)にかけて、川崎市市民ミュージアムで「2016川崎フロンターレ展」が開催されています。

■川崎市市民ミュージアムの「川崎フロンターレ展」
川崎フロンターレ展

「川崎フロンターレ展」は、川崎市市民ミュージアムの年末年始恒例の企画展です。

川崎フロンターレの毎年のシーズンを振り返る写真など各種展示が並ぶほか、休日にはさまざまなイベントが開催されます。

■谷口彰吾選手との記念撮影パネル
谷口彰吾選手との記念撮影パネル 

入口では、執事モードの選手パネルがお出迎えです。
これはマーガレットに連載中の「メイちゃんの執事DX」と川崎フロンターレがコラボし、2015年5月4日のベガルタ仙台戦でレディースデイイベントを展開した際に使われていました。

上記写真は、谷口彰吾選手のお姫様抱っこで記念撮影ができるパネルです。

■川崎フロンターレ 1年間の歩み
川崎フロンターレ 1年間の歩み

展示会場内には、川崎フロンターレの1年間の歩みを記録した写真が展示されています。
これらの写真は、オフィシャルカメラマンの大堀優氏が撮影をしたものです。

展示されている写真は、川崎フロンターレのオフィシャルウェブショップにおいて購入することができます。

■選手の等身大タペストリー
選手の等身大タペストリー

写真同様、選手の等身大タペストリーもウェブショップで販売されています。
等身大2万円、ミニサイズ1万円です。

写真・タペストリーの売上の一部はいずれも、「Mind-1プロジェクト」を通じて東日本大震災の被災者支援のために寄付されます。

■「多摩川クラジゴ」に登場したゴジラ
「多摩川クラジゴ」に登場したゴジラ

今年の川崎フロンターレといえば、「シン・ゴジラ」とのコラボレーションも記憶に残っています。

グランツリー武蔵小杉や等々力陸上競技場に登場した、1/60サイズのゴジラ像が市民ミュージアムにまた戻ってきました。

■スタジアムの選手シート
スタジアムの選手シート

川崎フロンターレ展の会場内には、いくつか「AR(拡張現実)アプリ」が仕掛けてある場所があります。

上記はスタジアムで選手が座るシートですが、ここでスマートフォンにアプリをダウンロードし、カメラを起動すると選手が画面に現れるようになっています。

選手との仮想記念撮影を、楽しむことができるわけです。

■「おそ急さん」とのコラボパネル
「おそ急さん」とのコラボパネル

記念撮影といえば、こちらは「おそ急さん」とのコラボレーションパネルです。
2016年9月23日に開催された「東急グループフェスタ」において登場したものを、本サイトでもご紹介しておりました。


なお、ここでご紹介しているのは展示のごくごく一部ですので、実際に川崎市市民ミュージアムで全体を鑑賞くださいませ。



「2016川崎フロンターレ展」では期間中のレギュラー展示に加えて、休日に各種イベントが開催されています。

12月18日(日)には、「川崎ミニものづくりフェア」として、「鈑金ふろん太づくり」と「バナナスタンドづくり」のワークショップが行われていました。


■「川崎ミニものづくりフェア」の鈑金ふろん太づくり
「川崎ミニものづくりフェア」の「鈑金ふろん太づくり」


鈑金ミニふろん太づくり しか

今回トライしてみたのは、「鈑金ふろん太づくり」です。
鈑金のパーツを組み合わせて、手足が可動するふろん太君を作っていきます。

■完成した「鈑金ふろん太」
 完成した「鈑金ふろん太」
 
 
このワークショップは、高津区宇奈根にある「株式会社カワイ」の協力によるものです。
同社は精密な板金加工を得意としていまして、カーオーディオの外装の試作部品など、さまざまなパーツの製造を受託しています。

■株式会社カワイの鈑金加工製品
株式会社カワイの鈑金加工製品

■当たりくじでいただいた「ふろん太君鈑金人形」
 当たりくじでいただいた「ふろん太君鈑金人形」
 
なお、このワークショップでは、くじ引きがあたると上記のふろん太君鈑金人形が貰えました。

ご覧の通り、細かいところまで本当に良くできています。
株式会社カワイの鈑金加工技術のなせるわざですね。

「川崎フロンターレ展」では、下記の通り今後もイベントが続々開催されます。
イベント内容は変更または中止される場合もありますので、詳細はエントリ末尾の関連リンクに掲載した、川崎フロンターレのウェブサイトをご参照ください。

■「2016川崎フロンターレ展」のイベントスケジュール(12月20日時点の川崎フロンターレウェブサイトより)
12月23日(金・祝) <ゲーフラ作り体験>
昨年開催され、大好評だったゲーフラ(応援の旗)作り体験!今年もフロンターレの数々のフラッグを製作していただいている染太郎が講師として来場!

●場所:逍遙展示空間
●参加費:2017年度後援会会員1,000円、一般2,000円
●協力:
(有)染太郎

ゲーフラ作り体験
※川崎フロンターレウェブサイトより
12月24日(土)
随時受け入れ
<ミニ四駆工作教室>
大人も子どもも楽しめるミニ四駆を製作!当日はマシンを試走コースで遊べますよ!また自分のミニ四駆を持ってきて遊ぶこともできます。
※試走コースは初心者用となります。

●場所:逍遙展示空間
●参加費:2017年度後援会会員1,000円、一般1,200円
※自分のミニ四駆を持ち込んで試走コースで遊ぶ場合は無料
●協力:(株)タミヤ

ミニ四駆工作教室
※川崎フロンターレウェブサイトより
12月25日(日)
10:00〜12:00
<「カワサキのホコサキ」公開収録>
昨年の好評に引き続き、今年もやります!YouTubeの川崎フロンターレチャンネルでクラブスタッフがゆる〜くお送りしている「川崎のホコサキ」公開収録!今年はどんな内容になるか、色々な話に脱線しすぎて本人達も当日を迎えないと分かりません(笑)!何かと忙しい年末を、ゆる〜い話しを聞いてホッコリ新年を迎えませんか??
●場所:逍遙展示空間
●参加費:無料
●参考サイト:川崎フロンターレチャンネル
12月25日(日)
12:00〜
<マグノリアベーカリーPresents>
クリスマス企画「後援会会員限定 SPカップケーキ プレゼント!」
フロンパークイベントでおなじみ、人気カップケーキ店「マグノリアベーカリー」さんから来場する後援会会員限定で、クリスマス仕様のプチSPカップケーキをプレゼント!

●場所:逍遙展示空間
●対象:2016、2017年川崎フロンターレ後援会会員 ※お渡しの際、アンケートにご協力いただきますので、ご了承ください。
※逍遙展示空間は飲食禁止です。カップケーキはその場で食べずにお持ち帰り頂きます様、お願いします。
※数に限りがございますので無くなり次第、終了とさせていただきます。
●協力:マグノリアベーカリー
1月7日(土) <出張アズーロ・ネロ「新春セール」!>
2017年新春初売りセールを開催します。皆様に日頃の感謝を込めて通常よりお得な福袋などを販売いたします!
●場所:逍遥展示空間
1月9日(月・祝)
①11:00〜(約1時間)
②13:00〜(約1時間)
③14:00〜(約1時間)
<新春書き初め! 寄席文字教室>
2014年落語とコラボをした「勝点」企画でご協力いただいた橘流寄席文字師匠 橘右橘(たちばなうきつ)氏による新春書初め寄席文字教室です!

●場所:3階体験教室
●参加費:2017年度後援会会員200 円、一般400円

寄席文字教室
※川崎フロンターレウェブサイトより
1月9日(月・祝 <フロンターレの人気マスコット「ふろん太&カブレラ」来場!>
フロンターレの人気マスコットふろん太とカブレラが遊びに来ます!この日は一日市民ミュージアムにいますので、気軽に声を掛けてくださいね。なお、1階映像ホール内ロビーに記念撮影会場を設置します(9:30〜16:00(予定))。当日は成人の日なので、新成人の皆様も是非お越しください。

●場所:1階映像ホール内ロビー

ふろん太君とカブレラ
※川崎フロンターレウェブサイトより
1月14日(土)・15日(日) <豪華景品をゲット!「フロンターレをさがせ!」>
市民ミュージアム内に隠れた選手たちをスマホやタブレットをかざして見つけよう!なかにはOB選手の姿も?クリアするとガラポンにチャレンジでき、豪華景品が当たります!

●場所:アートギャラリー1・2・3(予定)
●参加費:2017年度後援会会員100 円、一般200円



■「ふろん太君似顔絵コンテスト」「わたしの川崎フロンターレフォトコンテスト」
同時開催「ふろん太君似顔絵展」「わたしの川崎フロンターレフォトコンテスト」



また、「川崎フロンターレ展」と同時開催で、3階のギャラリーにおいて「ふろん太君似顔絵コンテスト」と「わたしの川崎フロンターレフォトコンテスト」の作品展示も行われています。

会場が離れていますので見落としがちかもしれませんが、来館の際にはこちらもお楽しみください。



ところで本日、「2016Jリーグ・アウォーズ」が発表され、川崎フロンターレの中村憲剛選手がMVPに、小林悠選手がベストイレブンに選出されました。

■川崎フロンターレ 「2016Jリーグアウォーズ」各賞受賞のお知らせ
http://www.frontale.co.jp/info/2016/1220_1.html

中村憲剛選手は、歴代最年長・36歳での受賞となります。
また上記のほか、川崎フロンターレがフェアプレー賞を、6選手が優秀選手賞を受賞しています。

まことにおめでとうございます。

【関連リンク】
川崎フロンターレウェブサイト 「2016川崎フロンターレ展」開催のお知らせ
川崎市市民ミュージアム 川崎フロンターレ展
川崎フロンターレ オフィシャルウェブショップ
株式会社カワイ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(最近の川崎フロンターレ関連エントリ)
2016/3/5エントリ フロンターレホーム開幕戦で大久保嘉人選手がJリーグ通算得点歴代トップタイ記録を樹立、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にグッズショップが期間限定オープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2016/6/25エントリ 川崎フロンターレがJ1リーグ1stステージ初優勝を惜しくも逃す、フロンパークでは「シン・ゴジラ」スタンプラリーを開催
2016/8/18エントリ 川崎フロンターレが等々力陸上競技場で「宇宙スター☆ジアム」を開催、福田市長・中村憲剛選手らがISSとLIVE交信
2016/11/2エントリ 川崎フロンターレが年間勝点1位をかけ11月3日最終節決戦、チャンピオンシップ制覇を願う寄せ書きがイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に登場
2016/11/13エントリ 「川崎の車窓から2016~東急の車窓から~」レポート:「東急でんき」の「てるまる」、「おそ急さん」登場
2016/11/19エントリ 11月23日(水・祝)Jリーグチャンピオンシップ準決勝を控え、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店が川崎フロンターレ一色で優勝応援セールを実施中
2016/11/23エントリ 川崎フロンターレがJリーグチャンピオンシップ準決勝で鹿島アントラーズに敗退、等々力陸上競技場前ではパブリックビューイングも実施
2016/12/16エントリ 中原区役所壁面に、天皇杯の川崎フロンターレを応援するユニフォーム型ビッグフラッグが登場
2016/12/17エントリ 川崎フロンターレの20周年事業。川崎市に寄贈された「等々力第1サッカー場」の人工芝と、夜間LED照明設備

Comment(0)

2016年
12月17日

川崎フロンターレの20周年事業。川崎市に寄贈された「等々力第1サッカー場」の人工芝と、夜間LED照明設備

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉周辺は、フロンターレのお膝元としてサッカーが盛んです。
しかしながらジュニアサッカークラブ・学校の部活動も含め、アマチュアのチームが芝生の上でプレイする環境はかなり限られています。

そんな中、一般市民が活用できる「等々力第1サッカー場」が、2016年4月より人工芝のサッカー場として再整備されました。

本サイトでは2011/12/2エントリで同サッカー場を一度ご紹介しておりましたが、その後再整備により生まれ変わった施設をご紹介したいと思います。

■「等々力第1サッカー場」
「等々力第1サッカー場」

「等々力第1サッカー場」

「等々力第1サッカー場」は、等々力緑地の市民ミュージアム北側にあります。
フェンスに囲まれた中に、芝生のサッカー場が整備されています。

なお、奥には土のグラウンドの「等々力第2サッカー場」があります。

■「等々力第1サッカー場」の人工芝
「等々力第1サッカー場」の人工芝

「等々力第1サッカー場」の人工芝

「等々力第1サッカー場」の人工芝は、ご覧の通り綺麗なものです。
サッカーグラウンドのラインも、はっきりとわかるように引かれていました。

■かつての芝生がはげた「等々力第1サッカー場」
かつての芝生がはげた「等々力第1サッカー場」

2011/12/1エントリでご紹介したとき、このサッカー場はまだ天然芝でした。

公営の市民グラウンドとして天然芝の維持管理をしていくのはたいへん難しく、利用時間が平日の日中に限られていました。
それでもご覧の通り芝生がはげてしまうため、一定期間養生が必要となるなど、十分な利用ができない状態にありました。

■川崎フロンターレによる人工芝整備
川崎フロンターレによる人工芝整備

■川崎フロンターレによる夜間LED照明の整備
川崎フロンターレによる夜間LED照明の整備

■LED照明点灯時
夜間LED照明点灯時

それを人工芝のサッカー場として再整備したのが、川崎フロンターレです。
川崎フロンターレの20周年記念事業の一環として同クラブが人工芝の整備を行い、川崎市への寄贈を行いました。

またこれにあわせてLEDの夜間照明も設置されています。

これによって「等々力第1サッカー場」は利用時間が従来の16:00までから20:30までに延長され、養生期間も解消されたことから、年間利用可能枠(1枠2時間)が約10倍に拡大されることとなりました。

なお、川崎市と川崎フロンターレの協定により、フロンターレの下部組織が選手育成のために優先利用枠を利用できるようになっています。
良質な人工芝が整備され、市民の利用枠も広がり、川崎フロンターレも若い選手の育成ができるわけですから、Win-Winの関係といえると思います。

このような協力ができるのも、川崎フロンターレの魅力ではないでしょうか。

「等々力第1サッカー場」は、川崎市の公共施設予約システム「ふれあいネット」で一般利用の予約ができます。

■従来の天然芝(養生中)
従来の天然芝

また、人工芝の再整備にあたって、従来の人工芝も廃棄するのではなく、等々力緑地の多目的広場や川崎市内の公園、小学校に植え替えが行われています。

天然芝からすれば、サッカー場での苛酷な生育環境よりも、のんびり生きていけそうですね。


再整備にあたっての約2億円の費用は川崎フロンターレが負担し、その後の維持管理は川崎市の負担により行われています。
市民の財産として、適切なメンテナンスがたいへん重要です。

【関連リンク】
川崎市 株式会社川崎フロンターレによる等々力第1サッカー場の整備について(PDF)
フロンターレ日記 等々力第1サッカー場完成記念式典
川崎市 等々力緑地
武蔵小杉ライフ:生活情報:公園 等々力緑地
2011/12/2エントリ 等々力第1サッカー場の芝生養生中

Comment(0)

2016年
12月16日

中原区役所壁面に、天皇杯の川崎フロンターレを応援するユニフォーム型ビッグフラッグが登場

【Reporter:はつしも】

中原区役所の壁面に、天皇杯を戦う川崎フロンターレを応援するビッグフラッグが登場しました。
またこれにあわせて、中原区役所では12月16日・22日・24日・28日に職員が川崎フロンターレのTシャツを着用して業務を行っています。

ビッグフラッグの掲出は、12月28日(水)までとされています。

2016年12月24日に開催される準々決勝「FC東京戦」に向けて、中原区役所も川崎フロンターレを盛り上げていきます。

◼︎ビッグフラッグが掲出された中原区役所
 ビッグフラッグが掲出された中原区役所

ビッグフラッグが登場したのは、中原区役所の北側壁面です。
ここは南武線高架に面しており、南武線車内から多くの方がご覧になることと思います。

◼︎ユニフォーム型のビッグフラッグ
ユニフォーム型のビッグフラッグ

 
ビッグフラッグは、川崎フロンターレのユニフォーム型です。
フロンターレブルーが、眩しく見えました。

Jリーグチャンピオンシップの際には、同種のものが川崎市役所にも登場していました。

◼︎天皇杯の日程
天皇杯の日程

ビッグフラッグには、天皇杯の日程が記載されています。

●12月24日 準々決勝 FC東京戦
●12月29日 準決勝 大宮または湘南戦
●1月1日 決勝

川崎フロンターレはまずはクリスマスイブ、FC東京と味の素スタジアムで対戦することになります。

1stステージ、2ndステージ、年間勝点ともに惜しくも2位に終わり、チャンピオンシップでも準決勝で鹿島アントラーズに敗れる結果となった川崎フロンターレ。

チームにとって悲願の初タイトルへの戦いは、まだ続いています。

◼︎中原区役所と武蔵小杉駅方面
中原区役所と武蔵小杉駅方面 

【関連リンク】
川崎市報道発表資料 熱い思再び!!川崎フロンターレ天皇杯勝利に向けて 念願のタイトル獲得を願い川崎市は応援を続けます
天皇杯 ウェブサイト
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(最近の川崎フロンターレン関連エントリ)
2016/3/5エントリ フロンターレホーム開幕戦で大久保嘉人選手がJリーグ通算得点歴代トップタイ記録を樹立、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にグッズショップが期間限定オープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2016/6/25エントリ 川崎フロンターレがJ1リーグ1stステージ初優勝を惜しくも逃す、フロンパークでは「シン・ゴジラ」スタンプラリーを開催
2016/8/18エントリ 川崎フロンターレが等々力陸上競技場で「宇宙スター☆ジアム」を開催、福田市長・中村憲剛選手らがISSとLIVE交信
2016/11/2エントリ 川崎フロンターレが年間勝点1位をかけ11月3日最終節決戦、チャンピオンシップ制覇を願う寄せ書きがイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に登場
2016/11/13エントリ 「川崎の車窓から2016~東急の車窓から~」レポート:「東急でんき」の「てるまる」、「おそ急さん」登場
2016/11/19エントリ 11月23日(水・祝)Jリーグチャンピオンシップ準決勝を控え、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店が川崎フロンターレ一色で優勝応援セールを実施中
2016/11/23エントリ 川崎フロンターレがJリーグチャンピオンシップ準決勝で鹿島アントラーズに敗退、等々力陸上競技場前ではパブリックビューイングも実施

Comment(0)

2016年
11月23日

川崎フロンターレがJリーグチャンピオンシップ準決勝で鹿島アントラーズに敗退、等々力陸上競技場前ではパブリックビューイングも実施

【Reporter:はつしも】

本日、「明治安田生命Jリーグチャンピオンシップ」の準決勝、川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ戦が等々力陸上競技場で開催されました。

悲願の初タイトル獲得を目指すフロンターレと、Jリーグの創立から強豪でありつづけ、国内三大タイトルすべてで最多優勝回数を誇る鹿島アントラーズが激突した結果、川崎フロンターレは惜しくも0-1で敗れました。

本日は等々力陸上競技場で24,209人が観戦したほか、競技場前ではパブリックビューイングが行われ、こちらも540人が集まりました。

■等々力陸上競技場近くの「ピコリーノ」
等々力陸上競技場近くの「ピコリーノ」

等々力陸上競技場近くの「ピコリーノ」 

等々力陸上競技場近くの、小鳥の装飾付き車止め「ピコリーノ」には、今回もフロンターレカラーの手編みの服を着ていました。

持っているのはフロンターレ20周年のエンブレムと、Jリーグのマークです。

■チャンピオンシップの「YOSHI-METER」
チャンピオンシップの「YOSHI-METER」

等々力陸上競技場には、エースストライカー・大久保嘉人選手の得点を通算する「YOSHI-METER」がチャンピオンシップでも登場しました。

これは通算得点が「0」になっていまして、J1リーグ戦とは別にチャンピオンシップでの得点をカウントするものになっていたようです。

大久保嘉人選手については、今シーズン限りでの移籍が濃厚となっており、この「YOSHI-METER」の今後についても気になるところです。

■川崎フロンターレと鹿島アントラーズのバス
川崎フロンターレと鹿島アントラーズのバス

等々力陸上競技場の前には、川崎フロンターレと鹿島アントラーズのバスが停まっていました。

鹿島アントラーズは「鹿」のマスコットキャラクター「しかお」が描かれています。

■パブリックビューイング会場
パブリックビューイング会場

パブリックビューイング会場

そしてこちらが、等々力陸上競技場の前に設置されていたパブリックビューイング会場です。

■イッツコムのキャラクター「コムゾー」
イッツコムのキャラクター「コムゾー」 

このパブリックビューイングは、東急沿線のケーブルテレビ「イッツコム」の提供により実施されていたものです。

そのため会場には、同社のマスコットキャラクター「コムゾーくん」が登場しました。
ほんのわずかに雨がぱらついていましたので、コムゾー君のオリジナル傘を持っていました。

■コムゾー君も観戦
コムゾー君も観戦

■ハーフタイムにはプレゼント抽選会
ハーフタイムのプレゼント抽選会

コムゾー君も一緒に観戦してくれたほか、ハーフタイムにはコムゾー君人形やイッツコム×フロンターレのコラボTシャツが当たるプレゼント抽選会も開催されました。

無料のパブリックビューイングでも、楽しめる仕掛けがあるのは良いですね。

■帰途に就く人々
帰途に就く人々

冒頭に申し上げた通り、本日の試合は川崎フロンターレの敗戦に終わりました。

引き分けでもチャンピオンシップ決勝に進出することができましたが、決勝で浦和レッズと年間王者をかけて戦うのは鹿島アントラーズということになりました。

ゲーム終了後の武蔵中原駅は、さながら朝のラッシュ時のような賑わいになっていました。

■法政通り商店街のチャンピオンシップ横断幕
法政通り商店街のチャンピオンシップ横断幕

■新丸子駅前のチャンピオンシップ横断幕
新丸子駅前のチャンピオンシップ横断幕 

2016/11/19エントリでは、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店がフロンターレ一色になっていたことをご紹介しました。

武蔵小杉周辺では、法政通り商店街や新丸子駅前など、各所にフロンターレの初タイトル獲得を応援する横断幕やポスターが登場していました。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店オフィシャルグッズショップでのチャンピオンシップグッズ販売
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店オフィシャルグッズショップでのチャンピオンシップグッズ販売

またイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の川崎フロンターレオフィシャルグッズショップでは、チャンピオンシップでの戦いを応援するオリジナルグッズの販売が行われていました。

■チャンピオンシップ応援グッズ
チャンピオンシップ応援グッズ

チャンピオンシップ応援グッズ

チャンピオンシップ応援グッズ

チャンピオンシップ応援グッズ 

チャンピオンシップは残念ながらタイトル獲得はなりませんでしたが、まだ川崎フロンターレがベスト8に残っている「天皇杯」があります。

「タイトルめざし」のめざし×カブレラクッションなどは、チャンピオンシップでなくても使えそうですね。

天皇杯は12月24日(土)、味の素スタジアムでFC東京との対戦となります。
等々力陸上競技場でのホームゲームは本日が最後となりますが、味の素スタジアムは東京都調布市にあり、武蔵小杉からも比較的近い場所にあります。

こちらもフロンターレサポーターの方が、多く集まるのではないでしょうか。

【関連リンク】
明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(最近の川崎フロンターレン関連エントリ)
2016/3/5エントリ フロンターレホーム開幕戦で大久保嘉人選手がJリーグ通算得点歴代トップタイ記録を樹立、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にグッズショップが期間限定オープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2016/6/25エントリ 川崎フロンターレがJ1リーグ1stステージ初優勝を惜しくも逃す、フロンパークでは「シン・ゴジラ」スタンプラリーを開催
2016/8/18エントリ 川崎フロンターレが等々力陸上競技場で「宇宙スター☆ジアム」を開催、福田市長・中村憲剛選手らがISSとLIVE交信
2016/11/2エントリ 川崎フロンターレが年間勝点1位をかけ11月3日最終節決戦、チャンピオンシップ制覇を願う寄せ書きがイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に登場
2016/11/13エントリ 「川崎の車窓から2016~東急の車窓から~」レポート:「東急でんき」の「てるまる」、「おそ急さん」登場
2016/11/19エントリ 11月23日(水・祝)Jリーグチャンピオンシップ準決勝を控え、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店が川崎フロンターレ一色で優勝応援セールを実施中

Comment(0)

2016年
11月19日

11月23日(水・祝)Jリーグチャンピオンシップ準決勝を控え、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店が川崎フロンターレ一色で優勝応援セールを実施中

【Reporter:はつしも】

川崎フロンターレは本シーズン、1stステージ、2ndステージ、年間勝点ともに「2位」で終了しました。
これによりフロンターレは2016年11月23日(水・祝)の「鹿島アントラーズ戦」より、「明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ」のトーナメントに臨みます。

等々力陸上競技場で鹿島アントラーズに勝利した場合、11月29日(火)、12月3日(土)の決勝「浦和レッズ戦」により、年間王者獲得への道が開けることになります。

このたびイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店がチャンピオンシップ応援セールを始めるとともに、店内がフロンターレ一色になっていました。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店「掴みとれ初タイトル!いざ、決戦!」
「掴みとれ初タイトル!いざ、決戦!」

掴みとれ初タイトル!

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の入口には、「掴みとれ初タイトル!いざ決戦!」と書かれた横断幕が取り付けられていました。

■川崎フロンターレの自販機新設
川崎フロンターレの自販機

そして入り口前には、川崎フロンターレの自販機も新たに設置されました。

■「川崎フロンターレチャンピオンシップ優勝応援セール」
「川崎フロンターレチャンピオンシップ優勝応援セール」 

優勝応援セール 

そして鹿島アントラーズ戦当日、11月23日まで実施されているのが、「川崎フロンターレチャンピオンシップ優勝応援セール」です。

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の、各売り場に全面的に展開されています。

■川崎フロンターレグッズプレゼント
川崎フロンターレグッズプレゼント

優勝応戦セールの詳細については、新聞折り込みのチラシや、関連リンクに記載のイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のウェブページ(デジタルチラシ)をご参照ください。

「サントリー種類1,000円以上お買い上げで川崎フロンターレグッズプレゼント」など、商品によっては独自のキャンペーンが実施されているものがあります。

■川崎フロンターレ応援Tシャツとタオルマフラー
フロンターレ応援Tシャツとタオルマフラー

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店では、かねてからホームゲーム開催時にはレジの方が川崎フロンターレのタオルマフラー(通称:タオマフ)を着用するなどしていました。

今回はさらに「優勝応援Tシャツ」を着用されています。

■川崎フロンターレ応援ミサンガづくり
川崎フロンターレ応援ミサンガ作り

また1階催事場では、川崎フロンターレの応援ミサンガをつくるワークショップが開催されていました。

大人からお子さんまで、幅広い層の方が参加されて人気でした。

■フロンターレオフィシャルグッズショップのセール
フロンターレオフィシャルグッズショップのセール

そして1階の川崎フロンターレオフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ」では、ほとんど全品30~40%OFFのセールを11月22日(火)まで実施しています。

割引率が高いですので、このチャンピオンシップをきっかけに応援グッズを用意したい方にはお勧めです。

■「カブレラ」
カブレラ 

川崎フロンターレのマスコットキャラクター「カブレラ」も、この機会にたくさんのお買い上げをお勧めしています。

■「年間勝点2位」
「年間勝点2位」

川崎フロンターレの年間勝点2位は、立派な成績です。
グッズショップには、祝福のメッセージが掲示されていました。

■こんなところにもカブレラが…
こんなところにもカブレラが…

そしてこんなところにも、カブレラが…。

このオフィシャルグッズショップは、細かいところまで作りこまれているのが魅力です。

■イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店入口の資料配布コーナー
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店入口の資料配布コーナー

そして、オフィシャルグッズショップ側のイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店出入り口には、2011/11/2エントリでご紹介したサポーターの寄せ書き、ふろん太くんなどのフォトスポットに加えて、川崎フロンターレの資料コーナーが設置されていました。

■川崎フロンターレサポートショップマップ~新丸子編~
サポートショップマップ 

まずこちらは、「川崎フロンターレサポートショップマップ~新丸子編~」です。

このマップは新丸子のサポートショップ有志が作成したもので、本サイトでは2016/2/20エントリでご紹介しておりました。

■等々力陸上競技場への案内マップ
等々力陸上競技場への案内地図

続いてこちらは、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店作成による、等々力陸上競技場への案内地図です。

同競技場へのアクセスはわかりやすいとはいえず、アウェイサポーターの方が迷うことがよくあります。
この案内地図は、ホームゲーム開催時に実際に役立っているようです。


このように、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店は現在フロンターレ一色といってもよい状態になっています。

武蔵小杉にはもうイトーヨーカドーがもう1店舗、「グランツリー武蔵小杉店」があります。
近距離で重複していることになりますが、「武蔵小杉駅前店」は武蔵小杉駅から等々力陸上競技場へのアクセス途上にあります。

このようにグランツリーとはまた違って、川崎フロンターレを応援する「地域密着」店舗としてのコンセプトを強めていくことは、良いことではないでしょうか。

■「小杉ビジョン」の11/23鹿島アントラーズ戦告知
11月23日 鹿島アントラーズ戦 

11月23日(水・祝)のチャンピオンシップ準決勝・鹿島アントラーズ戦は、等々力陸上競技場で開催されます。

念願の初タイトルに向けて、この日はたいへん多くの方が等々力陸上競技場に集まることでしょう。

【関連リンク】
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店
明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(最近の川崎フロンターレン関連エントリ)
2016/3/5エントリ フロンターレホーム開幕戦で大久保嘉人選手がJリーグ通算得点歴代トップタイ記録を樹立、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にグッズショップが期間限定オープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2016/6/25エントリ 川崎フロンターレがJ1リーグ1stステージ初優勝を惜しくも逃す、フロンパークでは「シン・ゴジラ」スタンプラリーを開催
2016/8/18エントリ 川崎フロンターレが等々力陸上競技場で「宇宙スター☆ジアム」を開催、福田市長・中村憲剛選手らがISSとLIVE交信
2016/11/2エントリ 川崎フロンターレが年間勝点1位をかけ11月3日最終節決戦、チャンピオンシップ制覇を願う寄せ書きがイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に登場
2016/11/13エントリ 「川崎の車窓から2016~東急の車窓から~」レポート:「東急でんき」の「てるまる」、「おそ急さん」登場

Comment(0)

2016年
11月13日

「川崎の車窓から2016~東急の車窓から~」レポート:「東急でんき」の「てるまる」、「おそ急さん」登場

【Reporter:はつしも】

2016年9月25日に、等々力緑地の「フロンパーク」において「川崎の車窓から2016~東急グループフェスタ~」が開催されました。
少々時間が経ちましたが、当日の様子を少し、ご紹介したいと思います。

■「川崎の車窓から2016~東急グループフェスタ~」
川崎の車窓から~東急グループフェスタ~ 

「川崎の車窓から~東急グループフェスタ~」は、川崎フロンターレと東京急行電鉄による共同開催イベントです。

「地域密着型クラブ」である川崎フロンターレと沿線活性化がビジネスに直結する東急電鉄がコラボレーションすることで、地域を盛り上げることを目的としています。

フロンターレのマスコットキャラクター「ふろん太くん」「カブレラ」と、東急グループの「のるるん」「ノッテちゃん」が仲良く記念撮影です。

■「リアル電車でGO!」川崎フロンターレ20周年バージョン
「リアル電車でGO!」川崎フロンターレ20周年バージョン

「リアル電車でGO!」川崎フロンターレ20周年バージョン

昨年もご紹介した「リアル電車でGO!」は、川崎フロンターレ20周年バージョンになっていました。

これは「東急グループフェスタ記念号」を後ろから押して、前方の赤い線の中で止めることを狙うゲームです。

■ゴールの赤線
ゴールの赤線

ゴールの赤線はこちらですが、「リアル電車でGO!」の当たり判定はかなり厳しく、車両が少しでも赤線にかかっているとNGとなります。

車輪が中に入っていればOKでは?と最初は思うのですが、これは相当厳しいです。

また写真をよく見るとわかるように、フラットだった床面が赤線のエリアに来ると少し傾斜がついていて、赤線のところではそうそう止まれないようになっています。

そのようなわけで賞品獲得に至るかたはほとんどいないのですが、外れてもフロンターレ選手のトレーディングカードがもらえます。
フロンターレを応援するお子さんにとっては、それで十分喜ばれていました。

■「おそ急さん」×「川崎フロンターレ」
「おそ急さん」×「川崎フロンターレ」

東急電鉄では、今年「おそ松さん」とのコラボレーション「おそ急さん」を展開しています。

本イベントではそこにさらに川崎フロンターレの選手が駅員さんスタイルで加わって、記念撮影ができるようになっていました。

■「東急でんき」のキャラクター「てるまる」
「東急でんき」のキャラクター「てるまる」

近年、日本では電力の自由化が進められてきました。
東急電鉄もグループ会社の「東急パワーサプライ」によって電力事業に参入を行っています。

こちらは同社による「東急でんき」のマスコットキャラクター「てるまる」です。

■東急パワーサプライ ぼくの名前が決まりました!
https://www.tokyu-ps.jp/campaign/namae.html

「てるまる」の名前は一般募集により先日決定されまして、東急武蔵小杉駅などにもポスターが掲示されています。

なんとなく東急電鉄ん「のるるん」、東急バスの「ノッテちゃん」にも顔が似ていますね。

■ふろん太くんのふあふあ
ふろん太くんのふあふあ

■東急バスとの綱引き
東急バスとの綱引き 

フロンパークを離れて、等々力陸上競技場前にはふろん太くんのふあふあや、東急バスの展示などが行われていました。

東急バスを使っての綱引きイベントも行われ、多くの方が参加されたようです。

■東急電鉄の軌陸車
軌陸車

最後にこちらは、東急電鉄の「軌陸車」です。
これはタイヤと電車の車輪を使い分けて、道路・線路両方を走ることができるようになっています。

高所作業を行うために、リフト部分を上下させることができます。
この日はリフトの試乗会が実施されていました。


今年の川崎フロンターレの試合は、J1リーグチャンピオンシップなど残すところわずかです。

ホームゲーム開催時にはさまざまなコラボレーション企画が行われ、「川崎の車窓から~東急グループフェスタ~」はそのひとつでした。

また今後も新たな企画が、フロンパークや等々力陸上競技場などで展開されることと思います。

明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(最近の川崎フロンターレン関連エントリ)
2015/9/20エントリ 東急電鉄×フロンターレ記念入場券販売、「東急グループフェスタ~川崎の車窓から~」開催レポート
2016/3/5エントリ フロンターレホーム開幕戦で大久保嘉人選手がJリーグ通算得点歴代トップタイ記録を樹立、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にグッズショップが期間限定オープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2016/6/25エントリ 川崎フロンターレがJ1リーグ1stステージ初優勝を惜しくも逃す、フロンパークでは「シン・ゴジラ」スタンプラリーを開催
2016/8/18エントリ 川崎フロンターレが等々力陸上競技場で「宇宙スター☆ジアム」を開催、福田市長・中村憲剛選手らがISSとLIVE交信
2016/11/2エントリ 川崎フロンターレが年間勝点1位をかけ11月3日最終節決戦、チャンピオンシップ制覇を願う寄せ書きがイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に登場

Comment(1)

2016年
11月02日

川崎フロンターレが年間勝点1位をかけ11月3日最終節決戦、チャンピオンシップ制覇を願う寄せ書きがイトーヨーカドー武蔵小杉駅前店に登場

【Reporter:はつしも】

明日11月3日、川崎フロンターレは2ndステージ最終節・ガンバ大阪戦を迎えます。
現在川崎フロンターレは、年間勝点2位。1位の浦和レッズとはわずか1点の差であり、この最終節に年間勝点1位の座がかかっています。

年間勝点1位のチームは、年間チャンピオンを決定する「明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ」決勝に自動的にシードされます。

川崎フロンターレの必勝を祈願して、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店のオフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ」に、サポーターの皆さんの寄せ書きが登場していました。

■アズーロ・ネロの寄せ書き
イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」の寄せ書き

サポーターの皆さんの寄せ書き

川崎フロンターレは、1stステージは惜しくも優勝を鹿島アントラーズに譲り、2ndステージも浦和レッズに優勝をさらわれました。

しかしながら年間勝点においては、浦和レッズ次第ではありますが1位の可能性を残しています。

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」において、チャンピオンシップ優勝を祈願する寄せ書きが行われまして、このたびイトーヨーカドーの西側出入口に掲示されました。

ご覧の通り、サポーターの皆さんによるメッセージが多数寄せられています。

■ふろん太・ワルンタ・カブレラのフォトスポット
ふろん太・ワルンタ・カブレラのフォトスポット

そして寄せ書きの反対側には、ふろん太・ワルンタ・カブレラのフォトスポットが設置されていました。

優勝を祝して、ここで記念撮影をしたいものですね。

■J1リーグ順位表
J1リーグ順位表

「アズーロ・ネロ」の店内には、J1リーグの順位表が掲示されています。
川崎フロンターレの名前が「2位」で並んでいますが、これが「1位」になることが、サポーターの悲願です。

■川崎フロンターレのだるま
川崎フロンターレのだるま

また「アズーロ・ネロ」には、フロンターレブルーのだるまもかねてから設置されています。

このだるまに目が…、ついに入るでしょうか。

■店内のイラスト
ショップ内の手書きイラスト

手書きイラスト 

店内には、イラストの展示など「フロンターレ愛」を感じるさまざまな工夫があります。

訪問するたびに結構細かく変わっていますので、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店でお買い物の際にでも、ちょっと立ち寄ってみてください。

【関連リンク】
明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(最近の川崎フロンターレン関連エントリ)
2016/3/5エントリ フロンターレホーム開幕戦で大久保嘉人選手がJリーグ通算得点歴代トップタイ記録を樹立、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にグッズショップが期間限定オープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2016/6/25エントリ 川崎フロンターレがJ1リーグ1stステージ初優勝を惜しくも逃す、フロンパークでは「シン・ゴジラ」スタンプラリーを開催
2016/8/18エントリ 川崎フロンターレが等々力陸上競技場で「宇宙スター☆ジアム」を開催、福田市長・中村憲剛選手らがISSとLIVE交信

Comment(0)

2016年
09月16日

川崎球場をリニューアル「富士通スタジアム川崎」と、特設ギャラリーのフロンターレ・大洋ホエールズ・ロッテオリオンズ展示

【Reporter:はつしも】

川崎市川崎区には、かつてプロ野球の大洋ホエールズ・ロッテオリオンズなどの本拠であった「川崎球場」がありました。
この「川崎球場」を改修した「富士通スタジアム川崎」を、今回はご紹介してみたいと思います。

■かつての「川崎球場」
かつての「川崎球場」

川崎球場は、川崎駅から徒歩15分ほど海側の、川崎競輪場に隣接した場所にありました。
川崎市の湾岸部には大企業の製造拠点が多数進出し、社会人野球が盛んであったことから、その活動拠点として東芝・日本鋼管・昭和電工・味の素・いすゞ自動車など各企業と川崎市の共同出資により「株式会社川崎スタジアム」が設立され、川崎球場が1951年にオープンすることとなりました。

1954年にはプロ野球の高橋ユニオンズ(1956年に消滅)、1955年には大洋ホエールズ(現在の横浜DeNAベイスターズ)が川崎球場を本拠地としました。
その後は1978年にホエールズにかわってロッテオリオンズ(現在の千葉ロッテマリーンズ)の本拠地となりましたが、1991年を最後にロッテも移転し、川崎球場はプロ野球の本拠地としての役割を終えることになりました。

ロッテ移転の原因のひとつといわれているのが、川崎球場の老朽化です。
川崎球場はロッテ移転後も社会人野球やアメリカンフットボール「Xリーグ」などで活用されてきましたが、耐震性に問題があることがわかり、スタンドを撤去して全面的な改修を行うこととなりました。

■改修された「富士通スタジアム川崎」
改修された「富士通スタジアム川崎」

改修された「富士通スタジアム川崎」

改修された「富士通スタジアム川崎」

プロ野球にかわって川崎市が打ち出したのが、川崎球場での「アメリカンフットボール・ワールドカップ」の開催を一つの契機とした「アメフトのまち・かわさき」です。
その拠点として、川崎球場を全面的に改修して完成したのが「富士通スタジアム川崎」(愛称。正式には川崎富士見球技場)です。

改修工事は2000年から2014年にかけて段階的に進められ、その過程で野球場のダイヤモンド型から、アメフトの長方形のコートをスタンドが卵型に囲うような形状に生まれ変わりました。

■「富士通スタジアム川崎」のグラウンド
「富士通スタジアム川崎」のグラウンド

■アメフトのゴール
アメフトのゴール

■照明設備
照明設備

「富士通スタジアム川崎」は、アメリカンフットボールの専用グラウンドとしてコートにラインが引かれ、もちろんゴールも用意されています。
夜間の試合用に、立派な照明も設置されていました。

■川崎フロンターレのマネキン人形
川崎フロンターレのマネキン人形

■アメフト日本代表のマネキン人形
アメフト日本代表のマネキン人形

スタジアムの所有は川崎市ですが、指定管理者として「川崎フロンターレ・東急コミュニティ共同事業体」が指定を受けて施設の運営を行っています。
そのため、入口には川崎フロンターレのユニフォームを着たマネキン人形が、アメフト日本代表のマネキンとともに立っていました。

■「川崎球場~富士通スタジアム川崎 特設ギャラリー」
「川崎球場~富士通スタジアム川崎 特設ギャラリー」

特設ギャラリー

そして、2015年4月1日には、スタジアムの一角に「川崎球場~富士通スタジアム川崎 特設ギャラリー」が開設されました。
このギャラリーは、川崎球場の時代から現在に至るまでの歴史を伝えるものとなっています。

■入口のふろん太くん
入口のふろん太くん

■J1リーグの順位表
J1リーグの順位表

まず入り口で目に留まるのが、ふろん太君と、J1リーグの順位表です。
このとき、川崎フロンターレがめでたく首位でした。

■川崎フロンターレのタオルマフラーなど
川崎フロンターレのタオルマフラーなど

天井を見上げると、川崎フロンターレのタオルマフラーなどが並んでいました。
等々力陸上競技場でドルトムントと試合をしたときの、コラボレーションタオルもあります。

■J1昇格記念バッヂ
J1昇格記念バッヂ

こちらは、川崎フロンターレのJ1昇格記念バッヂです。
日付は2004年9月26日で、もう12年近くが経過したのですね。

■ギャラリーの壁の写真とサイン
ギャラリーの壁の写真とサイン

ギャラリーの壁の写真とサイン

ギャラリーの壁の写真とサイン

ギャラリーの壁の写真とサイン

ギャラリーの壁には、中村憲剛選手とアメリカンフットボール選手との写真や、サインなどがありました。
「川崎フロンターレ クラブワールドカップ優勝!」の夢も綴られています。

■かつての川崎球場の航空写真
かつての川崎球場の航空写真

続いて、かつての川崎球場の航空写真です。
隣にあるのは川崎競輪場で、こちらはまだ健在です。

富士通スタジアム川崎のスタンド上部からは、川崎競輪場のバンクを見ることができました。

■ロッテオリオンズのマネキン
ロッテオリオンズのマネキン

■ロッテ 川崎市民応援団
ロッテ 川崎市民応援団

かつて川崎球場を本拠地にしていた、ロッテオリオンズのユニフォームです。
同チームでは1985年、1986年に落合博満選手(当時)が2年連続の3冠王を達成するなど、さまざまな名場面が川崎球場で生まれました。

■王貞治選手(当時)の700号ホームラン記念プレート
王貞治選手(当時)の700号ホームラン記念プレート

川崎球場での名場面の一つが、1978年、東京読売ジャイアンツ・王貞治選手(当時)の通算700号ホームランでしょう。
当時の記念プレートが、現在は特設ギャラリーに収蔵されています。

■張本勲選手(当時)の3,000本安打記念プレート
張本勲選手(当時)の3,000本安打記念プレート

また、1980年には、ロッテオリオンズの張本勲選手(当時)が3,000本安打を達成しました。
この記念プレートもギャラリーで見ることができます。

■3,000本安打(本塁打)の着弾場所を示していた看板
3,000本安打(本塁打)の着弾場所を示していた看板

張本勲選手の3,000本安打目は、495本目のホームランでもありました。
その着弾場所を示す看板が川崎球場にはかつて設置されていまして、現在では記念プレートと共にここに展示してあります。

このように、特設ギャラリーには、かつての川崎球場の記憶を残す展示が多数行われています。
ご紹介したのは一部ですので、プロ野球のオールドファンの方など、機会があればご覧になってはいかがでしょうか。

入場は無料で、どなたでも気軽に入ることができます。

■「所英男流格闘技エクササイズ」
「所英男流格闘技エクササイズ」

富士通スタジアム川崎では、お子さんから大人まで、幅広い層を対象にしたスポーツイベントが多数開催されています。
特設ギャラリーに、武蔵小杉在住の格闘家・所英男さんの記念写真があったもので「はて?」と思っていたら、「所英男流格闘技エクササイズ」というプログラムが実施されていました。

このほかにも、障がい児向けサッカー教室やシニア向けグラウンドゴルフ大会など、さまざまなスポーツイベントが開催されています。
最新情報はエントリ末尾の関連リンクの公式ウェブサイトに掲載されています。

■「富士通スタジアム川崎」
「富士通スタジアム川崎」

「富士通スタジアム川崎」のレポートは、以上です。

スタジアムは綺麗に仕上がっていましたし、特設ギャラリーも小規模ながら、「川崎球場」の貴重な展示品を見ることができて楽しめました。

また本施設はアメリカンフットボールだけでなく、一般市民が多用途に利用することもできます。
ご利用にあたっての詳細は、下記公式ウェブサイトをご参照ください。

【関連リンク】
富士通スタジアム川崎 ウェブサイト
2014/4/8エントリ 東急武蔵小杉駅南口に「やきとり家すみれ」「所英男のDr.ストレッチ」武蔵小杉店がオープン

Comment(0)

2016年
08月18日

川崎フロンターレが等々力陸上競技場で「宇宙スター☆ジアム」を開催、福田市長・中村憲剛選手らがISSとLIVE交信

【Reporter:たちばな】

2016年8月16日に、等々力陸上競技場において川崎フロンターレのスペシャルイベント「宇宙強大DAY②宇宙スター☆ジアム」が開催されました。

本イベントは漫画作品「宇宙兄弟」とのコラボレーションにより、等々力陸上競技場から宇宙に夢を広げるものです。
当日は「宇宙兄弟」アニメーションの上映のほか、篠原ともえさんらによるトークショーに加え、JAXAの協力により、ISS(国際宇宙ステーション)とのLIVE交信などが実施されました。

■「宇宙強大DAY②宇宙スター☆ジアム」が等々力開催された上競技場
「宇宙強大DAY②宇宙スター☆ジアム」が開催された等々力陸上競技場

川崎フロンターレは、これまでにもご紹介したように非常にさまざまなイベントを開催してきました。

それらの多くはホームゲーム開催時にあわせて等々力陸上競技場で開催するものでしたが、今回の「宇宙強大DAY②宇宙スター☆ジアム」では、ホームゲーム開催がありません。

純粋に本イベントのためだけに、等々力陸上競技場が解放された形になります。

■雨天の等々力陸上競技場でのイベント展開
雨天の等々力陸上競技場でのイベント展開

当日は台風が接近中で強雨でしたが、それでも等々力陸上競技場に3,000人を超える観客が集まりました。

■雨ガッパのふろん太君
雨ガッパのふろん太くん

■雨ガッパのカブレラ
雨ガッパのカブレラ

川崎フロンターレのイベントといえば、ふろん太君とカブレラがお馴染みです。
雨が強かったですので、ふたりとも雨ガッパを着ていました。

■カブレラのカッパの背中には…
カブレラのカッパの背中には…

カブレラのカッパの背中には、カブレラがプリントされていました。
カブレラ専用カッパだったんですね。

■ISSの大西卓哉さんとの交信
ISSの大西卓哉さんとの交信

本日のメインイベントは、もちろんISSとのLIVE交信です。
ISSの大西卓哉さんと、想像以上にクリアな音声で等々力陸上競技場が接続されました。

またISSの映像が、等々力陸上競技場の各所のスクリーンやモニターに表示されました。

■福田市長(写真右)との交信
福田市長との交信

■小学生からの質問タイム
小学生による質問タイム

本日は川崎市の福田市長のほか、川崎市立下作延小学校の小学生4人と一般公募で選ばれた小学生3人の計7人が質問タイムに登場しました。

下作延小学校は、本年度にJAXA宇宙教育プラグラムを取り入れた学習を進めており、その一環として本イベントに参加したものです。

■中村憲剛選手登場
中村憲剛選手登場

■等々力陸上競技場から、中村憲剛選手がISSにキック!
等々力陸上競技場から、中村憲剛選手がISSにキック!

最後には川崎フロンターレの支柱、中村憲剛選手が登場して、ISSに向けてしなやかなキックを見せてくれました。

このボール、中継を通じて見事にISSに届いた…という演出でした。

日本人のアスリートとして、ISSの宇宙飛行士と交信したのは中村憲剛選手が初であり、世界でも2人目だということです。

常に「突き抜けた」企画を打ち出してくる、川崎フロンターレらしい仕掛けではなかったでしょうか。

■声援を送る川崎フロンターレサポーターの皆さん
声援を送る川崎フロンターレサポーターの皆さん

川崎フロンターレは現在、J1リーグ2ndステージの首位争いをしています。
この日は宇宙に向けてフロンターレの今後の意気込みも表明されまして、初タイトル獲得に向けて一層の活躍が期待されるところです。

ホームゲームで試合がないにもかかわらず、多くの方が等々力陸上競技場に集まる、フロンターレを後押しする熱気を感じた夜でした。

【関連リンク】
川崎フロンターレ ウェブサイト フロンターレ日記 宇宙強大DAY②宇宙スター☆ジアム
川崎フロンターレ ウェブサイト
武蔵小杉ブログ 川崎フロンターレ関連エントリ

(最近の川崎フロンターレン関連エントリ)
2016/3/5エントリ フロンターレホーム開幕戦で大久保嘉人選手がJリーグ通算得点歴代トップタイ記録を樹立、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店にグッズショップが期間限定オープン
2016/5/26エントリ イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店の「アズーロ・ネロ」常設店5月25日オープン、リカザイ新本社の「セブンイレブン武蔵小杉駅新南口店」本日26日オープン
2016/6/25エントリ 川崎フロンターレがJ1リーグ1stステージ初優勝を惜しくも逃す、フロンパークでは「シン・ゴジラ」スタンプラリーを開催

Comment(0)