武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2012年
03月15日

横須賀線武蔵小杉駅前の「まなびの森保育園武蔵小杉」完成

hatsushimo.gif

横須賀線武蔵小杉駅前の「まなびの森保育園武蔵小杉」の建物が、
ほぼ完成しました。2012年4月の開園に向けて、引き続き準備が
進められていきます。

■川崎市 (仮称)まなびの森保育園武蔵小杉の概要(PDF)
http://www.city.kawasaki.jp/25/25kodose/seibi/g15.pdf

■「まなびの森保育園武蔵小杉」
「まなびの森保育園武蔵小杉」

「まなびの森保育園武蔵小杉」は、横須賀線武蔵小杉駅前の新幹線
高架下に開園
します。川崎市の鉄道事業者向け補助金制度を活用し、
JR東海が設置
するものです。

■入口のスロープと点字ブロック
入口のスロープと点字ブロック

入口には軽い傾斜のスロープがあり、点字ブロックが敷設されて
いました。右側のフェンスには、インターホンが設置されています。

■保育園の園庭
保育園の園庭

この保育園は、当然ながら園庭も高架下です。写真右手奥には
砂場らしきものが見えます。

ここからは横須賀線のホームも見えますし、駅の入口を行き来する
人の流れ
もよく見えます。
逆もまたしかりで、開園以降は、横須賀線武蔵小杉駅を利用される
方から、園庭で遊ぶ子どもたちの姿が目に留まる
ようになるのでは
ないでしょうか。

■新幹線高架の柱
新幹線高架の柱

敷地内には新幹線高架の柱も立っていますが、そのまま露出して
いては無骨ですし危険ですので、ご覧のようにカバーする処理が
ほどこされています。

■側道から見た保育園の建物
側道から見た保育園の建物

1年後の2013年4月には、東急武蔵小杉駅ビル内に、同様に
川崎市の補助金制度を活用した保育所が開設
されます。
こういった駅前・駅ナカ保育所は利便性も高いですし、人気を集める
のではないでしょうか。

川崎市の待機児童はなかなか減りませんけれども、毎年各所に
用地が捻出されて、保育所が新設されてきているところです。

【関連リンク】
武蔵小杉ライフ:生活情報:保育園・幼稚園
2008/5/18エントリ JR東日本、武蔵小杉に120人規模の認可保育園を新設
2008/11/2エントリ 武蔵小杉周辺の保育園新設の進捗
2009/1/26エントリ (仮称)武蔵中原駅周辺保育所建設中
2009/4/18エントリ 「茶々いまい保育園」今井仲町に開園
2011/2/17エントリ 川崎市が保育所整備補助金制度導入:東急武蔵
小杉駅ビル・南武線高架下に新設へ

2011/6/4エントリ 今井仲町の南武線高架下にJRが保育所を新設
2011/9/6エントリ 東急武蔵小杉駅ビルが公式リリース、ビル内に
学童保育施設および保育所を開設へ

2011/9/8エントリ 横須賀線武蔵小杉駅の新幹線高架下に保育所を
新設

2011/9/30エントリ 今井仲町の南武線高架下保育所が2012年3月
完成へ

2012/1/8エントリ 南武線高架下「茶々なかまち保育園」と新幹線
高架下「まなびの森保育園小杉」の建設状況

Comment(0)