武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2011年
09月08日

横須賀線武蔵小杉駅前の新幹線高架下に保育所を新設

hatsushimo.gif

横須賀線武蔵小杉駅の新幹線高架下に、新たに保育所が新設
されることがわかりました。施工業者より近隣に通知が行われて
いるもので、JRによる駅型保育所として運営されるものと思われ
ます。

■新幹線高架下保育所の建設予定地
新幹線高架下保育所の建設予定地

こちらが、保育所の建設が予定されている新幹線高架下です。
写真左手がレジデンス・ザ・武蔵小杉のサブエントランスおよび
デリド武蔵小杉、右手が横須賀線武蔵小杉駅改札口
です。

新駅建設当初にも、テナントスペースにはならないのか、という
希望をコメントでいただいたことがあったのですが、その後も
特段活用はされていませんでした。

中原区内における保育所ニーズは今後も高まることが予想され、
川崎市も鉄道事業者への補助制度を新設して保育所の誘致を
進めてきたところです。
そのような地域の情勢を受けて、JRが保育所用地として高架下を
活用することを決定したものと思われます。

なお、JRは今井仲町の南武線高架下においても保育所の新設を
計画
しています(2011/6/4エントリ参照)。東急電鉄も一昨日、
武蔵小杉駅ビル内での保育所新設をリリース
したばかりです
2011/9/6エントリ参照)。
川崎市の狙い通り、鉄道事業者による保育所新設が相次いで
実施されることになります。

■新横浜ステーション開発株式会社 高架開発事業について
http://www.cubicplaza.com/corporate/kouka.html

今回の建設地となる東海道新幹線はJR東海の管轄であり、
多摩川以南~熱海間の高架下の管理・賃貸・開発は、グループ
企業の新横浜ステーション発株式会社が担当
しています。

同社は新横浜のキュービックプラザを運営している会社ですが、
上記の役回りからすると、武蔵小杉の高架下についても事業者側
として関与することになりそうです。

施工業者は名工建設株式会社となっており、こちらは名古屋市の
地方ゼネコン
です。このあたりも、事業者側がJR東海グループで
あることと関連しているのでしょうね。

■新幹線高架下の現況
新幹線高架下の現況

新幹線高架下の現況はご覧の通りで、今のところ本格的な工事は
着手されていません。
工事期間は2011年8月22日~2012年2月29日とされていますので、
それほど大掛かりな工事ではなさそうです。

この工期からすると2012年4月開園予定ということになりそうですが、
今のところ川崎市、JRからはリリースがありません。
ただ、間違いなく川崎市の鉄道事業者への補助金制度を活用した
ものでしょうし、しかるべく事前相談や届出はなされているでしょう。

いずれどこかの時点で、保育所新設に関するリリースが川崎市から
出るものと思います。

■横須賀線ホームから見る保育所建設予定地
横須賀線ホームから見る保育所建設予定地

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:保育園・幼稚園
2008/5/18エントリ JR東日本、武蔵小杉に120人規模の認可保育園を新設
2008/11/2エントリ 武蔵小杉周辺の保育園新設の進捗
2009/1/26エントリ (仮称)武蔵中原駅周辺保育所建設中
2009/4/18エントリ 「茶々いまい保育園」今井仲町に開園
2011/2/17エントリ 川崎市が保育所整備補助金制度導入:東急武蔵
小杉駅ビル・南武線高架下に新設へ

2011/6/4エントリ 今井仲町の南武線高架下にJRが保育所を新設

Comment(2)