武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2015年
02月24日

グランツリー武蔵小杉の「ハローキティ」仕様のベビー休憩室

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉には、各フロアにベビー休憩室が設置されています。
2014/11/20エントリの内覧会レポートでも少しだけ取り上げていたのですが、今回は休憩室の中でも「ハローキティ仕様」になっている場所をご紹介したいと思います。

■4階・ハローキティ仕様の休憩室入口
4階・ハローキティ仕様の休憩室入口

グランツリー武蔵小杉の4階は、「アカチャンホンポ」「ボーネルンド」「Food Terrace」(フードコート)「good day park」「キデイランド」「サンンリオギフトゲート」など、低年齢層をターゲットにした店舗が揃っています。
そのためベビー休憩室も2箇所ありまして、2014/11/20エントリでご紹介したのはそのうち「ボーネルンド」隣のものでした。

今回ご紹介する「ハローキティ仕様」のベビー休憩室は、「タリーズコーヒー キッズコミュ」の裏側に入口があります。
ここは普段は入っていくような場所ではないため、気付かない方も多いのではないでしょうか?

■採光部があるベビー休憩室
採光部があるベビー休憩室

ここ以外の各フロアのベビー休憩室は、全て同じ場所(建物南東)に配置されており、いずれも窓がありません。
ただ、ここだけは建物北側にありまして、ガラス面から光が入るようになっています。

採光部は確保する一方で、向かいのマンションとは直接的にお見合いにならないよう、目隠しも設置されています。

■「お友達は、どこにいるかな?」
「お友達は、どこにいるかな?」

■壁面のキャラクターたち
壁面のキャラクターたち

ベビー休憩室に入ってすぐの壁面には、ハローキティのキャラクターの紹介がありました。
「お友達は、どこにいるかな?」とクイズのようになっていますがこれはごく幼い子向けで、壁面を順番に見ていけばすぐに見つかるようになっています。

■中央のりんごの木
中央のりんごの木

■キティちゃんとりんごのソファ
キティちゃんとりんごのソファ

広場の中央には、大きなりんごの木がありました。
また奥には、キティちゃんとりんごのソファがありました。
壁面にもりんごの木がたくさんありますが、ここに落ちているりんごはひときわ大きなものです。

■おむつ替えシート
おむつ替えシート

■こどもトイレ
こどもトイレ

ベビー休憩室ですので、もちろんハローキティ仕様だけでなく、おむつ替えシートや授乳室、こどもトイレなど一通りの設備は揃っています。

■キティちゃんソファ
キティちゃんソファ

そして一番奥には、かわいいキティちゃんソファがありました。
なお、ここは授乳室の近くにあり、記念撮影のシャッター音がすると落ち着かないと思いますから、利用される方への気遣いを一番に考えるのがよいと思います。
(今回の撮影は利用者がいない夜間に実施しています)


グランツリー武蔵小杉は、結構細かいところにちょっとした仕掛けがあったりします。
とりあえず行きたいお店も行ってみたところで、落ち着いて歩いてみてはいかがでしょうか。

■グランツリー武蔵小杉の夜間イルミネーション
グランツリー武蔵小杉の夜間イルミネーション

【関連リンク】
グランツリー武蔵小杉 ママとキッズにおすすめ Vol.2 授乳室の新・スタンダード家族みんなでも入れる『ベビールーム
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」
2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」
2015/1/17エントリ グランツリー武蔵小杉の「折鶴モニュメント」展示終了と、バレンタイン特設売場オープン
2015/1/24エントリ グランツリー武蔵小杉の行列店「回し寿司 活美登利」レポート
2015/2/4エントリ メゾンカイザーと、大宮シェフのコラボ。グランツリー武蔵小杉の「BUSHWICK BAKERY & GRILL」

【「武蔵小杉ライフ」Facebookページ開設しました】
「武蔵小杉ライフ」Facebookページ
https://www.facebook.com/musashikosugilife

Comment(0)

2015年
02月18日

グランツリー武蔵小杉の、からあげグランプリ金賞店「らんまん食堂」

【Reporter:たちばな】

グランツリー武蔵小杉の1階には、「活美登利」「ハングリータイガー」などを擁するメインの飲食店エリア「GOURMET WALK」のほかに、もうひとつ飲食店エリアがあります。
2014/12/27エントリソフトクリーム店「Chocott Milk Bar」をご紹介した、「Tasty Table」です。

■グランツリー武蔵小杉1階の「Tasty Table」
グランツリー武蔵小杉1階の「Tasty Table」

「Tasty Table」には、「久世福商店」「パンオトラディショネル」「エノテカ」などの専門店のほか、洋菓子・和菓子店舗も軒を連ねています。
これに加えて、カウンター中心の小規模な飲食店もいくつか並んでいまして、非常にバリエーション豊かなエリアとなっています。

今回はその飲食店のうち、「らんまん食堂」をご紹介したいと思います!

■「Tasty Table」の「らんまん食堂」
「Tasty Table」の「らんまん食堂」

「らんまん食堂」は、中目黒や恵比寿、丸の内などで焼肉店・からあげ専門店を展開する有限会社ハレノヒによる店舗です。
同店のからあげは、日本唐揚協会による「からあげグランプリ」で、金賞を獲得しています。

■日本唐揚協会 第2回からあげグランプリ
http://karaage.ne.jp/event/grandprix/2.html

グランツリー武蔵小杉の店舗は、から揚げ専門店の方の業態です。

店内はキッチンを囲むカウンター席のみとなっています。

■健康セット スープ付き(税別1,000円)
健康セット スープ付き(税別1,000円)

■からあげ
からあげ

■14種類のサラダ
14種類のサラダ

■ポタージュスープ
ポタージュスープ

そんなわけで、基本の「健康セット」(ポタージュスープ付き・税別1,000円)をいただきます。
これにはからあげに加えて、14種類の健康野菜が盛り付けられています。

からあげは「しょうゆ」「塩」の味付け2種類を選ぶことができますが、個人的なお勧めはしょうゆです。
塩はしょっぱさが少し強かったような・・・。

しょうゆのからあげは味がしっかりついていて、確かに専門店というだけあって美味しかったです。

ただ、「健康セット」というネーミングのイメージからすると、からあげがもっと健康志向の味(=つまるところ薄味)なのではと予想していたのですが、これは外れました。
「健康」のコンセプトは、あくまでも14種類の野菜の部分にこめられているのではないでしょうか。

そのあたり、特に気にしなければ美味しいからあげなので良いと思います。

■アサイードリンク
アサイードリンク

健康志向ということでは、アサイードリンクもメニューにありました。

グランツリー武蔵小杉の看板レストランが揃う「GOURMET WALK」に比べると、「らんまん食堂」がある「Tasty Table」の飲食店はあまり混んでいないことが多く、スンナリ食べられます。

カウンター席中心ですので、1~2名程度でさっくり食べるには使いやすいですね。

次回は他の店舗も、レポートしたいと思います。

【関連リンク】
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 らんまん食堂
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」
2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」
2015/1/17エントリ グランツリー武蔵小杉の「折鶴モニュメント」展示終了と、バレンタイン特設売場オープン
2015/1/24エントリ グランツリー武蔵小杉の行列店「回し寿司 活美登利」レポート
2015/2/4エントリ メゾンカイザーと、大宮シェフのコラボ。グランツリー武蔵小杉の「BUSHWICK BAKERY & GRILL」

Comment(1)

2015年
02月04日

メゾンカイザーと、大宮シェフのコラボ。グランツリー武蔵小杉の「BUSHWICK BAKERY & GRILL」

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉1階の専門レストラン街「GOURMET PARK」に、ベーカリーレストラン「BUSHWICK BAKERY & GRILL(ブッシュウィック べーカリー アンド グリル)」があります。
今回は、人気を集める同店の平日ランチに行ってまいりましたので、ご紹介したいと思います。

■「BUSHWICK BAKERY & GRILL(ブッシュウィック べーカリー アンド グリル)」ウェブサイト
http://bushwick.jp/

■「BUSHWICK BAKERY & GRILL」の外観
「BUSHWICK BAKERY & GRILL」の外観

「BUSHWICK BAKERY & GRILL」は、「GOURMET PARK」の中でもファッション店舗寄りに配置されています。
向かい側はレディスファッション雑貨の「パピヨネ」、隣は「アーバンリサーチ サニーレーベル」で、「ジャンルで完全には分けない」グランツリー武蔵小杉独特のテナント配置を体現する店舗のひとつともいえるでしょう。

同店は「ベーカリー&グリル」の名前の通り、パンとグリル料理が売りになっています。
「メゾンカイザー」木村氏がパンを、「レストラン大宮」の大宮シェフが料理を監修し、ワンランク上の料理を気軽に味わえることをコンセプトにしています。

■「BUSHWICK BAKERY & GRILL」のメニュー
http://bushwick.jp/menu

「BUSHWICK BAKERY & GRILL」のランチタイムは10時からスタートし、15時ラストオーダーです。
基本メニューは税込1,300円~1,800円で、これに標準で「メゾンカイザー」のブレッドビュッフェ(パン食べ放題)とドリンクバーがついています。

お子さん向けには「KID'Sプレート」(税込980円)のほか、小学校低学年のお子さん向けには「KID'Sビュッフェ」(税込200円)があります。
「KID'Sビュッフェ」は、ブレッドビュッフェ+ドリンクバーで、これ単品でもオーダーが可能です。

■「BUSHWICK BAKERY & GRILL」の店内
「BUSHWICK BAKERY & GRILL」の店内

店内は上質な雰囲気で、今回は平日の午前中ということもあってほとんどが女性客でした。
グランツリー武蔵小杉のレストランは全般的に「通路から見えやすい」客席が多いのですが、ここは比較的奥まった席もありまして、落ち着けました。

■ブレッドビュッフェ
ブレッドビュッフェ

まずはメインのお料理が運ばれてくる前に、ブレッドビュッフェとドリンクバーを楽しみます。
バケット、くるみパン、トマトのフォカッチャ、ホウレンソウのフォカッチャなどのほか、デザート的なパンとしてホワイトチョコの入ったパンもありました。

評判の「メゾンカイザー」木村氏監修のパンということで、焼きあげたタイミングや好みにもよりますがいずれも一定のクオリティがあったと思います。
個人的にはくるみパンが、くるみがカリッとして美味しかったです。

余談ですが、グランツリー武蔵小杉に出店している「パンオトラディショネル」も、メゾンカイザーの系列ですね。

■セットのパンと、ドリンク(アップルビネガー)、オリーブオイル
セットのパンと、ドリンク(アップルビネガー)、オリーブオイル

ドリンクバーは特徴的なものとして、ビネガーの入った「アップルビネガー」「グレープビネガー」がありました。
写真は透明なのでわかりにくいですが、アップルビネガーです。

ビネガーといってもそれほど強い味ではなく、ビネガー風味程度で普通にソフトドリンクとして飲める配合だったかと思います。
また同店で使われている水は、全て浄水システム「シーガルフォー」を使っているということです。

■ハンバーググリルランチ BUSHWICKオリジナルテリヤキソース(税込1,500円)
ハンバーググリルランンチ BUSHWICKオリジナルテリヤキソース

■三元豚のポークグリル オニオンバターソース(税込1,600円)
三元豚のポークグリル オニオンバターソース

今回のメインは、お勧めのグリル料理をいただいてみました。写真は「ハンバーググリルランチ BUSHWICKオリジナルテリヤキソース」(税込1,500円)と「三元豚のポークグリル オニオンバターソース」(税込1,600円)です。
いずれもオリジナルのソースが濃厚で、おいしくいただきました。付け合せは、マカロニグラタンとサラダです。

味付けは濃い目ですので、このあたりはお好み次第というところでしょうか。

■KID'Sプレート(税込980円)
KID'Sプレート

そしてこちらが、「KID'Sプレートランチ」(税込980円)です。
標準のブレッドビュッフェ、ドリンクバーに加えて、ハンバーグ、エビフライ、マカロニグラタン、サラダにミニデザートがついています。

前述の通り、このほかに小学校低学年のお子さん向けにブレッドビュッフェ・ドリンクバーのみの「KID'Sビュッフェ」(税込200円)もありまして、お子さん連れでも利用しやすくなっています。

■平日ランチの行列
平日ランチの行列

「BUSHWICK BAKERY & GRILL」は、現在、平日の午前中からたいへんな行列になっています。
ランチが10時からスタートで、10時半頃までは普通に入れるのですが、11時をまわると行列ができはじめます。

上記写真は平日11時半ごろのもので、何と30人ほどの行列ができていました。
並んでいらっしゃるのはほぼ全員が女性で、お友達のグループで来店されているようでした。

ランチも少々お高めのお値段ですし、それほど行列してまで・・・というのはあるかと思いますので、ランチにトライしてみる場合は早めのスタートをお勧めいたします。
また同店はランチの混雑時間帯は90分制となる場合がありますので、あらかじめご承知くださいませ。

■ホットドリンク用のマグカップ
ホットドリンク用のマグカップ

なお、平日早目からのランチタイムにグランツリー武蔵小杉の飲食店をひととおり見て回ると、「BUSHWICK」「HAND BAKES」「フレンチトーストファクトリー」などお洒落系飲食店が早い時間から女性客で混雑している様子が見受けられました。
一方、夜に混雑する「ハングリータイガー」は、この時間帯はすいていました。

これはあらためて分析するまでもないことで、平日ランチはヘビーな食事をするお店よりも、周辺の奥様方のランチ需要に応える店舗に人気が集まっているのでしょうね。

お店の業種と時間帯によって、それぞれ濃淡があるものと思います。

【関連リンク】
「BUSHWICK BAKERY & GRILL」ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップリスト 「BUSHWICK BAKERY & GRILL」
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」
2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」
2015/1/17エントリ グランツリー武蔵小杉の「折鶴モニュメント」展示終了と、バレンタイン特設売場オープン
2015/1/24エントリ グランツリー武蔵小杉の行列店「回し寿司 活美登利」レポート

Comment(0)

2015年
01月24日

グランツリー武蔵小杉の行列店「回し寿司 活美登利」レポート

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉の専門レストラン街「GOURMET WALK」には、いくつかの「行列ができる」人気店があります。
今回のそのうちのひとつ「回し寿司 活美登利」をご紹介したいと思います。

■「回し寿司 活美登利」武蔵小杉店
「回し寿司 活美登利」武蔵小杉店

■活美登利 ウェブサイト
http://www.katumidori.co.jp/index.html

「回し寿司 活美登利」は、世田谷・梅丘の美登利寿司がプロデュースする回転寿司店です。
これまでにも西武池袋本店、西武渋谷店、アトレ目黒、グランデュオ蒲田、横浜スカイビル、ダイエー碑文谷、ピーコック代官山と、商業施設を中心に出店をしていました。

同店のグランツリー出店については、2014/7/3エントリで第一報をお伝えしておりました。

同店は、老舗の美登利寿司グループが「良質な寿司をより気軽に」というコンセプトで展開していまして、1皿100円~500円までバリエーションがあります。

■生トロサーモン(300円)
生トロサーモン(300円)

■サーモンちゃんちゃん焼き(200円)
サーモンちゃんチャン焼き(200円)

まずは個人的嗜好で恐縮ですが、ネタとして好きなサーモンから。
「上トロサーモン」の柔らかさもよいですが、味噌で味付けした「サーモンちゃんちゃん焼き」も美味しいです。

「ちゃんちゃん焼き」とは北海道の郷土料理で、鮭などの魚と野菜を鉄板で焼いたものですね。

■炙りトロ(200円)
炙りトロ(200円)

■炙りトロサーモン(160円)
炙りトロサーモン(160円)

最近は、炙りの寿司が人気なのでしょうか。
今回来店時の「回し寿司 活」では、「あぶりトロ」「あぶりトロサーモン」「あぶりエンガワ」など、炙り系のネタが多数回っていました。

炙り特有の香ばしさがあって、これまたオススメです。

■トロ3貫盛り あぶりトロ、ネギトロ、中トロ(300円)
トロ3貫盛り あぶりトロ、ネギトロ、中トロ(300円) 

■あぶり3貫盛り あぶりサーモン、あぶりエンガワ、あぶりトロ
あぶり3貫盛り あぶりサーモン、あぶりエンガワ、あぶりトロ(300円)

食べ比べをするなら、「3貫盛り」も良かったです。
トロの食べ比べの3貫、あぶりの食べ比べ3貫がそれぞれ300円です。

ネタは先のご紹介したものとかぶっていますが、なかなか楽しめる一皿です。

■新幹線で運ばれてくるお寿司
新幹線で運ばれてくるお寿司

「回し寿司 活美登利」武蔵小杉店の店内は大きく2つのエリアに分かれています。

ひとつは手前の「回転寿司のレーンが回ってくるエリア」と、奥の「オーダーした寿司のみが出てくるエリア」です。

前者は回転ずしのレーンから取るか、タブレットでオーダーするのですが、後者は写真のような新幹線のトレイなどでお寿司が運ばれてきます。

写真のような「N700系」らしき白い新幹線のほか、「はやぶさ」らしき緑色の新幹線もあります。
このトレイの動きが新幹線らしくたいへん敏捷でしたので、特にお子さんは喜ぶのではないでしょうか。来店の際は是非見てみてください。

■「回し寿司 活美登利」の行列
「回し寿司 活」の行列

「回し寿司 活美登利」は、前述の通り「良質な寿司が気軽に食べられる」ことが売りになっています。
決して高すぎない手ごろな金額で、確かに味も良く満足度は高いものでした。

当然の帰結として、2014/7/3エントリでご紹介した「西武渋谷店」の店舗と同じように、グランツリー武蔵小杉の店舗も長い行列ができていることが多いです。

ピークの時間帯は待ち時間が長くなりますので、ちょっと早めの時間帯などにチャレンジしてみるとよいと思います。

■テイクアウトのお寿司
テイクアウトのお寿司

行列はちょっと…という方はテイクアウトもありますし、また一定以上の金額をお支払いすれば出張でお寿司を握ってもらうこともできます。

またグランツリー武蔵小杉4階のレンタルスペース「PARTY for YOU」に届けてもらうことも可能なようです。

美味しい回転寿司屋さんが地元にあると、いいですね。

【関連リンク】
回し寿司 活美登利ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ショップリスト 回し寿司活美登利
2014/7/3エントリ 「グランツリー武蔵小杉」に梅丘・美登利寿司プロデュースの人気店「回し寿司 活」が出店
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」 2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」
2015/1/17エントリ グランツリー武蔵小杉の「折鶴モニュメント」展示終了と、バレンタイン特設売場オープン

【「武蔵小杉ライフ」Facebookページ開設しました】
「武蔵小杉ライフ」Facebookページ
https://www.facebook.com/musashikosugilife

Comment(5)

2015年
01月17日

グランツリー武蔵小杉の「折鶴モニュメント」展示終了と、バレンタイン特設売場オープン

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉の「折鶴プロジェクト」によるモニュメントの展示期間が、2015年1月12日をもって終了しました。
折鶴でつくられたシンボルツリーのモニュメントが撤去され、新たにバレンタインデーのチョコレート等の特設売り場が登場しています。

■グランツリー武蔵小杉の「折鶴プロジェクト」
グランツリー武蔵小杉の「折鶴プロジェクト」

■ツリーの折鶴
ツリーの折鶴

グランツリー武蔵小杉は、セブン&アイ・ホールディングスによる新しい商業施設です。
「まったく新しいショッピングセンターを」という同社グループの意気込みにより打ち出された独自のコンセプトの中に、「地域密着」があります。

そのひとつがこの「折鶴プロジェクト」で、近隣住民の皆さんがつくった約40,000羽の折鶴をシンボルツリーにして、エントランスホール内に飾るというものでした。

■折鶴シンボルツリーの周囲で行なわれた折り紙ワークショップ
折鶴シンボルツリーの周囲で行なわれた折り紙ワークショップ

■サンタクロース折り紙
サンタクロース折り紙

■干支の羊の折り紙
干支の羊の折り紙

このシンボルツリーの周囲では、クリスマスの時期にはサンタクロース折り紙、年末には干支の羊の折り紙のワークショップも開催されました。
皆さんが折ったサンタクロースや羊の折り紙が、飾られていました。

■折鶴モニュメント 展示終了のお知らせ
http://www.grand-tree.jp/web/event/admin_posts_721.html

個人的にはこのツリーは1年くらい季節のイベントをこなしていっても良かったように思いますが、もともとオープニングの期間限定企画として予定されていました。
当初の展示予定期間よりは延長された上で、1月12日をもって展示終了となりました。

折鶴のシンボルツリーは後日丸子山王日枝神社に奉納されるほか、一部がグランツリー武蔵小杉館内で展示される予定ということです。

■シンボルツリーの跡地のバレンタインデー特設売り場
シンボルツリーの跡地のバレンタインデー特設売り場

シンボルツリー跡地のバレンタインデー特設売り場

■チョコと一緒に感謝の気持ちを贈ろう
チョコと一緒に感謝の気持ちを贈ろう

シンボルツリーがなくなった後は、早速バレンタインデー商戦の特設売り場が設置されています。

特設カウンターでは、「お手伝い券」「メッセージカード」をつけてもらうことができます。
「お手伝い券」には「1日デート券」「お手伝い券」「おそうじ券」「肩たたき券」「おつかい券」5枚綴りがありまして、…これは家族用という感じですね。


武蔵小杉が昨年の商戦と異なるのは、やはり「ららテラス武蔵小杉」「グランツリー武蔵小杉」が参戦していることですね。
既存の武蔵小杉東急スクエア「フードショースライス」「カルディ」あたりにららテラスの「ゴディバ」、そしてグランツリーも加わって、「バレンタインデーギフトを見繕うために武蔵小杉に来る」という方も例年より多くなるでしょう。

シンボルツリーなきあと、このスペースはイベントスペースのほか、こういった特設売り場等で活用されていくものと思います。

■グランツリー武蔵小杉のバレンタインディスプレイ
グランツリー武蔵小杉のバレンタインディスプレイ

【関連リンク】
2014/9/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」に日本食セレクトショップ「久世福商店」、「白洋舎」が出店 2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」 2015/1/13エントリ グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」

Comment(6)

2015年
01月13日

グランツリー武蔵小杉のお好み焼き店「神戸六甲道 ぎゅんた」

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉には、1階専門レストラン街「GOURMET WALK」、4階フードコート「Food Terrace」を中心に多数の飲食店が出店しています。
今回は1階「GOURMET WALK」の「神戸六甲道 ぎゅんた」をご紹介したいと思います。

■グランツリー武蔵小杉
グランツリー武蔵小杉

■1階「GOURMET WALK」の「神戸六甲道ぎゅんた」
1階「GOURMET WALK」の「神戸六甲道ぎゅんた」

「神戸六甲道 ぎゅんた」は、神戸市灘区の六甲道に本店がある名物的なお好み焼き店です。

本店に加えて、都内に「銀座三越」「池袋パルコ」「新宿ルミネ」「丸の内KITTE」「グランツリー武蔵小杉」の5店舗を姉妹店として出店していまして、本サイトでは2014/9/20エントリグランツリー出店第一報と「丸の内KITTE」の店舗レポートをお伝えしておりました。

■掘りごたつ式のお座敷席
堀ごたつ式のお座敷席

グランツリー武蔵小杉のレストランは、いずれも客席がオープンで通路から良く見えるものが多いです。
店内の様子がよくわかる一方で、地元住民の方など人によってはもう少し目隠しがあっても、という好みの問題もあるかもしれません。

「神戸六甲道 ぎゅんた」では奥にお座敷席がありまして、ここは多少仕切られた空間になっています。
前面の席よりも、落ち着けるのではないでしょうか。

■名物「ぎゅんた焼き」(1,380円)
名物「ぎゅんた焼き」

■「ぎゅんた焼きそば」(1,380円)
「ぎゅんた焼きそば」

定番なのはやはり前回ご紹介した「ぎゅんた焼き」(1,380円)と、新たにご紹介する「ぎゅんた焼きそば」(1,380円)です。

「ぎゅんた焼き」は関西風・関東風いずれとも異なる独自の生地にイカ、あごすじ、油かす、野菜を載せ、特製ソースで仕上げています。
味のアクセントとして、ヤンニンジャンつけて食べるのもお勧めです。

「ぎゅんた焼きそば」は「いか牛すじかすそば」で、濃厚なソースでビールが進みそうな味でした。
いずれも味の良く出るイカが美味しいです。

■鉄板焼き「牛タン」(1,350円)
鉄板焼き「牛タン」

■鉄板焼き「牛特上ハラミ」(1,450円)
鉄板焼き「牛特上ハラミ」

■鉄板焼き「鶏せせり」(800円)
鉄板焼き「鶏せせり」

■鉄板焼き「じゃがバター」
鉄板焼き「じゃがバター」

■特製たれ・マヨネーズとヤンニンジャン
特製たれ・マヨネーズとヤンニンジャン

つづいてこちらは、「ぎゅんた」の鉄板焼きです。
お肉系では、牛のタン・特上ハラミ・リードヴォー・ミノサンド・ハツ・ギアラ・シマチョウのほか、鶏のせせり・皮もあります。

こちらはひとつひとつのボリュームは少なめで、一皿につきお肉6~8切れ+野菜炒めといったところです。

なお、お好み焼き・鉄板焼きともに客席には焼きあがった状態で運ばれてきます。
客席の鉄板は、保温のためのものとして点火されています。

■鉄板焼き用の巻き野菜(990円)
鉄板焼き用の巻き野菜

「ぎゅんた」の鉄板焼きは、こちらの巻き野菜も別途990円でオーダーすることができます。
こちらの野菜はボリュームがありますので、鉄板焼き3皿分程度はあるかと思います。


グランツリーの「ぎゅんた」の価格帯は全般的に高めで、お好み焼き類は1,500円前後が中心に設定(ぎゅんた焼きは1,380円)されています。
焼肉など全般的にボリュームは抑え目ですので、このあたりの全体的なパフォーマンスは人によって評価が分かれるところかもしれません。

店名を冠した「ぎゅんた焼き」「ぎゅんた焼きそば」は、安定して美味しかったと思います。
全般的に味付けは濃いめですので、こちらもお好み次第ですね。


「ぎゅんた」は、グランツリー武蔵小杉の「GOURMET WALK」の中では、行列が多い「活美登利」「喜助」「ハングリータイガー」などに比べると比較的入りやすい部類かと思います。
お好み焼きを食べたいときの選択肢として、有り難い存在ではないでしょうか。

■「ハングリータイガー」の行列
「ハングリータイガー」の行列

【関連リンク】
グランツリー武蔵小杉 店舗情報 神戸六甲道ぎゅんた
神戸六甲道ぎゅんた 本店ウェブサイト
※本店のメニューや価格設定等はグランツリーの店舗とは異なりますので、ご注意ください。 2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催
2014/12/29エントリ グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」

Comment(0)

2014年
12月29日

グランツリー武蔵小杉「Chocott Milk Bar」の「デコソフトクリーム」

【Reporter:はつしも】

武蔵小杉周辺も、だいぶ寒くなってまいりました。
そんな中ではありますが、「グランツリー武蔵小杉」のアイスクリーム店「Chocott Milk Bar(チョコット ミルク バー)」をご紹介したいと思います。

■グランツリー武蔵小杉1階の「Chocott Milk Bar(チョコット ミルク バー)」
グランツリー武蔵小杉1階の「Chocott Milk Bar(チョコット ミルク バー)」

■「Chocott Milk Bar(チョコット ミルク バー)」のメニュー
「Chocott Milk Bar(チョコット ミルク バー)」のメニュー

「Chocott Milk Bar(チョコット ミルク バー)」は、グランツリー武蔵小杉の1階中ほどにあります。
この一体は「Tasty Table」というエリアで、他にも「ブブ・デ・メレ」「エクレール・ド・リーブ」「パティスリー・シュシュクリエ」などのスイーツ店舗が並んでいます。

■デコソフトクリーム「モフモフベリーベリー」
デコソフトクリーム「モフモフベリーベリー」

「Chocott Milk Bar(チョコット ミルク バー)」には一般的なソフトクリームもありますが、看板となっているのは各種「デコソフトクリーム」です。
写真はそのひとつ、「モフモフベリーベリー」で、ストロベリーソフトクリームにマシュマロやイチゴなどのトッピングがしてあります。

容器の一番下にはポップコーンの層もありまして、ソフトクリームにふわふわ、サクサクの食感をまじえて楽しむことができます。

味わいのハーモニーという点ではマシュマロがとても合うというわけではないように思いましたが、アイスクリームですのでもちろん当たり前に美味しいです。
お子さんは微妙な味わいのバランスなどよりも、デコレーションのかわいさの方が喜ぶのではないでしょうか。

■セルフサービスの「スパイスバー」
セルフサービスの「スパイスバー」

セルフサービスの「スパイスバー」

またカウンターには、セルフサービスの「スパイスバー」もあります。
トマト、ホウレンソウ、バナナ、ムラサイキイモ、カボチャ、とうもろこしなど、さまざまな味のパウダーをソフトクリームにふりかけることができます。

写真にあるご案内ですと、バナナがお勧めということです。
実際にふりかけてみたところ、それほど劇的に味が変わるということはなく、ほんのりした味付けでした。
(これはスパイスによって異なるかもしれません)

■カウンターの客席
カウンターの客席

■足元の子供用チェア
足元の子供用チェア

一方、客席は業種柄、あまり多くは用意されていません。
カウンターに3席、足元に小さいお子さん用の椅子が2脚、スタンディングのテーブルが3つ配置されていました。

■大きな自由帳
大きな自由帳

そしてカウンターには大きな自由帳と申しますか、自由にお絵描きなどができる紙が設置されていました。
お子さんたちが備え付けのペンで、絵やメッセージを描いていました。


「グランツリー武蔵小杉」では、専門レストラン・フードコートともに混雑が続いています。
レストランはもう少し落ち着くのを待って、1階「Tasty Table」のスイーツエリアでおやつを頂いてみるのも良いかもしれません。

■東急武蔵小杉駅からグランツリー武蔵小杉への人波
東急武蔵小杉駅からグランツリー武蔵小杉駅への人波

【関連リンク】 グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 Chocott Milk Bar|チョコット ミルク バー
グランツリー武蔵小杉 ウェブサイト
2014/10/10エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」リリース第3弾発表、全160店舗+西武そごう店舗一挙紹介!
2014/11/6エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」完成直前の準備状況
2014/11/9エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の日本最大級屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」先行レポート
2014/11/12エントリ 「タワーレコードグランツリー武蔵小杉店」が11月21日(金)13時プレオープンを発表、フロンターレコラボTシャツを販売
2014/11/15エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月21日(金)13時プレオープンを控え、イトーヨーカドー武蔵小杉店リニューアルオープン
2014/11/17エントリ グランツリー武蔵小杉オープン直前、綱島街道の拡幅車線・自転車専用レーンが供用開始
2014/10/18エントリ 「ぴあ武蔵小杉食本」本日発売、「グランツリー武蔵小杉」巻頭特集を掲載
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション
2014/12/18エントリ グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催

Comment(1)

2014年
12月18日

グランツリー武蔵小杉に、ミニ映画館が登場。「クリスマスキネコ映画祭」12月20日(土)・21日(日)開催

【Reporter:はつしも】

グランツリー武蔵小杉の「スマイルスクエア」が、2014年12月20日(土)、21日(日)に映画館になります。

各地で子ども向けの上映会を開催する東京キンダーフィルムが、「クリスマスキネコ映画祭」と題して「きかんしゃトーマス」「しまじろう」「こまねこ」「ショーンのぼうけん」などの短編の上映を行ないます。

■クリスマスキネコ映画祭の開催概要
▼日時:2014年12月20日(土)、21日(日)の11:00~および13:00~
▼会場:グランツリー武蔵小杉4階 スマイルスクエア
▼参加費:無料
▼定員:各回先着150名(※完全入れ替え制)
▼申込:各回30分前にスマイルスクエアにて受付
▼参照URL:
(グランツリー武蔵小杉 イベント情報)

http://www.grand-tree.jp/web/event/admin_posts_488.html
(東京キンダーフィルム 映画祭情報)
http://kinderfilm.livedoor.biz/archives/1622891.html

▼タイムテーブル
12月20日(土) 12月21日(日)
11:00~ 「しまじろうのわお!」(8分)
「ショーンの冒険」(29分)
「きかんしゃトーマス」(7分)
「ショーンの冒険」(29分)
13:00~ 「きかんしゃトーマス」(7分)
「テディとアニー」(25分)
「こまねこ はじめのいっぽ」(5分)
「まいごのペンギン」(24分)
※作品名より、作品情報にリンクしています。

■会場の「スマイルスクエア」
会場の「スマイルスクエア」

会場となる「スマイルスクエア」は、グランツリー武蔵小杉のフードコート4階にあります。
ここには大型のモニターが設置されていまして、普段はスクリーン前の子どもたちが自分たちの姿を映して遊べるようになっています。今回の「クリスマスキネコ映画祭」は、このスクリーンを活用するものです。

各回ともに数分の短編と20分超の作品の2本立てになっていまして、声優の皆さんによる「生吹き替え」による上映も行なわれる予定です。

「グランツリー武蔵小杉」にはシネマコンプレックスを待望する声もありましたが、結果としては入りませんでした。
ただこの週末の2日間、たいへん小規模ではありますがグランツリー武蔵小杉がミニ映画館になるわけです。

お昼前後のフードコートはたいへん混雑していますし、「スマイルスクエア」も多くのお子さんで賑わうのではないでしょうか。
各回定員150名の完全入れ替え制、30分前よりスマイルスクエアにて参加受付となっておりますので、希望される方はお早めにどうぞ。

■「パパサイン体験教室」
「パパサイン体験教室」

■「ウルトラハワイ」イベント
「ウルトラハワイ」イベント

4階「スマイルスクエア」では、オープン以来さまざまなイベントが開催されています。
写真の「パパサイン体験教室」「ウルトラハワイ」以外にも、紀伊國屋書店による読み聞かせ、「どうぶつ将棋」教室などがこれまでに行なわれています。

今のところ場所柄か、お子さん向けのイベントが多いようですね。
また今後も、新しいイベントの企画を楽しみにしたいと思います。

■グランツリー武蔵小杉
グランツリー武蔵小杉

【関連リンク】
グランツリー武蔵小杉 ウェブサイト
2014/10/10エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」リリース第3弾発表、全160店舗+西武そごう店舗一挙紹介!
2014/11/6エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」完成直前の準備状況
2014/11/9エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の日本最大級屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」先行レポート
2014/11/12エントリ 「タワーレコードグランツリー武蔵小杉店」が11月21日(金)13時プレオープンを発表、フロンターレコラボTシャツを販売
2014/11/15エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月21日(金)13時プレオープンを控え、イトーヨーカドー武蔵小杉店リニューアルオープン
2014/11/17エントリ グランツリー武蔵小杉オープン直前、綱島街道の拡幅車線・自転車専用レーンが供用開始
2014/10/18エントリ 「ぴあ武蔵小杉食本」本日発売、「グランツリー武蔵小杉」巻頭特集を掲載
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」
2014/12/16エントリ グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション

Comment(2)

2014年
12月16日

グランツリー武蔵小杉「ぐらんぐりんガーデン」の冬季限定夜景とイルミネーション

【Reporter:たちばな】

「グランツリー武蔵小杉」の屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」は、オープン以来多くのご家族で賑わっています。

ガーデンの開放時間は10:00~18:00と短く、夜間は利用することができません。
ただ、冬の時期は18:00前でもかなり暗くなっていますので、現在はつかの間、イルミネーションと夜景を楽しむことができます。

■日没後の「ぐらんぐりんガーデン」
日没後の「ぐらんぐりんガーデン」

「ぐらんぐりんガーデン」は、グランツリー武蔵小杉の特徴のひとつとされる屋上庭園です。
商業施設では日本最大級の4,300㎡の面積を有し、庭園クリエーターであるSOLSO 代表・齊藤太一氏のプロデュースにより、四季折々の植物が楽しめる構成になっています。

■「森のトンネル」のイルミネーション
「森のトンネル」のイルミネーション

「森のトンネル」のイルミネーション

イルミネーションが設置されているのは、「森のトンネル」です。
まるで光のトンネルをくぐっているようです。

■「木のおうち」
「木のおうち」

■「エンピツ迷路」
「エンピツ迷路」

■「山のすべり台」からの見晴らし
「山のすべり台」からの見晴らし

「森のトンネル」以外は特別なイルミネーションはないのですが、日没後の照明のなかではちょっと雰囲気が違いますね。
クローズ間近の時間帯ではほとんどの方がお帰りですので、しばしゆったりと散歩することができます。

■「ぐらんぐりんガーデン」から見えるタワーマンション
「ぐらんぐりんガーデン」から見えるタワーマンション

「ぐらんぐりんガーデン」からは、周辺のタワーマンションが各方向に見えます。
1枚目の写真でバックに見えているのは、パークシティ武蔵小杉3棟とエクラスタワー武蔵小杉でした。

こちらの写真で並んでいるのが、テレビドラマ「Nのために」の撮影舞台ともなったリエトコート武蔵小杉、THE KOSUGI TOWER、建設中のシティタワー武蔵小杉などです。

春以降、日没が遅くなってきますと、開放時間が延長されない限りは「ぐらんぐりんガーデン」の夜景は見られなくなります。
冬のうちに、イルミネーションを楽しんでみてはと思います。

【関連リンク】
グランツリー武蔵小杉 ウェブサイト
2014/10/10エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」リリース第3弾発表、全160店舗+西武そごう店舗一挙紹介!
2014/11/6エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」完成直前の準備状況
2014/11/9エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の日本最大級屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」先行レポート
2014/11/12エントリ 「タワーレコードグランツリー武蔵小杉店」が11月21日(金)13時プレオープンを発表、フロンターレコラボTシャツを販売
2014/11/15エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月21日(金)13時プレオープンを控え、イトーヨーカドー武蔵小杉店リニューアルオープン
2014/11/17エントリ グランツリー武蔵小杉オープン直前、綱島街道の拡幅車線・自転車専用レーンが供用開始
2014/10/18エントリ 「ぴあ武蔵小杉食本」本日発売、「グランツリー武蔵小杉」巻頭特集を掲載
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場
2014/12/12エントリ グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」

Comment(1)

2014年
12月12日

グランツリー武蔵小杉に吹く、ハワイの風。「マウイマイクス」と「ホノルルコーヒー」

【Reporter:たちばな】

「グランツリー武蔵小杉」には、「日本初」「東日本初」「神奈川県初」など、初出店となる店舗が多数出店しています。

これは、ブランドプロデューサーの柴田陽子氏など、セブン&アイ・ホールディングスとしては初めて外部アドバイザーが加わり、「まったく新しい商業施設」をつくるべくテナントの誘致を行なったことによるものです。

今回は、1階レストランエリア「グルメウォーク」の中から、ハワイから神奈川県に初出店した「マウイマイクス(MAUI MIKE'S)」と、同じくハワイから出店の「ホノルルコーヒー(HONOLULU COFFEE)」をご紹介したいと思います。

■「マウイマイクス」
「マウイマイクス」

■「The BEST CHIKEN on Oafu!!」
「The BEST CHIKEN on Oafu!!」

「マウイマイクス」はロティサリーチキンのお店で、ハワイでたいへん人気を集めています。
ロティサリーチキンとは、鶏一羽を丸ごと焼いたローストチキンのことで、串が回転する「ロティサリーマシン」を使って焼くのが特徴です。

同店はプロサーファーのジャイラス・キャノン氏がハワイ・オアフ島のワヒアワに2005年2月にオープンさせたのが評判になり、日本では2014年1月に東京・白山に1号店がオープンしました。
「グランツリー武蔵小杉」の店舗は、これに続く2号店となります。

■「マウイマイクス」のギャランティー(保証)
「マウイマイクス」のギャランティー(保証)

「マウイマイクス」は、ナチュラル・オーガニックを信条としていまして、店内には「ギャランティー(保証)」が掲示されています。
これによると、同店では冷凍をしていない新鮮なチキンを使用し、人工甘味料・人工着色料・ホルモン・ステロイド・抗生物質・合成化合物・合成添加物は一切使用しないことなどを保証しています。

■「マウイマイクス」のクォーターチキン(サイド付)
「マウイマイクス」のクォーターチキン(サイド付)

こちらが、「マウイマイクス」の「クォーターチキン」(サイドメニューのマイクスフライ付)です。
クォーターチキンは、もちろん1/4羽という意味で、ハーフ(1/2羽)もあります。

クォーターチキン+サイド付で税別890円、+サイド・ドリンク付で税別1,080円。ハーフチキン+サイド付で税別1,530円、+サイド・ドリンク付で税別1,720円という価格設定になっています。
サイドメニューは写真のマイクスフライのほか、ライス、コーン、オニオンリング(税別180円加算)を選ぶこともできます。

チキンは前述の通り冷凍をしていないものに10種類以上のスパイスを加え、ロティサリーマシンの中で2時間ほどかけて焼き上げています。
一見食べにくそうに見えますがたいへん柔らかく、プラスチックのナイフとフォークで楽に切り取ることができます。

チキンにつけるティップソースは、BBQスモーキー/BBQスイート/ハニーマスタード/テリヤキ/ランチ/チリ/ユズ胡椒の7種類あります。
前掲の写真は「BBQスモーキー」を選択したものです。

ソースをつけながら、香ばしいチキンを美味しくいただきました。

■「マウイマイクス」の店内
「マウイマイクス」の店内

「マウイマイクス」の店内は、オーダーカウンターを挟んで両側にテーブル席があります。
「グランツリー武蔵小杉」のレストランは客席数が少ないこともあってたいへん混雑が続いていますが、「マウイマイクス」は他の店舗より今のところ席に余裕があるように思います。

ハワイ事情に明るい方であればご存知のお店ですが、日本国内ではこれからなのでしょうかね。

なお、「マウイマイクス」では、現在クリスマスローストチキンの予約も行っています。
ホールチキン単品が税別2,880円、ホールチキンとスパークリングワインセットが税別3,900円です。

クリスマスにはケンタッキーフライドチキンなどで予約の行列ができますけれども、今年の武蔵小杉のクリスマスは「マウイマイクス」のチキンにも人気が集まるかもしれません。



■「ホノルルコーヒー」
「ホノルルコーヒー」

続いてご紹介するのは、「ホノルルコーヒー」です。
場所は「マウイマイクス」の裏手で、1階レストランエリアにハワイゾーンを形成しています。ここは他の区画との仕切りがなく、オープンな客席になっています。

「ホノルルコーヒー」は1991年にハワイ・ホノルル市のダウンタウンで誕生したコーヒー店で、ハワイのコナ地区で収穫されるコーヒー豆を焙煎する「コナコーヒー」が看板です。
日本上陸は2012年で、お台場に1号店が出店したのちグランツリー武蔵小杉を含め19店舗を展開しています。

■「マカデミアナッツフレーバーコーヒー」
「マカデミアナッツフレーバーコーヒー」

こちらは主要メニューのひとつ「マカデミアナッツフレーバーコーヒー」(Sサイズ・税込320円)です。
苦味の中にマカデミアナッツの香りがほんのりと加わっていまして、同店でも人気があります。

■「ホノルルコーヒー」のフードメニュー
「ホノルルコーヒー」のフードメニュー

■「ガトーショコラ」
ガトーショコラ

「ホノルルコーヒー」では、コーヒー以外にもケーキなどのフードメニューがあります。
コーヒーとあわせて、こちらをオーダーされる方も多いようです。

客席は前述の通りオープンで、通路そばに座るようなイメージですので、知り合いの多い近隣住民の方ですと落ち着かない部分はあるかもしれません。
客席が通路からよく見えるお店が多い、というのはグランツリー武蔵小杉全般に言えることですね。状況がよくわかり入りやすいというメリットもありますので、一概に是非は判断ができないところです。
オープンカフェのように気軽に一休みするのに、よいと思います。

■賑わう1階レストランエリア「グルメウォーク」
賑わう1階レストランエリア「グルメウォーク」

今回は「グランツリー武蔵小杉」にハワイから吹く風、「マウイマイクス」「ホノルルコーヒー」の2店舗をご紹介しました。
また引き続き、別の店舗もご紹介していきたいと思います。

【関連リンク】
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 マウイマイクス
グランツリー武蔵小杉 ショップ情報 ホノルルコーヒー
マウイマイクス白山店 ウェブサイト
ホノルルコーヒー ウェブサイト
グランツリー武蔵小杉 ウェブサイト
2014/10/10エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」リリース第3弾発表、全160店舗+西武そごう店舗一挙紹介!
2014/11/6エントリ 11月22日(土)グランドオープン「グランツリー武蔵小杉」完成直前の準備状況
2014/11/9エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の日本最大級屋上庭園「ぐらんぐりんガーデン」先行レポート
2014/11/12エントリ 「タワーレコードグランツリー武蔵小杉店」が11月21日(金)13時プレオープンを発表、フロンターレコラボTシャツを販売
2014/11/15エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月21日(金)13時プレオープンを控え、イトーヨーカドー武蔵小杉店リニューアルオープン
2014/11/17エントリ グランツリー武蔵小杉オープン直前、綱島街道の拡幅車線・自転車専用レーンが供用開始
2014/10/18エントリ 「ぴあ武蔵小杉食本」本日発売、「グランツリー武蔵小杉」巻頭特集を掲載
2014/11/20エントリ プレオープン直前先行公開!「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート
2014/11/22エントリ 「グランツリー武蔵小杉」本日グランドオープン、セブン&アイ史上最多7,000人が行列
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」11月22日グランドオープン総来館者数が12万人に
2014/11/23エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版:「銀座山野楽器/ヤマノミュージックサロン」
2014/11/25エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の駐輪場・バイク駐車場利用ガイド
2014/11/27エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の、雪の結晶降り注ぐクリスマスイルミネーション
2014/11/30エントリ 「グランツリー武蔵小杉」プレス向け内覧会レポート追補版「スノーピーク」
2014/12/2エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の公共交通機関利用優待サービス「グランピット」による、nanacoポイント獲得ガイド
2014/12/5エントリ 「グランツリー武蔵小杉」の来館者数がセブン&アイ最速で100万人を突破、売上計画を上回る
2014/12/8エントリ グランツリー武蔵小杉の「妖怪ウォッチ」抽選販売行列と、「ジバニャン」撮影会登場

Comment(0)