武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2014年
09月17日

JR武蔵小杉駅の「カタツムリ君」が南浦和駅に進出、連絡通路でゆとり歩行を呼びかけ中

 

JR武蔵小杉駅のキャラクター「カタツムリ君」がついに埼玉県に進出しました。
JR南浦和駅の連絡通路において、ゆとりをもった歩行を呼びかけています。

■JR南浦和駅の連絡通路
JR南浦和駅の連絡通路

JR南浦和駅は、京浜東北線と武蔵野線が交差する乗換駅です。
交差による乗り換えといえば連絡通路がつきものでして、特にラッシュ時には多くの方が行き交っています。

■「カタツムリ君」登場
「カタツムリ君」登場

■「ゆとりをもって・・・」(南浦和駅)
「ゆとりをもって・・・」(南浦和駅)

これはまぎれもなく、JR武蔵小杉駅のカタツムリ君ですね。
イラスト内には「南浦和駅」という札も立てられています。

■「走っては危険です!」(駅内はゆっくり歩きましょう)
走っては危険です!

連絡通路は決して広くありませんので、走るとぶつかったりして危ないですね。

このカタツムリ君のテイストは、模写しようとしてもなかなかできるものではないですので、JR武蔵小杉駅の駅員さんによる書き下ろし「南浦和バージョン」ではないでしょうか?

JR南浦和駅にカタツムリ君が展開されていることは、コメントで情報提供いただきました。
その他の駅にもあるのかどうかはわかりませんが、いよいよJR武蔵小杉駅のキャラクターは、JR東日本管内で横展開がスタートしたことになります。

■JR武蔵小杉駅の「カタツムリ君」
JR武蔵小杉駅の「カタツムリ君」

■全国的に話題になった「よんれつ」
全国的に話題になった「よんれつ」

JR武蔵小杉駅では、「よんれつ」に始まる独創的なポスターが全国レベルの話題となりました。

■産経新聞 乗降客癒やす“ゆるポスター”が人気 JR武蔵小杉駅 川崎
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140612/kng14061202010002-n1.htm

「武蔵小杉Walker」に掲載されたのを皮切りに産経新聞においては作者の方が紹介されるなど、社内での知名度も高まっていたのではないでしょうか。

■武蔵小杉駅
武蔵小杉駅

■南浦和駅
南浦和駅

ところで、武蔵小杉駅と南浦和駅は、鉄道網の中での位置づけが似ているように思います。
武蔵小杉駅は都心直結の東横線・目黒線・横須賀線に対して南武線が交差し、南浦和駅は同じように京浜東北線に対して武蔵野線が交差しています。
南武線・武蔵野線はいずれも首都圏の外環的な路線で、JR東日本が「東京メガループ」と位置づけています。

こうした駅では冒頭に申し上げたとおり連絡通路が付き物ですので、どこでもその安全性向上には悩みがあるのでしょうね。

「カタツムリ君」の登場だけで課題が解決するということはないのでしょうが、「武蔵小杉発」のポスターが少しでも役に立つと良いと思います。

【関連リンク】
2012/8/22エントリ 「武蔵小杉駅からのお願いです。」
2012/8/29エントリ 2012年9月6日発売「武蔵小杉Walker」にJR武蔵小杉駅の「よんれつ」掲載決定
2012/9/5エントリ 9月6日(木)発売「武蔵小杉Walker」前日早読みレポート、「よんれつ」無事掲載
2012/10/2エントリ JR武蔵小杉駅のみどりの窓口に、動く「よんれつ」が再登場
2012/11/28エントリ 武蔵小杉駅から「よんれつ」で、「ふるさと」へ帰ろう
2012/12/11エントリ JR武蔵小杉駅の「よんれつ」新作、「ふるさと」が大幅拡張
2013/4/22エントリ JR武蔵小杉駅に「よんれつ」後継「SS君」投入、湘南新宿ラインの魅力をご紹介
2013/9/26エントリ JR武蔵小杉駅が連絡通路で「秋田デスティネーションキャンペーン」を展開
2013/11/15エントリ JR武蔵小杉駅のカタツムリ君が、時速4kmのゆっくり歩行を呼びかけ中
2013/12/15エントリ JR湘南新宿ライン「速いぞ!」に対抗、東急東横線「速い、だけじゃない。」
2014/3/4エントリ JR武蔵小杉駅が新キャラクター「Suica君」を投入、定期券の早期購入を呼びかけ中
2014/3/10エントリ JR武蔵小杉駅が新キャラクター「Suica君」を連絡通路に全面投入、定期券の早期購入をさらに呼びかけ中
2014/6/14エントリ JR武蔵小杉駅連絡通路に山形ディスティネーションキャンペーン「きてけろくん」が登場

Comment(0)