武蔵小杉ブログ(武蔵小杉ライフ 公式ブログ)

川崎市中原区の再開発で変貌する街・武蔵小杉のタウン情報サイト『武蔵小杉ライフ』の公式ニュースブログ。街の最新情報やさまざまな話題をご紹介します。

2016年
09月21日

武蔵小杉の「ひと」(11):慶應義塾大学「Joint」代表、コスギフェスタ2016の地域運動会「コスギんピック」発起人・大和田樹さん

【Reporter:はつしも】

10月21日(金)~23日(日)の3日間にかけて、武蔵小杉駅周辺で「コスギフェスタ2016」が開催されます。
今年も21日(金)には「武蔵小杉カレーEXPO」が開催されるほか、22日、23日の本祭にはハロウィンイベントや各種音楽ステージ、出店など、さまざまな催しが予定されています。

そのうち本祭2日目の目玉となるのが、2016/9/20エントリでお伝えした新企画「コスギんピック」です。

「コスギんピック」

「コスギんピック」は、老若男女、どなたでもオープンに参加ができる地域運動会を、武蔵小杉駅前の公道を歩行者天国にして開催するというかつてないイベントです。

本イベントはスポーツによる地域活性化とコミュニティ形成に取り組む慶應義塾大学の学生プロジェクト「Joint」が立案し、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの「コスギフェスタ実行ワーキング・グループ」との協働で企画・運営が行われます。

今回は「Joint」の代表であり、「生まれも育ちも武蔵小杉」の大和田樹さんに、「コスギんピック」にこめた思いを伺いました。



■「Joint」代表の大和田樹さん(以下、インタビュー文中の発言は「大:」)
「Joint」代表の大和田樹さん 


<慶應義塾大学の学生プロジェクト「Joint」>

--よろしくお願いいたします。大和田さんは、慶應義塾大学の学生さんということですが、ずっと武蔵小杉にお住まいと伺っています。


大:よろしくお願いいたします。生まれてからずっと、22年間武蔵小杉に住んでいます。まだ高層マンションや大型ショッピング施設が建てられていない頃から、街を見てきました。
大学はずっと慶應のSFC(湘南藤沢キャンパス) に通っていまして、もともと関心のあった「地域活性化」をテーマにした地域活性化プロジェクト「Joint」で活動をしてきました。

--「Joint」とは、どのような団体ですか 。

大:私はSFCのなかで「飯盛研究室」という地域活性化・コミュニティ形成を学ぶ 研究室に所属しています。その中のプロジェクトのひとつが「Joint」です。

地域の活性化にはいろいろやりかたがあると思いますが、「Joint」はその中でもスポーツを活用した地域活性化に取り組んでいます。これまではJ3のサッカークラブ「SC相模原」との協力により、一緒に相模原を盛り上げていく活動を展開してきました。

今年度からは、さらに 自分自身が生まれ育った武蔵小杉に問題意識を持っていたこともあり、「コスギんピック」という地域運動会の企画を立案しました。

この企画をNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの皆さんに提案したところ、こころよく受け入れていただきまして、「コスギフェスタ2016」で実現する運びとなりました。

--「Joint」では、これまでに運動会を他地域で展開したことはあったのですか。

大:武蔵小杉が初めてです。せっかくやるなら、自分の地元に還元をしたいという思いもあり、武蔵小杉で開催することにしました。

「Joint」は現在5名のメンバーがいまして、私が代表をつとめています。今回の「コスギんピック」は全員で協力してやりたいと思います。学生ですので様々な段取りなどがわからない部分もありますけれども、地域の皆様の力を貸していただきながら、やっていきたいと思います。

--スポーツに注目された理由は何ですか。

大:「Joint」は、自分自身がスポーツをすること、あるいは観ることが好きで集まったメンバーが多いです。私たちは各自のスポーツ体験を通じて、スポーツと地域活性化の親和性が非常に高いことを感じてきました。

スポーツは、例えば言葉が通じなくても一緒に体を動かすことで通じ合えますし、同じ目標に向かって「人」や「街」をひとつにしていく土台になりうると考えています。スポーツに大きな可能性を感じたことが、「Joint」が結成されたきっかけでもあります。

これまでの各地の活動の中でも、スポーツを媒体にすることでどんどん人が乗っかってきてくれました。スポーツの可能性には制限がないのが魅力です。

--なるほど、大和田さんが個人的に好きなスポーツはありますか?

大:大学ではサッカー、高校までは野球 をしていました。Jリーグではフロンターレを応援していまして、先日も等々力陸上に観戦にいきましたよ。残念ながら大敗してしまった試合でしたが…(笑)

 大和田さん


<地域運動会「コスギんピック」>

--「コスギんピック」の概要を教えてください。


大:「コスギんピック」では、「一綱入魂 大綱引き 」と「ダンシング玉入れ」という2つの種目を行います。いずれも運動会ではたいへんオーソドックスな種目で、武蔵小杉にいる方がどなたでも、老若男女問わず気軽に参加できるというのがコンセプトです。
子供と大人でブロックは分けていまして、大人の部では、消防署の方やタワーマンションの方、町内会のおじいちゃんも、普段は接する機会のない方たちが、コスギんピックを通じて交流できるような形を作りたいと考えています。

--会場はどこですか。

大:昨年「いす-1GP」を開催した、武蔵小杉東急スクエア前の道路を歩行者天国にして開催します。午前の部が予選、午後の部が決勝というかたちで、コスギフェスタ3日目 の10月23日(日)には、会場に来ていただければ目に留まると思います。ぜひ参加をしたり、または応援をして楽しんでいただければと思いますね。

■会場となる武蔵小杉東急スクエア前の道路(写真は昨年のいす-1GP)
 会場となる武蔵小杉東急スクエア前の道路

--規模的にはどの程度のものになるでしょうか。

大:チームはこども・おとなあわせて36チーム、400~500人規模の参加者を集めたいと思っています。1チームは10人~15人程度で構成をする予定です。

なお、「チームエントリー」は8名以上ですが、8人集められなくても、「個人エントリー」の方が集まってひとつのチームを作ったり、「あと二人ほしい」というチームには個人エントリーの方にご一緒いただいてチームを作ったりということを考えています。

--意外とそんな混成チームのほうが面白かったりするかもしれないですね。

大:そうですね(笑)予期せぬ何かが起こるかもしれませんので。これをきっかけに仲良くなったりすることもあるかもしれませんし。

--大人になると、友達をつくるきっかけが意外となかったりしますから、コスギんピックを通じてそんな機会ができればよいですね。

大:そこで新しいものが生まれたら、コスギんピックを開催した甲斐があったなと思います。

大和田さん

--「コスギんピック」で勝利すると、何かいいことがありますか。

大:もちろんです。優勝トロフィーに加えて、副賞もいろいろ用意するつもりです。
今回の「コスギんピック」プロジェクトは単発で終わらせずに継続できるものにしたいと思っていますので、トロフィーは毎年優勝者の記録を残しながら代々持ち回りしていくようなものしたいと思っています

このトロフィーが将来、武蔵小杉の歴史を感じる材料にもなればと思います。

--「市民運動会」などもありますが、「コスギんピック」の特徴は何でしょうか。

大:地方のほうが、地域運動会なども盛んですよね。いろいろリサーチさせていただいた中で、「参加しないと印象が悪くなる」といったネガティブな声も多いことを感じました。地域の方が集まる運動会は本来そういうネガティブなものではないはずで、何かポジティブな集いを作りたいと思ったのです。堅い制限を設けるのではなく、どなたでも「やりたい」と思う方が思うままに参加されて、応援もできるような運動会をやりたいと思いました。

--ポイントは「オープンである」ということですね。

大:そうです。参加ハードルが低く、どなたでも参加できるものにしています。今回の「コスギフェスタ」での取り組みがうまくいったら、ゆくゆくは規模も大きくしたり、夢は広がってくると思います。

大和田さん

<完全オープン参加! 是非、ご参加ください>

--これから開催までのスケジュールはいかがでしょうか。


大:参加したい方は、ウェブサイトに応募フォームを用意しています。10月9日(日)が期限ですので、そこまでにチームや個人で是非お申し込みをいただいきたいと思います。

ご参加にあたっては、安全面にわれわれも十分に配慮をしておりますが、サポーター、すねあてなどの準備はお願いを申し上げております。そのくらいで、あとはスポーツを楽しむ気持ちだけあれば大丈夫です。


また、ご参加にあたってはウォーミングアップも大切ですね。

--当日までの練習はありますか。

大:主催者として集合をかけてやるような練習はありません。参加者の皆さんが自由に準備をいただければと思います。

綱引きはオーソドックスなものですが、玉入れはダンスと組み合わせた「ダンシング玉入れ」です。ダンスの音楽がかかったらみんなでダンスをして、玉入れの時間になったらみんなでいっせいに玉入れをして、また音楽が始まったらダンスに戻るという形式です。

ダンススタジオの先生を中心に、簡単な振り付けも用意しています。ですから、観ていても楽しめると思います。

--今、小学校の運動会もダンシング玉入れをしているところがありますね。

大:あ、そうなんですか!私が小学生のころは通常の玉入れでしたから、変わりましたね。

--昔は違ったんですね。武蔵小杉の街も、いろいろ変わってきました。

大:昔に比べると、街に住む方のバックグラウンドも多様になってきて、それは自分の地域に対する問題意識にもつながっています。高層マンション街の取り組みもあれば、昔からの地域の取り組みもあって、その両方が入り混じるような場所がつくれないかと思っていました。

その解決策のひとつになるのは、スポーツではないかと思いました。先ほどお話しした通り、スポーツは共通言語ですから。老若男女が交じり合うという「縦の軸」に加えて、さまざまな地域の交流という「横の軸」もあるのではないかと考えたのです。

武蔵小杉ではいろんな地域活性・交流のイベントが多いですよね。自分が学んでいることが体現できていて、いい街だなと思っていました。

--なるほど。それでは最後に、武蔵小杉ライフ読者の皆様にメッセージをお願いいたします。

大:今回初開催となる「コスギんピック」は、武蔵小杉の人による、武蔵小杉のひとのための地域運動会です。これまで街にかかわったことのあまりない方でも、スポーツという手軽なものですので、ぜひ参加していただきたいと思います。

そこでいままで関わることのなかったような、中学生とおじいちゃんが交流したりといった、新しいつながりが生まれることを期待しています。皆さん、もし時間がありましたら、どなたでも、個人でも団体でも大歓迎ですので、みんなで楽しみましょう。

武蔵小杉を盛り上げましょう!


大和田さん

※撮影協力:motoyさん


インタビューは、以上です。
初開催となる「コスギんピック」で、また新しい交流が生まれると良いと思います。

「コスギんピック」の開催情報は昨日のエントリでもお伝えしておりますが、あらためて下記に再掲しておきます。
参加エントリーはウェブサイトから10月9日(日)までに行う形になっていますので、どうぞグループまたは個人でご参加ください。

本サイトでは今年も引き続き、「コスギフェスタ2016」の開催情報をお伝えしてまいります。

■「コスギんピック」
「コスギんピック」

■「コスギんピック」の開催概要および応募要項
大会日時 2016年10月23日(日)10:00-15:00(受付9:00開始、雨天決行・荒天中止)
会場 武蔵小杉東急スクエア 西側道路(※開催中は歩行者天国になります。)
対象 ●大人の部:中学生以上
子供の部:小学生
その他、下記の注意点および免責事項をご参照ください。
種目 ●一綱入魂 大綱引:大綱を引いて勝敗を決定します。
●ダンシング玉入れ:人気曲にあわせて踊りと玉入れを行います。※各種目の順位に応じたポイントを付与し、2種目合計でのコスギNo.1チームをこどもの部・大人の部それぞれで決定します。
賞品等 優勝チームにはコスギんピックトロフィーを贈呈します。その他、豪華副賞も用意しています!
募集チーム数 ●大人の部:最大24 チーム
子供の部:最大12 チーム
※応募は個人でも可能です。下記の大会参加要領をご参照ください。
大会参加要項 エントリー方法は①チーム参加・②個人参加の2つがあります。以下の説明をご確認ください。
①チーム参加について:8名以上の団体で参加される方
登録人数は8名〜上限はありません。ただし競技は1チーム15名で実施します。16名以上の場合は競技ごとにメンバーの入れ替えをチーム内で行ってください。チームが15名に満たない場合は②の個人参加者からチームメンバーの補填をくじ引きで実施します。

②個人参加について:7名以下の個人または少人数で参加される方
主催者側で①のいずれかのチーム内に編成させていただきます。(個人種目への参加ではありません。)
※最終的なチーム編成は主催者にてくじ引きで決定し、大会本番前にお知らせします。
応募方法 下記のウェブサイトからお申込みください。8名以上は「チームエントリー」、7名以下は「個人エントリー」となります。
チームエントリー】 【個人エントリー
※送信後、数日たっても主催者より返信メールが届かない場合には、お手数ですが小杉駅周辺エリアマネジメント事務局までお問い合わせください。
応募締切 2016年10月9日(日)必着
※応募チーム数が上限に達しましたら締め切ります。先着順でのご参加となりますのでお早めにお申し込み下さい。
参加費 1名あたり200円(※スポーツ保険料を含む)
大会当日、受付にて徴収します。お釣りのないように現金をご用意ください。
問い合わせ先 小杉駅周辺エリアマネジメント事務局TEL:044-433-9180 (10時〜17時・日/月/祝休み)
イベントページ http://kosugifesta.com/?page_id=7130

■大会スケジュール
9:00~9:45 チーム・個人受付 コスギんピック会場前 特設本部にて
9:45~10:00 待機場所集合 チーム点呼を行います
10:00~10:40 綱引き予選リーグ 大人の部・子供の部ごとにリーグ内総当たり戦を予定しています
11:45~12:00 玉入れ予選リーグ 大人の部・子供の部ごとにリーグ内総当たり戦を予定しています
12:00~13:00 休憩 メイン会場周辺のお店等でお昼ご飯をどうぞ
13:05~13:35 綱引き決勝トーナメント 大人の部・子供の部ごとにトーナメント方式で実施します
総合優勝、2位、3位チームを決定します
13:40~14:40 玉入れ決勝トーナメント 大人の部・子供の部ごとにトーナメント方式で実施します
総合優勝、2位、3位チームを決定します
14:45~15:00 表彰式 コアパークメインステージにて、表彰・優勝賞品授与

■注意点
・参加条件:心身ともに健康で運動可能な方
・競技に必要な軍手や運動靴、服装は各自準備してください。必要な持ち物は別途ご案内します
・下記の免責事項に同意いただくことが参加の必須条件となります。また、小学生の方が出場する場合には、必ず保護者の方が同伴してください

■免責事項
※免責事項同意書は大会当日の参加費徴収時にご記入いただきます
・「コスギんピック」は、「一綱入魂 大綱引き」「ダンシング玉入れ」ともかなりの運動量があり、また大勢の参加の上で行われます。そのため参加される皆様全員に大会当日に同意書を提出していただきます。これはNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの免責事項を明確にしたものです。よくお読み頂きご理解の上、ご承諾の署名をお願いします。
・参加に際して、身体的に何ら支障や制限の無いことを報告いただいた方のみ「コスギフェスタ:コスギんピック」にご参加いただけます。「コスギフェスタ:コスギんピック」参加中の不慮の事故による怪我が発生した場合は、皆様から徴収した保険料で加入した範囲内(当日配布資料)で補償させていただきます。基本的には自己責任にてお願いします。

【関連リンク】
コスギフェスタ2016 公式サイト
慶應義塾大学 Joint

(過去の「コスギフェスタ」開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催

(実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9):「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10):「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん

Comment(0)

2016年
09月20日

10月21日(金)~23日(日)開催「コスギフェスタ2016」の新企画!オープン参加の地域運動会「コスギんピック」が参加申込受付スタート

【Reporter:はつしも】

10月21日(金)~23日(日)の3日間にわたって「コスギフェスタ2016」が開催されます。
今回は新企画として、幅広い地域住民の皆さんによる地域運動会「コスギんピック」が開催されることとなりました。

「コスギんピック」は、「一綱入魂 大綱引き」と、「ダンシング玉入れ」という2種目で構成され、1チーム10名~15名・最大36チームによる戦いが繰り広げられます。
参加者は完全にオープンな「エントリー制」になっていまして、このたびウェブサイトからのエントリーがスタートしました。



■「コスギんピック」
「コスギんピック」

■「コスギんピック」の開催概要および応募要項
大会日時 2016年10月23日(日)10:00-15:00(受付9:00開始、雨天決行・荒天中止)
会場 武蔵小杉東急スクエア 西側道路(※開催中は歩行者天国になります。)
対象 ●大人の部:中学生以上
子供の部:小学生
その他、下記の注意点および免責事項をご参照ください。
種目 ●一綱入魂 大綱引:大綱を引いて勝敗を決定します。
●ダンシング玉入れ:人気曲にあわせて踊りと玉入れを行います。※各種目の順位に応じたポイントを付与し、2種目合計でのコスギNo.1チームをこどもの部・大人の部それぞれで決定します。
賞品等 優勝チームにはコスギんピックトロフィーを贈呈します。その他、豪華副賞も用意しています!
募集チーム数 ●大人の部:最大24 チーム
子供の部:最大12 チーム
※応募は個人でも可能です。下記の大会参加要領をご参照ください。
大会参加要項 エントリー方法は①チーム参加・②個人参加の2つがあります。以下の説明をご確認ください。
①チーム参加について:8名以上の団体で参加される方
登録人数は8名〜上限はありません。ただし競技は1チーム15名で実施します。16名以上の場合は競技ごとにメンバーの入れ替えをチーム内で行ってください。チームが15名に満たない場合は②の個人参加者からチームメンバーの補填をくじ引きで実施します。

②個人参加について:7名以下の個人または少人数で参加される方
主催者側で①のいずれかのチーム内に編成させていただきます。(個人種目への参加ではありません。)
※最終的なチーム編成は主催者にてくじ引きで決定し、大会本番前にお知らせします。
応募方法 下記のウェブサイトからお申込みください。8名以上は「チームエントリー」、7名以下は「個人エントリー」となります。

チームエントリー】 【個人エントリー

※送信後、数日たっても主催者より返信メールが届かない場合には、お手数ですが小杉駅周辺エリアマネジメント事務局までお問い合わせください。
応募締切 2016年10月9日(日)必着
2016年10月16日(日)に延長されました。
※応募チーム数が上限に達しましたら締め切ります。先着順でのご参加となりますのでお早めにお申し込み下さい。
参加費 1名あたり200円(※スポーツ保険料を含む)
大会当日、受付にて徴収します。お釣りのないように現金をご用意ください。
問い合わせ先 小杉駅周辺エリアマネジメント事務局TEL:044-433-9180 (10時〜17時・日/月/祝休み)
イベントページ http://kosugifesta.com/?page_id=7130

■大会スケジュール
9:00~9:45 チーム・個人受付 コスギんピック会場前 特設本部にて
9:45~10:00 待機場所集合 チーム点呼を行います
10:00~10:40 綱引き予選リーグ 大人の部・子供の部ごとにリーグ内総当たり戦を予定しています
11:45~12:00 玉入れ予選リーグ
12:00~13:00 休憩 メイン会場周辺のお店等でお昼ご飯をどうぞ
13:05~13:35 綱引き決勝トーナメント 大人の部・子供の部ごとにトーナメント方式で実施します
総合優勝、2位、3位チームを決定します
13:40~14:40 玉入れ決勝トーナメント
14:45~15:00 表彰式 コアパークメインステージにて、表彰・優勝賞品授与

■注意点
・参加条件:心身ともに健康で運動可能な方
・競技に必要な軍手や運動靴、服装は各自準備してください。必要な持ち物は別途ご案内します
・下記の免責事項に同意いただくことが参加の必須条件となります。また、小学生の方が出場する場合には、必ず保護者の方が同伴してください

■免責事項
※免責事項同意書は大会当日の参加費徴収時にご記入いただきます
・「コスギんピック」は、「一綱入魂 大綱引き」「ダンシング玉入れ」ともかなりの運動量があり、また大勢の参加の上で行われます。そのため参加される皆様全員に大会当日に同意書を提出していただきます。これはNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの免責事項を明確にしたものです。よくお読み頂きご理解の上、ご承諾の署名をお願いします。
・参加に際して、身体的に何ら支障や制限の無いことを報告いただいた方のみ「コスギフェスタ:コスギんピック」にご参加いただけます。「コスギフェスタ:コスギんピック」参加中の不慮の事故による怪我が発生した場合は、皆様から徴収した保険料で加入した範囲内(当日配布資料)で補償させていただきます。基本的には自己責任にてお願いします。



「コスギフェスタ」は、2011年に武蔵小杉再開発地区を中心にスタートした秋の祭典です。

ハロウィンイベントを軸としながらも毎年さまざまな新企画が生まれ、昨年「2015」は前夜祭「武蔵小杉カレーEXPO」、本祭2日間では首都圏初開催となった「いす-1GP」なども盛り込み、3日間で10万人が集まる地域最大規模のイベントにまで成長してきました。

今年の「2016」も、前夜祭を含む3日間の開催が決定しており、「トリックオアトリートスタンプラリー」「ハロウィン仮装パレード」「武蔵小杉カレーEXPO」など多くの定番イベントは引き続き健在です。
そして、昨年の「いす-1GP」にかわって参加型の新企画として加わるのが、今回ご紹介する地域大運動会「コスギんピック」です。

■会場となる武蔵小杉東急スクエア西側道路
会場となる武蔵小杉東急スクエア西側道路
※写真は昨年の「いす-1GP」のものです。

「コスギんピック」は、スポーツによる地域活性化・コミュニティ醸成に取り組む、慶應義塾大学の学生グループ「Joint」が立案し、NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントの「コスギフェスタ実行ワーキング・グループ」が共同で企画・運営を行います。

会場は昨年「いす-1GP」が開催された、武蔵小杉東急スクエアの西側道路を歩行者天国にして開催します。

開催概要にある通り、老若男女、どなたでも参加ができる地域運動会が駅前公道上で開催されるという、かつてないイベントになります。

■一綱入魂 大綱引き(イメージ)
一綱入魂 大綱引き

種目は「一綱入魂 大綱引き」と、「ダンシング玉入れ」という、運動会ではポピュラーな2種目です。

ダンシング玉入れは、音楽がかかる「ダンシングタイム」と、「玉入れタイム」を切り替えながら競技を行うもので、観客側からも大いに楽しめます。

「チーム参加」は8名以上ですが、1~7名での「個人参加」でも主催者側がチーム編成をしてくれますので、安心して参加ができます。
優勝トロフィーと豪華賞品も用意されていますので、2種目総合での上位入賞をめざすことになります。

この機会に、大人も子どもも駅前で体を動かしてみてはいかがでしょうか?
現在、地域各地から参加希望の声が上がっているとのことですので、我こそはと思う方は、前掲のエントリーページからお手続きください。

■「コスギんピック」立案、慶應義塾大学「Joint」代表の大和田樹さんインタビューは明日掲載!
慶應義塾大学「Joint」代表の大和田樹さんインタビューは明日掲載!

また、本サイトでは、本イベントの立案を行った慶應義塾大学の学生グループ「Joint」代表の方にインタビューも行っております。

このスペシャルインタビュー2016/9/21エントリに掲載しておりますので、こちらも是非お読みいただけましたら幸いです。

【関連リンク】
コスギフェスタ2016 公式サイト
慶應義塾大学 Joint

(過去の「コスギフェスタ」開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催
(実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9):「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10):「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
2016/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(11):慶應義塾大学「Joint」代表、コスギフェスタ2016の地域運動会「コスギんピック」発起人・大和田樹さん

Comment(0)

2015年
11月18日

「コスギフェスタ2015」の写真集が、公式サイトと「小杉ビジョン」に掲載中

【Reporter:はつしも】

10月23日(金)~25日(日)に開催された「コスギフェスタ2015」の写真集が、公式ウェブサイトおよび「小杉ビジョン」に掲載されています。

■コスギフェスタ2015 公式ウェブサイト
http://kosugifesta.com/
■コスギフェスタ2015 武蔵小杉ライフ撮影分
http://kosugifesta.com/?page_id=6614

コスギフェスタ2015写真集

まず「コスギフェスタ2015」の公式ウェブサイトでは、本サイトも含めた公式カメラマン8人の写真がカメラマン別に掲載されています。
3日間で膨大な写真がありますが、いい表情をされている方が多いですね。

参加されていた方は、自分の写真を探してみるのも良いかもしれません。


そして、武蔵小杉駅前の壁面広告「小杉ビジョン」でも、ウェブサイトに掲載されている写真の一部がスライドショーになっていました。

■「小杉ビジョン」の写真スライドショー「Lady Honkerz」
前夜祭「Lady Honkerz」 

こちらは前夜祭の「タワレコ秋のミュージックフェスタinコアパーク」です。
女性のジャズバンド「Lady Honkerz」ですね。

■メインステージ:本祭1日目フィナーレ
 

■「KSG48」
「KSG48」 

■「住吉高校チアリーディング部LANCERS」
住吉高校チアリーディング部LANCERS 

■「川崎純情小町」
川崎純情小町

このあたりは、本祭1日目、2日目のメインステージですね。

■「仮装を楽しむ皆さん」
仮装を楽しむ皆さん 

仮装を楽しむ皆さん 

仮装を楽しむ皆さん 

仮装を楽しむ皆さん

続いて、実際の投影とは順不同になりますが、仮装を楽しむ皆さんです。

「ふなっしー」らしき着ぐるみは、本物ではなくあくまでコスプレということです。

■「いす-1GP武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」
いす-1GP武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ 

いす-1GP武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ

こちらは「いす-1GP武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」に参加の皆さんです。

■「カードクエスト4」
「カードクエスト4」

これは武蔵小杉の大ジャンケン大会「カードクエスト4」です。
ゲームデザイナーのマリオ改めルイージも参戦しています。

■ふろん太君とカブレラ
ふろん太君とカブレラ 

最後に、ふろん太君とカブレラです。
メイン会場・こすぎコアパークのゲート前で記念撮影したものです。

これらのスライドショーは、本サイトをよくご覧になっている方であればお気づきになったかと思いますが、大半、本サイトが撮影した写真が使われていました。
これは特に本サイトから指定等はしておりませんで、たまたまご担当の方がセレクトされたものです。

そのため本サイトの開催レポートですでにご紹介した写真が多いのですが、上記はスライドショーの全てではなく、ほかにも本サイト以外の写真もいくつか登場します。

スライドショーの登場は30分に1回程度と頻度があまり高くありませんので、見られるかどうかは運しだいになりますけれども、「こすぎコアパーク」にお越しの際は「小杉ビジョン」を見上げてみてください。

概ね11月中くらいまでは、投影されているようです。

■10月23日前夜祭開催中の「小杉ビジョン」
「村上通」 

【関連リンク】
コスギフェスタ2015 特設サイト
武蔵小杉カレーフェスティバル facebookページ
2015/10/20エントリ 今週末開催「コスギフェスタ2015」のデジタルサイネージ・のぼり・ポスターが武蔵小杉の街を席巻
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催

Comment(0)

2015年
11月01日

「コスギフェスタ2015」出店報告:手芸品のチャリティ販売「夢工房」が「瓦礫を活かす森の長城PJ」「Mind-1ニッポンPJ」に合計20万円を寄附

【Reporter:はつしも】

「コスギフェスタ2015」には、住民の皆さんによるチャリティグループ「夢工房@Musashikosugi」が今年も出店をしていました。
「夢工房@Musashikosugi」は2011年9月に有志で発足しまして、手編みのセーターなどさまざまな手芸品をつくり、チャリティー販売を行う活動を継続しています。

■「コスギフェスタ2015」の「夢工房@Musashikosugi」
「コスギフェスタ2015」の「夢工房@Musashikosugi」 

同グループから今回の「コスギフェスタ2015」での活動報告がありましたので、お知らせいたします。

■「夢工房@Musashikosugi」の「コスギフェスタ2015」活動報告
▼売上金額:206,450円
▼寄付先:
・瓦礫を活かす森の長城プロジェクト(10万円)
・Mind-1 ニッポンプロジェクト(10万円)

「夢工房@Musashikosugi」は、これまでは主として「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」に寄附を行ってきました。
同プロジェクトは、青森県から福島県に及ぶ太平洋岸に、ガレキを活用して盛土を築き、その上にシイ・タブ・カシといった土地本来の照葉樹、低木・草花からなる森を育て、巨大津波から命を守る森の防潮堤を築いていくというものです。

■瓦礫を活かす森の長城プロジェクト
http://greatforestwall.com/

今回はそれに加えて、川崎フロンターレの「Mind-1ニッポンプロジェクト」への寄付を行うこととなりました。

■川崎フロンターレ Mind-1ニッポンプロジェクト
http://www.frontale.co.jp/mind1_nippon/

同プロジェクトでは、「支援は、ブームじゃない。」を合言葉に、継続的に東日本大震災復興支援活動を行っています。
武蔵小杉駅前で、フロンターレのユニフォームを着た方が募金活動をしているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか。

■夢工房@Musashikosugiの作品
ネックレス

「夢工房@Musashikosugi」は、一点一点、手作りならではの温かみのある作品が特徴です。
「コスギフェスタ2015」でも2日間で20万円以上を売り上げ、最低限の実費を除いてそのほとんどが寄附に回るのですから、意義のある活動をされていると思います。

またメンバーの皆さんも「チャリティー活動」という以前に、手作り作品を作っていくことを楽しんでいらっしゃるということです。
活動の継続性は、そのようなところから生まれてくるのではないでしょうか。

同グループは今後も中原区内のイベントでチャリティ販売をしていく予定ですので、機会があればお知らせしたいと思います。

【関連リンク】
2012/10/19エントリ 「コスギフェスタ2012」出店紹介(1)「夢工房@Musashikosugi」の手芸編み物チャリティー販売
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ
2015/10/25エントリ 「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催

Comment(0)

2015年
10月26日

「コスギフェスタ」「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」「GO!デロリアン走行プロジェクト」古着回収開催レポート/バナナリパブリックに洋服ポストが28日まで設置

【Reporter:はつしも】

「コスギフェスタ2015」本祭1日目の10月24日(土)、同イベントも含めて武蔵小杉では複数の「古着回収」プロジェクトが同時に進行していました。 それぞれ盛況に終わりましたので、レポートさせていただきます。

 ■「コスギフェスタ2015」中原生活環境事業所の出店 「コスギフェスタ2015」中原生活環境事業所の出店

古着回収 

まずこちらは、「コスギフェスタ2015」に出店していた「中原生活環境事業所」による古着回収です。

同事業所では、地域団体による資源回収の補完的な位置づけとして古着類の回収を行っています。
同事業所が回収した古着類は、主に古着として東南アジアなどに輸出し、再利用される仕組みになっています。

■川崎市ウェブサイト 古着類の回収について
http://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/24-1-13-13-0-0-0-0-0-0.html

上記ウェブサイトに記載の通り、中原生活環境事業所では衣替えの時期となる6月頃、11月頃に重点的な回収をしているほか、「コスギフェスタ」など中原区内の大規模イベント等でも回収を行っています。

■集められた古着
集められた古着 

集められた古着 

中原生活環境事業所ではイベントごとの収集量をウェブで公表したりはしていませんが、今回の「コスギフェスタ2015」での回収実施でも、多くの古着が集まりました。

見ると、複数のハロウィンの帽子もあります。
これは汚損等はないものの季節と地域文化を選び、東南アジアで再利用できるかどうかについてはやや微妙な気もいたします。ただ、回収基準を厳しくすればするほど入口での精査が必要となり、持ち込んでくれる人も減少して事業としては機能しにくくなりますね。

ある程度間口を広く受け入れ、のちほど選別するのが事業としてバランスが良いということではないでしょうか。

■リサイクルの流れ
リサイクルの流れ

中原生活環境事業所では、25日にはスケルトンごみ収集車の展示も加わり、リサイクルの仕組みについてもわかりやすい説明が掲示されていました。

資源の有効活用を進めていくためには、継続的な啓発活動が重要かと思います。

■「かわるん」の記念撮影スポットで遊ぶふろん太君とカブレラ
「かわるん」の記念撮影スポットで遊ぶフロン太君とカブレラ

また同事業所では川崎市の3R推進キャラクター「かわるん」の記念撮影スポットも設置していました。
写真はそこで子どもたちと遊ぶ「ふろん太君」と「カブレラ」です。

■川崎市 かわさき3R推進キャラクター かわるんについて
http://www.city.kawasaki.jp/300/page/0000043553.html

川崎市では、地球環境にやさしい持続可能な循環型のまちを目指し、ごみの減量化・資源化の促進に向けて、3R(Reduce:発生・排出抑制/Reuse:再使用/Recycle:再生利用)を基調とした取組を進めています。

中原生活環境事業所では、イベント時以外にも衣替えの進む7月、11月に重点的な古着回収を行っていますので、今回を逃した方も事業所までご相談ください。



■第2回「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」
洋服ポスト武蔵小杉 by nakool 

■洋服ポスト 開設一覧 武蔵小杉 by nakool
http://www.yofukupost.net/network/musashikosugi/
■ナクール オリハシ日記(開催報告)
http://www.nakool.com/2015/10/24/77036

2番目にご紹介するのは、今回で2回目を迎えた「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」です。

「洋服ポスト」は、NPO法人洋服ポストネットワークが運営主体となり、まだ着られるにもかかわらず不要となっている衣類を集め、それらがふたたび活用されるようにする仕組みです。

集まった衣類は古着専門店に売却され、マレーシアでの仕分けを経てアジア約15か国で販売されることになります。
「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」では、売却益の一部(1kgあたり7円)が東日本大震災被災地復興支援を行う「南三陸スマイルアゲインプロジェクト」に寄付されます。

「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」では7月18日に「第1回」を開催し、そこでは192.9kgの古着が集まりました2015/7/26エントリ参照)。
これにより1,350円が「南三陸スマイルアゲインプロジェクト」にすでに寄付されています。

「南三陸スマイルアゲインプロジェクト」は、同店では過去に東北復興支援ライブを開催した劇家・高山広さんも継続的に支援を行っているプロジェクトです。
同プロジェクトでは、これまでに津波で卒業アルバムをなくされた方への復刻版寄贈など、被災地を支援する活動を行っています。

■今回集まった300kg以上の古着
今回集まった300kgの古着 

そして今回「第2回」では、速報値で概算ですが300kg以上の古着が集まりました。
「第1回」を上回る量になりまして、「ナクール」での活動も広がりが出てきたということかと思います。

仮に300kgの場合、2,100円が寄付されることになります。
正式には後日、前掲の洋服ポストのウェブサイトに回収量と寄付金額が掲載される予定です。

■ナクールのショッピングクーポン
ナクールのショッピングクーポン

また、持ち込んだ方には前回同様に「ナクール」のショッピングクーポン1,000円分が贈呈されました。
これでまた、新しい洋服を購入する足しにもなるわけですね。

「ナクール」では、今後も不定期で「洋服ポスト」を設置する予定です。



なお、「洋服ポスト」の回収に行きたかったけれども逃してしまった、という方にはもうひとつお知らせがあります。

10月28日(水)まで、「バナナリパブリック」が洋服ポストを設置しているのです。
武蔵小杉では「グランツリー武蔵小杉」に店舗がありますので、そちらに持ち込むことが可能です。

■「バナナリパブリック グランツリー武蔵小杉店」
「バナナリパブリック グランツリー武蔵小杉店」

■洋服ポスト バナナリパブリック×洋服ポスト、ふたたび
http://www.yofukupost.net/news/835/

「バナナリパブリック」の洋服ポストの寄付先は、NPO法人グリーンバードでした。
グリーンバードは全国各地でボランティアによるごみ拾い活動を行っていまして、川崎市においても「川崎駅チーム」が活動をしています。

同チームはこれまでに、武蔵小杉においても有志によるごみ拾いを行っていました。

■NPO法人グリーンバード ウェブサイト
http://www.greenbird.jp/

■グリーンバードの武蔵小杉周辺での活動
グリーンバードの武蔵小杉駅での活動 

グリーンバードの武蔵小杉駅での活動

 「ナクール」同様、「バナナリパブリック」においてもショッピングクーポンが贈呈されます。
地元でごみ拾い活動をしているグループへの応援にもなりますので、趣旨に賛同される方はこちらに持ち込まれるのも良いでしょう。
持ち込みができる洋服の内容は変わりませんが、点数が10点までと上限が設定されていますので、ご注意ください。



■グランツリー武蔵小杉「GO!デロリアン走行プロジェクト」の回収ボックス
西武・そごう武蔵小杉SHOP前の古着回収箱

そして最後にご紹介するのは、グランツリー武蔵小杉の「GO!デロリアン走行プロジェクト」です。

2015年10月21日、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で、タイムマシンとして活躍する乗用車「デロリアン」が到着した「未来」の日付が到来しました。
これを記念して、全国から不要になった衣類を集めてバイオエタノール燃料にし、10月21日にデロリアンを実際に走行させるというのが本企画の内容でした。

このためにグランツリー武蔵小杉を含む全国各地の商業施設等で古着の回収が行われました。
 
■グランツリー武蔵小杉の「GO!デロリアン走行プロジェクト」
グランツリー武蔵小杉の「GO!デロリアン走行プロジェクト」 

グランツリー武蔵小杉の「デロリアン」

そして10月24日(土)と25日(日)は、「デロリアン」がグランツリー武蔵小杉の1階「AQUA DROP」前に展示されました。
グランツリーでの5,000円のレシートがあればデロリアンに実際に乗車して記念撮影を行うことができるようになっていました。

■フライングスケートボード
フライングスケートボード

デロリアンと一緒に、作中で主人公のマーティが乗っていた、宙に浮くスケートボードも展示されていました。

この両日は「コスギフェスタ2015」と同日ということもあって、グランツリー武蔵小杉はたいへん盛況でした。

なお、「GO!デロリアン走行プロジェクト」は、古着のリサイクルを行う「FUKU-FUKUプロジェクト」とのコラボレーションにより実施されていたものです。

「GO!デロリアン走行プロジェクト」の回収は25日で終了しましたが、「FUKU-FUKUプロジェクト」は継続的に実施されています。
武蔵小杉では「ららテラス武蔵小杉」の「無印良品」で回収をしていますので、そちらに持ち込むことも可能です。



さて、こうしてみると武蔵小杉だけでもさまざまな取り組みがあるのですね。

前回も申しあげたように、何かが唯一の正解ということはありません。また本サイトとしても特定のプロジェクトの推奨を行うものではありません。

本サイトでご紹介したもの以外にも同種のプロジェクトは多数ありますし、取り組み内容をご覧いただいて、お気持ちに沿うものがあれば持ち込みをされるのが良いと思います。

【関連リンク】
2015/10/19エントリ 10月24日(土)、武蔵小杉で古着の再利用プロジェクトが一斉開催。「コスギフェスタ2015」「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」「グランツリー デロリアン走行プロジェクト」

(中原生活環境事業所関連)
2012/3/2エントリ 中原生活環境事業所のごみの分別展示
2012/10/23エントリ 「コスギフェスタ2012」出店紹介(2)スケルトンごみ収集車展示会場で古着回収を実施

(ナクール関連)
ナクール 公式ウェブサイト
2012/1/4エントリ 法政通り商店街・「ナクール(nakool)」の福袋
2012/3/9エントリ 「ナクール(nakool)」のスウェーデンブランド、「Happy Socks」
2012/8/13エントリ 「nakool(ナクール)」で劇家・高山広さんの東北復興支援一人芝居ライブを開催
2013/2/20エントリ 「ナクール(nakool)」で、劇家・高山広さんの東北復興支援一人芝居ライブ「劇励」第2弾を開催
2013/4/9エントリ 高山広さんの東北復興支援一人芝居ライブ「劇励 in nakool」開催報告
2013/11/14エントリ 「ナクール」のスウェーデンブランド「HAPPY SOCKS」新作入荷
2014/1/18エントリ 武蔵小杉周辺のアート活動:「ナクール」アートパフォーマンスと、「Salt」村上ユカ原画展
2015/7/11エントリ 不要な衣類の有効活用。「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」が2015年7月18日(土)に登場
2015/7/26エントリ 「第1回洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」実施レポート

Comment(0)

2015年
10月25日

「コスギフェスタ2015」10月25日(日)本祭2日目開催レポート:武蔵小杉駅前の公道を事務いすが疾走!「いす-1GP」首都圏初開催

【Reporter:はつしも】

本日、「コスギフェスタ2015」最終日となる本祭2日目が開催されました。
3日連続のレポートも最終版ということで、お届けしたいと思います。

■「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」
「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」

まずは順不同になりますが、今回のメイン・イベント「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」から。全23チームが集まり、メインステージで気勢をあげました。

昨日30m短距離の個人戦「ゼロ3」が開催されましたがこれは前哨戦のようなもので、フル規格の「いす-1」は1チーム3人による2時間耐久レースです。

■スタート!
「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」

■公道を封鎖してのレース
公道を封鎖してのレース

公道を封鎖するレース

「いす-1GP」は京都が発祥で、首都圏での開催は「コスギフェスタ」が初となります。
武蔵小杉駅前の公道を封鎖して、事務いすが疾走しました。

■コーナリング
コーナリング

■疲労困憊のピット
疲労困憊のピット

2時間という長いレースの中ではクラッシュもありますし、事務いすも故障したり、疲労の極致に達してピットインや選手交代が必要になります。
疲労困憊となる中、抜きつ抜かれつの熱いレースが繰り広げられました。

■2時間完走のチェッカーフラッグ
2時間完走のチェッカーフラッグ

そして過酷な2時間を完走!
チェッカーフラッグが宙を踊ります。

■「いす-1」表彰式
「いす-1」表彰式

そしてコスギフェスタカップを制したのは、コース113周を回った「座ろう'S」です。
同チームにはお米90kgが賞品として贈られました。

2位は「チーム山田荘」(110周)、3位は「EXC武蔵小杉」(107周)です。
さすがにお米はお持ち帰りではなく、目録です。

■いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ開催結果(全23チームの順位とレコード)
順位 チーム名 出身地 周回数
1 座ろう'S 埼玉県 113
2 チーム山田荘 茨城県取手市 110
3 EXC武蔵小杉 川秋市中原区 107
4 走れ☆大捜査線 川崎市中原区 106
5 ジャスティス(ゴミカス) 神奈川県三浦郡 103
6 はなちゃん 川崎市中原区 101
7 チームステーションフォレストタワー 川崎市中原区 99
8 チーム中原消防団(くま) 川崎市中原区 98
9 KHK 神奈川県三浦市 94
10 理科大OB 埼玉県新座市 92
11 キャノンボールクルージングカークラブ 神奈川県藤沢市 92
12 澤口JAPAN 川崎市高津区 92
13 オタヴォクロ連合 神奈川県相模原市 84
14 チーム中原消防団(ぞう) 川崎市中原区 84
15 FCヲテモト1 東京都北区 83
16 スマートアタッチ 神奈川県横浜市 82
17 AGホールディングス 神奈川県相模原市 78
18 FCヲテモト2 横浜市南区 77
19 事務椅子を愛する会 神奈川県茅ケ崎市 70
20 何でも挑戦隊! 東京都練馬区 57
21 にんにく野菜ましまし 川崎市中原区 54
22 うおたーず 東京都調布市 49
23 はまれぽ.com 横浜市中区 47


23チーム全体を見渡しますと、100周前後が激戦になっていました。
川崎市だけでなく、神奈川県内を中心に広範囲からの参戦があり、2位の「チーム山田荘」は、茨城県取手市からやってきました。

■上位3チームとプレゼンターの皆さんでの記念撮影
記念撮影 

■参加チームの皆さんで記念撮影
記念撮影

記念撮影

■中原消防団の皆さん
中原消防団の皆さん 

終了後、「いす-1GP」の上位3位入賞チームと、プレゼンターの皆さんで記念撮影です。
またほかのチームの皆さんも集まって記念撮影が行われました。

みなさん、レースを終えて体力も尽きたところですが、たいへん明るい表情が印象的でした。競い合った各チーム同士の交流もあり、充実された一日となったようです。

なお、今回は地元チームの中に中原消防団の皆さんが2チーム参加していまして、8位、14位と健闘されました。

■「カードクエスト4」
「カードクエスト4」

「カードクエスト4」

カードクエストで対戦

「いす-1グランプリ」と同じ会場で開催されたのが、武蔵小杉ジャンケン王決定戦「カードクエスト」の予選大会です。
約150名の子どもたちが参加して公道でジャンケンをし続けるという、こちらもユニークな光景が見られました。

昨年の「カードクエスト3」ではボランティア参加や商店街のクーポン購入でもらえる「ボーナスカード」がありましたが、今年はこれがありません。
ゆえに、今年は純粋にジャンケンの強さによる勝負になりました。

■ルイージも参戦
ルイージも参戦

「カードクエスト4」には、ゲームデザイナーである「ルイージ」(昨日24日はマリオ)も参戦しました。

なお、多人数でじゃんけんすると勝者の総取りになりますので、そこでの勝敗がたいへん重要になります。

■「カードクエスト4」表彰式
「カードクエスト4」表彰式

「カードクエスト4」の予選会の上位4名が決勝に進出しまして、メインステージで決勝戦が行われました。

「カードクエスト4」の優勝賞品は、人気ゲーム機「プレイステーション4」でした。
プレゼンターは格闘家・所英男さんとスパイダーマン、そしてふろん太君とカブレラです。

■「ベビーサイン体験会」(24日)
「ベビー&キッズマッサージ体験会」
写真提供:小杉駅周辺エリアマネジメント

「いす-1」「カードクエスト4」会場前にある「小杉こども文化センター」も、あまり知られていませんが昨年から「コスギフェスタ」の会場になっています。

ここでは昨日は「ベビーサイン体験会」、本日は「ベビー&キッズマッサージ体験会」が開催されていました。
写真は「ベビーサイン体験会」のものです。

■「ナイスキッズパーク」
「ナイスキッズパーク」

「ナイスキッズパーク」

またメイン会場から少し離れて、イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店隣の「ナイス住まいの情報館」では、「ナイスキッズパーク」が開催されていました。

バルーンアートや輪投げ・スーパーボールすくいなどのほか、木材に絵を描くオリジナルバッヂづくりも人気でした。
ここは「コスギフェスタ」でなくても、普段から週末にたまにイベントをやっていることがありますね。

■木材でつくるオリジナルバッヂ
木材でつくるオリジナルバッヂ

オリジナルグッズづくりは、どこでもお子さんに人気がありますね。

■メインステージ「アレアファーレかわさき」
メインステージ「アレアファーレかわさき」 

メイン会場のこすぎコアパークでは、もちろん本日も音楽とダンスのステージが展開されています。
午前中が主にダンスパフォーマンス、午後が音楽というプログラムになっていました。

こちらは午前に登場した、「かわさき舞祭」の「アレアファーレかわさき」です。
昨日登場した「KSG48」の先輩格にあたり、さすがの技量でした。

■メインステージ「法政大学第二高等学校吹奏楽部」
メインステージ「法政大学第二高等学校吹奏楽部」

続いて午後の音楽プログラムには、「法政大学第二高等学校吹奏楽部」がトップバッターで登場です。
いつもよく練習していることがうかがえる、明るい音楽でした。

法政大学第二中・高等学校は、2016年4月から男女共学になります。
初年度などは体育系は女子部ができないところもありそうですが、吹奏楽部は女子が入部しやすい部類に入るでしょう。

男子のみで「コスギフェスタ」に出演するのは、おそらく今年が最後になることと思います。

■大西学園吹奏楽部
大西学園吹奏楽部

一方、女子校から共学に先行して変わっているのが大西学園です。
吹奏楽部にも、少数ながら男子生徒の姿も見受けられました。

先日の「なかはら“ゆめ”区民祭」同様、アクションをつけながらの演奏が楽しかったです。

■KDX会場の「カワサキミュージックキャスト」ステージ
KDX会場の「カワサキミュージックキャスト」ステージ

KDX会場の「カワサキミュージックキャスト」ステージ

カワサキミュージックキャスト

そして「KDX会場」においても、2日目の音楽ステージが盛り上がっていました。
25日の当ステージは川崎市で音楽活動を支援する「NPO法人カワサキミュージックキャスト」が企画から運営までを担当しています。

同法人の理事長は音楽イベント「In Unity」の実行委員長をつとめてきた反町充宏さんです。
地元で活躍するミュージシャンを中心に、4組がステージに2回ずつ登場しました。

■「所英男のDr.ストレッチ」の体験
「所英男のDr.ストレッチ」体験

また「KDX会場」では、14時まで「所英男の親子ではじめてキックボクシング!」も開催されていたほか、「所英男のDr.ストレッチ」の体験も行われていました。

■「関東労災病院」健康相談など
「関東労災病院」

■「JR東日本 武蔵小杉駅」
「JR東日本 武蔵小杉駅」

メイン会場の「こすぎコアパーク」には、2日目も多数の出店が並びました。
その中で「関東労災病院」「JR東日本武蔵小杉駅」は、25日のみの出店となりました。
 
「JR東日本武蔵小杉駅」の出店には「よんれつ」「ロボ君」などがまさかの登場…はなりませんでしたが、南武線の記念撮影スポットが登場しました。
駅員さんの制服を着て、ボタンを押して音を出すこともできまして、やはり鉄道は子どもたちの人気のコンテンツでした。

■「ハマの電チャン」
「ハマの電チャン」

JR東日本の出店には、横浜支社のキャラクター「ハマの電チャン」がいました。

「コスギフェスタ2015」にはほかにも多数キャラクターが集まっていましたので、ここでまとめてご紹介しましょう。

■日本郵便「ぽすくま」
日本郵政「ぽすくま」

続いて日本郵便「ぽすくま」です。

■かんぽ生命「ひよこ」
かんぽ生命「ひよこ」 

同じく郵政系、かんぽ生命の学資保険キャラクター「ひよこ」です。
名称はどうも明確に決まっていないようです。

■「ヤクルト君」
ヤクルト君 

もちつき大会にも来てくれた「ヤクルト君」もいました。

■スーモ星人
スーモ星人

「SUUMO武蔵小杉住宅展示場」でおなじみのスーモ星人です。
御年30030歳。来日してから数年経過しまして、そろそろいいお住まいは見つかったでしょうか?

■横浜銀行「はまペン」
横浜銀行「はまペン」

こちらは横浜銀行「はまペン」です。
武蔵小杉駅北口に横浜銀行の支店がありましたね。

■「ふろん太君」と「カブレラ」
ふろん太くんとカブレラ

そして大トリは、川崎フロンターレのマスコットキャラクター・「ふろん太君」と「カブレラ」です。

昨日24日は川崎フロンターレ×横浜マリノス戦がありましたのでこちらには来られませんでしたが、今日は二人そろってプレゼンターなどをつとめに来てくれました。

■子どもたちと遊ぶふろん太君とカブレラ
子どもたちと遊ぶふろん太君とカブレラ

子どもたちと遊ぶ、ふろん太君とカブレラです。
とても楽しそうでした。

このような風景を見ると、彼らが愛されている理由もわかります。

各種キャラクター探しも、「コスギフェスタ」の楽しみ方のひとつかもしれません。



たいへん駆け足になりましたが、イベントレポートは以上です。
3日間とも天候が崩れることなく、たいへん盛況に終わったのではないでしょうか。

3日間でまだまだご紹介しきれていない企画がたくさんありまして、「コスギフェスタ」は本当に年々進化を続けています。

特に今年は「前夜祭」の開催、その中での「武蔵小杉カレーフェスティバル」、商業施設や東急電鉄も巻き込んだ「コスギおいしい街歩きブック」の作成、「いす-1GP」など、新企画が盛りだくさんとなりました。

新しいことを各方面と調整しながら形にしていくのは、本当に大変なものです。
また「カードクエスト」の専用会場確保や「トリックオアトリートスタンプラリー」の2コース化など、昨年課題として残った部分を反映している点も目に留まりました。

また来年にも期待したいですし、「コスギフェスタ」に限らず「武蔵小杉発」の新しいものが生まれていくと良いと思います。

完全なものはありませんし、当然課題もさまざまあるはずですけれども、ここまでボランティアでイベントをつくりあげた「コスギフェスタ実行ワーキング・グループ」の皆さんにはひとこと、おつかれさまでした、と申し上げたいと思います。

■賑わうメイン会場「こすぎコアパーク」
賑わうメイン会場

※本サイトは「コスギフェスタ2015」の公式カメラマンとして撮影を行っており、本イベントの広報の一環として写真掲載しております。

【関連リンク】
コスギフェスタ2015 特設サイト
武蔵小杉カレーフェスティバル facebookページ

(開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート

(実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9)「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10)「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
 
(コスギフェスタ2015告知)
2015/9/1エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭10月23日(金)、本祭24日(土)・25日(日)開催、首都圏初開催「いす-1GP」、「武蔵小杉カレーフェスティバル」登場
2015/9/8エントリ 10月24日(土)25日(日)首都圏初開催!「いす1グランプリ武蔵小杉大会コスギフェスタカップ」の参加登録受付開始
2015/9/23エントリ 10月23日(金)~25日(日)開催「コスギフェスタ2015」詳細プログラム発表、10月1日より「コスギおいしい街歩きブック」クーポン利用開始
2015/9/25エントリ 「コスギフェスタ2015」の恒例企画「トリックオアトリートスタンプラリー」の事前申込が10月3日(土)開始、今回は2コースに分かれ混雑緩和
2015/10/1エントリ 「コスギフェスタ2015」新企画「コスギおいしい街歩きブック」「武蔵小杉カレーフェスティバル」合冊ガイド配布開始、本日より「街歩き」クーポン期間スタート
2015/10/3エントリ 「コスギフェスタ2015」恒例企画「カードクエスト4」はじゃんけん大会!事前申込が本日10月3日(土)開始
2015/10/5エントリ 「コスギフェスタ2015」要事前申込企画まとめ:「スタンプラリー」は今週完売濃厚、「いす-1GP」参加費が当初告知半額以下の5,000円に
2015/10/7エントリ 「コスギフェスタ2015」を一緒につくろう!ボランティアスタッフを10月15日まで募集中
2015/10/14エントリ 「コスギフェスタ2015」共同企画「武蔵小杉カレースタンプラリー」本日10月14日スタート、全店舗でハーフメニューを提供中
2015/10/16エントリ まだ間に合う!「コスギフェスタ2015」事前申込:「スタンプラリー」「カードクエスト」「いす-1」「コスギ教育No.1プロジェクト」
2015/10/18エントリ 「コスギフェスタ2015」で始動「コスギ教育No.1プロジェクト」による、中学・大学入試、投資教育セミナー
2015/10/19エントリ 10月24日(土)、武蔵小杉で古着の再利用プロジェクトが一斉開催。「コスギフェスタ2015」「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」「グランツリー デロリアン走行プロジェクト」
2015/10/20エントリ 今週末開催「コスギフェスタ2015」のデジタルサイネージ・のぼり・ポスターが武蔵小杉の街を席巻
2015/10/21エントリ 「コスギフェスタ2015」で「+Care Project」がハンド整体・肌湿度測定・バランスディスクなどを実施
2015/11/22エントリ 「コスギフェスタ2015」明日10月23日(金)開幕!前夜祭企画「タワレコ秋のミュージックフェスタinコアパーク」「武蔵小杉カレーEXPO」プログラムをご紹介
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ
2015/10/24エントリ 「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ

Comment(1)

2015年
10月24日

「コスギフェスタ2015」10月24日(土)本祭1日目開催レポート/25日(日)本祭2日目の見所まとめ

【Reporter:はつしも】

本日、「コスギフェスタ2015」の本祭1日目が開催されました。
毎年恒例となってまいりましたが、本日の模様をレポートさせていただきます。

■恒例企画「トリックオアトリートスタンプラリー」
恒例企画「トリックオアトリートスタンプラリー」

恒例企画「トリックオアトリートスタンプラリー」

1日目は恒例イベント「トリックオアトリートスタンプラリー」が行われ、保護者を含めると3,000人を超える方が参加されたのではないかと思います。

それもあって、本日は「コスギフェスタ2015」会場となった武蔵小杉再開発地区全体を、多くの方が回遊しました。

■今回より初参加「プラウドタワー武蔵小杉」のラリーポイント
今回より初参加「プラウドタワー武蔵小杉」のラリーポイント

今回新たにラリーポイントに加わったのが、小杉町3丁目中央地区第一種市街地再開発事業によって建設された「プラウドタワー武蔵小杉」です。

ラリーポイントの中では、「コスギフェスタ」会場よりも西側にやや離れた位置にあります。
将来的には武蔵小杉東急スクエアとプラウドタワーの間に「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」による再開発ビルが建設され、イベント開催が可能な広場も整備されます。

そうなると、西側市街地全体に連続性・回遊性を持たせたイベント企画も可能になるのではないでしょうか。

■ハロウィン仮装コンテスト
ハロウィン仮装コンテスト

スタンプラリーに続いて、「ハロウィン仮装コンテスト」です。
折しも「スター・ウォーズ」の新作公開のタイミングでしたので、同作品の仮装をした方も多く見受けられました。

「魔女の宅急便」のキキも、人気でしたね。

■仮装パレード
仮装パレード

仮装パレード

多摩川マリコ連

仮装コンテストに続くのは、武蔵小杉駅周辺を一周する「仮装パレード」です。

こちらも多くの参加者が集まりました。
 パレードの後ろには、阿波踊りの多摩川マリコ連も控えていました。
 
■「コスギフェスタ2015」メイン会場「こすぎコアパーク」
「コスギフェスタ2015」メイン会場「こすぎコアパーク」

「コスギフェスタ2015」メイン会場「こすぎコアパーク」

そして今回のメイン会場、「こすぎコアパーク」です。
地元店舗・地域団体・中原警察署など行政組織など、多数の出店が並ぶ中、メインステージでは熱いパフォーマンスが繰り広げられました。

■立ち並ぶ出店
立ち並ぶ出店

■「おかし工房 しいの実」
おかし工房 しいの実

■「エルカイロプラクティック」
エルカイロプラクティック

■「+Care Project」
プラスケアプロジェクト

多数の出店の中で、24日のみ登場したのは「おかし工房しいの実」「エルカイロプラクティック」「中原消防署」「+Care Project」でした。

「+Care Project」では、「こすぎ美人教室」の告知を持ったスタッフの方と、なぜかカレーの王子様が迎えてくれました。

■「+CareProject」ウェブサイト こすぎ美人教室
http://kosugipluscare.jimdo.com/event/こすぎ美人教室/

「こすぎ美人教室」については、上記をご参照ください。

■「+Care Project」のハンド整体
+Care Project

■「+Care Project」のバランスボード
+Care Projetc」のバランスボード

こちらは、「+Care Project」の新企画「ハンド整体」と「バランスボード」です。
30秒以上この上でバランスを保てればバランス感覚と体幹の筋力がたいへん素晴らしいといえるのだそうですが、実際にやってみるとかなり難しいです。

■「病気になっても安心して暮らせるまち」って?アンケート
「病気になっても安心して暮らせるまち」って?アンケート」 

また、「+Care Project」では、「病気になっても安心して暮らせるまち」について自由なイメージを皆さんに書いてもらうアンケートを実施していました。

様々なご意見が寄せられましたが、その中でも
▼地域の信頼やつながり
▼信頼できる病院や医師が身近にあること
などが多かったように思います。

■「ニッポン商店街」
ニッポン商店街

こちらは初出店の「ニッポン商店街」です。
京都をベースに活動する「移動型商店街」で、全国各地の逸品を集めて全国を回っています。

同じく京都発祥の「いす-1GP」とはコラボでイベントをしていることが多いようで、今回の「コスギフェスタ2015」出店も「いす-1GP」つながりかと思います。

■「ニッポン商店街」に出店、瀬戸内のハンドドリップコーヒー
「ニッポン商店街」に出店、瀬戸内のハンドドリップコーヒー

「ニッポン商店街」では、瀬戸内地方から「GoodDayCoffee」のハンドドリップコーヒーが出店していました。
にぎやかなイベント会場の中で、ほっと一息のコーヒーも良いですね。

■交通規制による飲食スペース
交通規制による飲食スペース

昨年の「コスギフェスタ2014」は、メイン会場前の道路が交通規制がない状態において、実質的に歩行者天国になっていました。
今回は中原警察署の協力のもと交通規制をかけ、武蔵小杉東急スクエア前を「いす-1」「カードクエスト」の会場とし、こすぎコアパーク前の一帯を飲食スペースにしました。

■「川崎キッズチアリーディングクラブバンビーズ」
バンビーズ
写真提供:小杉駅周辺エリアマネジメント

■「住吉高校チアリーでイング部ランサーズ」
ランサーズ 
写真提供:小杉駅周辺エリアマネジメント

一方、こすぎコアパークのメインステージに午前中に登場していたのは、「住吉高校チアリーディング部ランサーズ」と、「友石竜也 ソウルキャンプアカデミー」です。

バンビーズ・ランサーズは、毎年全国区でたいへん優秀な成績をおさめています。

バンビーズは、ジャパンカップ2014小4~中3で優勝、ランサーズは2015の高校部門で10位。
住吉高校は私立校が並ぶ中で公立高校として毎年全国上位の成績を収めています。

「コスギフェスタ」では毎年限定されたスペース内ではありますが、両チームとも非常に精度の高い演技を見せてくれました。

■「友石竜也ミュージカル ソウルキャンプアカデミー」
■「友石竜也ミュージカル ソウルキャンプアカデミー」

「友石竜也ミュージカル ソウルキャンプアカデミー」
 
続いてこすぎコアパークのメインステージにお昼前に登場していたのは、「友石竜也 ソウルキャンプアカデミー」です。

友石竜也さんは、かつて劇団四季で「ライオンキング」のシンバ役をつとめられ、現在はミュージカル教室「ソウルキャンプアカデミー」を主宰しています。
武蔵小杉が地元ということで、これまでにも地域イベントに出演をされていました。

「コスギフェスタ」には2年ぶりの出演です。
友石さんはもちろん、「ライオンキング」の楽曲を歌った小学生の歌唱力も確かなものでした。

■「いす-1GP」個人戦「ゼロ3」
「いす-1GP」個人戦「ゼロ3」

「いす-1GP」個人戦「ゼロ3」
 写真提供:小杉駅周辺エリアマネジメント

そして「コスギフェスタ2015」の目玉、明日の「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」の前哨戦として開催されたのが本日の「ゼロ3」です。

「いす-1」は事前登録が必要、3名チームによる2時間耐久レースです。
一方「ゼロ3」は30m短距離の個人戦であり、道具貸出による当日参加も可能でした。

30mであれば、日ごろ鍛えていなくてもとりあえず完走はできたかと思います。

■「ゼロ3」表彰式
「ゼロ3」表彰式

続いて「ゼロ3」の熱い戦いを制した、上位3位の方の表彰式が行われました。30mを7秒台で走った猛者の方々です。
プレゼンターは川崎の地元密着アイドル「川崎純情小町」、優勝したのは武蔵小杉駅前の「健康堂整骨院」の方でした。
 
短距離個人戦でも大いに盛り上がっていましたし、明日の「いす-1」が楽しみです。

■「川崎純情小町」のステージ
「川崎純情小町」のステージ

「川崎純情小町」は、プレゼンターだけでなく勿論音楽ステージにも登場しました。
「好きですかわさき愛の街」をアイドルソング調にリミックスした楽曲などで会場を沸かせました。

同グループは、イベントごとに熱心なファンの方が集まっています。

■マンション企画「SFTキッザニア」
マンション企画「SFTキッザニア」
 写真提供:小杉駅周辺エリアマネジメント

また本日のみの企画で忘れてはいけないのが、各マンションによる企画です。
「SFTキッザニア」では、子どもたちの運営するお店が賑わっていました。

■グランドウイングタワーの「飛び出す写真を撮ろう!」
グランドウイングタワーの「思い出のフォトブース」

そしてこちらは新登場、パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワーのマンション企画「飛び出す写真を撮ろう!」です。パンフレットの告知から、やや企画が変更されたようです。

ここで専用のタブレットで写真を撮ってもらうと、手前に3Dのジャックオーランタンが出現します。

■「KDX会場」のステージ「中原中学校吹奏楽部&上丸子小学校音楽クラブ」
■「KDX会場」のステージ「中原中学校吹奏楽部&上丸子小学校音楽クラブ」

■橘高等学校書道部
橘高等学校書道部

■「郷愁」
橘高等学校書道部

■「遊蝶花」
「遊蝶花」

また、メイン会場とは反対側、KDX武蔵小杉ビルの「KDX会場」でも、音楽とダンスのステージが設置されていました。

写真は昨年初登場してご紹介できなかった、「橘高等学校書道部」による書道パフォーマンスです。

披露された作品は2つで、「郷愁」と「遊蝶花」です。
「遊蝶花」とはパンジーのことだそうで、地元にふさわしいテーマとして選ばれました。

「この街に新しい花を咲かせよう この街の誇れるものを伝えながら」

「コスギフェスタ」にふさわしいメッセージを込めた迫力ある文字に、注目が集まりました。

■「アルバムカフェ×魔法のチョーク キットパス」
「アルバムカフェ」「魔法のチョーク キットパス」
 写真提供:小杉駅周辺エリアマネジメント

■「おりがみでハロウィン」
「おりがみでハロウィン」

「KDX会場」も、ステージだけではありません。
お子さん向けの企画として「アルバムカフェ×魔法のチョーク キットパス」、「おりがみでハロウィン」も人気でした。

実際にかぶれるハロウィンの帽子が完成して、皆さん嬉しそうでした。

■仮装した皆さん
仮装した皆さん 

仮装した皆さん 

■コスプレのふなっしー
コスプレのふなっしー

「コスギフェスタ」は、当初は子どもたちの仮装が多かったのですが、年々大人の皆さんも仮装を楽しまれるようになりました。
ふなっしーは「コスプレ中」ということで、本物ではなくあくまでもコスプレですね。

皆さんお祭りの中で、非日常を満喫されていたかと思います。

■1日目のフィナーレ「KSG48」
1日目のフィナーレ「KSG48」

1日目の最後のプログラムは「コスギフェスタ」で誕生して活動を続けてきたダンスチーム「KSG48」です。
曲目も増え、ダンス自体もかなり上達しました。イベントと共に、成長してきたチームと言えるでしょう。

■「Tonight」


フィナーレで登場したのは、コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループの山中座長です。
「ウエスト・サイド物語」からのデュエット曲「Tonight」です。

お二人ともボイストレーニングを重ねてきただけあって、声が良く通って良かったです。



さて、24日(土)の本祭1日目のレポートは以上です。
それでは、明日25日(日)の本祭2日目の見どころを見ていきましょう。

■「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」
「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」 
※クリックで拡大します。

まずは本日個人戦「ゼロ3」が行われた、「いす-1GP武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」(13時~16時)でしょう。
武蔵小杉東急スクエア前の道路を封鎖して、2時間耐久のレースが開催されます。

今回は中原区内外から23チームがエントリーし、優勝賞品であるお米90kgを争います。
当日参加はできませんが、熱い戦いを観戦することができます。

■お米90kg(表彰式用ボード)
お米90kg(表彰式用ボード)

■「カードクエスト4」
「カードクエスト4」

そして同じ会場で午前中10時~11時には、専用カードを使った大じゃんけん大会「カードクエスト4」が開催されます。

こちらは事前申し込みをした方のみで、当日参加はできません。

■所英男にパンチ!親子ではじめてキックボクシング
カードクエストご協力「闘うフリーター」所英男さん
※写真はコスギフェスタ2012のものです。

また25日のみの企画として、「所英男にパンチ!親子ではじめてキックボクシング」が開催されます。
場所は「KDX会場」です。

キックボクシングの体験コーナーで、もちろん武蔵小杉在住の格闘家・所英男さんも登場します。

■メイン会場付近エリアマップ
メイン会場付近エリアマップ 
※クリックで拡大します。

メイン会場の「こすぎコアパーク」には、引き続き多数の出店が並びます。
その中でも「関東労災病院」「JR東日本武蔵小杉駅」は、25日のみの出店となりますので、本日から連続参加の方はチェックしてみてください。

 
あくまでも個人的な予想ですが、明日25日は「トリックオアトリートスタンプラリー」やマンション企画がないため、「こすぎコアパーク」以外は24日ほどは混雑しないのではないかと思っています。

メイン会場の「こすぎコアパーク」、東口の「KDX会場」を中心にイベントが進行しますので、コンパクトに楽しめます。

前夜祭や1日目からの方も、2日目から来場の方も、それぞれに関心のある企画に参加してみてはいかがでしょうか。

■10月25日(日)イベントマップ
10月25日(日)イベントマップ

■10月25日(日)イベントスケジュール
10月25日(日)イベントスケジュール

(25日(日)HTML版)
メインステージKDXステージ
9:45 開会宣言
10:00 こすぎ舞祭
アレアファーレかわさき
舞祭チーム
10:15 カワサキミュージック
キャスト あいさつ
10:30 岡田 茜
10:45
11:00
11:15 スタジオD2 伊藤 さくら
11:30
11:45  当日発表!
12:00 カワサキアリス
12:15
12:30 カードクエスト4
決勝・表彰式
武村 麻実
12:45
13:00 首都圏初開催
事務いすレース いす-1 GP
開催宣言
13:15 岡田 茜
13:30 法政大学第ニ高等学校 吹奏楽部
13:45 伊藤 さくら
 14:00
 14:15 川崎市立玉川中学校 吹奏楽部
14:30 当日発表!
14:45
15:00 大西学園高等学校 吹奏楽部
15:15 武村 麻実
15:30  いす-1 GP 表彰式
15:45
16:00
16:15
16:30
16:45
17:00

※本サイトは「コスギフェスタ2015」の公式カメラマンとして撮影を行っており、本イベントの広報の一環として写真掲載しております。

【関連リンク】
コスギフェスタ2015 特設サイト
武蔵小杉カレーフェスティバル facebookページ

(開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート

(実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9)「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10)「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
 
(コスギフェスタ2015告知)
2015/9/1エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭10月23日(金)、本祭24日(土)・25日(日)開催、首都圏初開催「いす-1GP」、「武蔵小杉カレーフェスティバル」登場
2015/9/8エントリ 10月24日(土)25日(日)首都圏初開催!「いす1グランプリ武蔵小杉大会コスギフェスタカップ」の参加登録受付開始
2015/9/23エントリ 10月23日(金)~25日(日)開催「コスギフェスタ2015」詳細プログラム発表、10月1日より「コスギおいしい街歩きブック」クーポン利用開始
2015/9/25エントリ 「コスギフェスタ2015」の恒例企画「トリックオアトリートスタンプラリー」の事前申込が10月3日(土)開始、今回は2コースに分かれ混雑緩和
2015/10/1エントリ 「コスギフェスタ2015」新企画「コスギおいしい街歩きブック」「武蔵小杉カレーフェスティバル」合冊ガイド配布開始、本日より「街歩き」クーポン期間スタート
2015/10/3エントリ 「コスギフェスタ2015」恒例企画「カードクエスト4」はじゃんけん大会!事前申込が本日10月3日(土)開始
2015/10/5エントリ 「コスギフェスタ2015」要事前申込企画まとめ:「スタンプラリー」は今週完売濃厚、「いす-1GP」参加費が当初告知半額以下の5,000円に
2015/10/7エントリ 「コスギフェスタ2015」を一緒につくろう!ボランティアスタッフを10月15日まで募集中
2015/10/14エントリ 「コスギフェスタ2015」共同企画「武蔵小杉カレースタンプラリー」本日10月14日スタート、全店舗でハーフメニューを提供中
2015/10/16エントリ まだ間に合う!「コスギフェスタ2015」事前申込:「スタンプラリー」「カードクエスト」「いす-1」「コスギ教育No.1プロジェクト」
2015/10/18エントリ 「コスギフェスタ2015」で始動「コスギ教育No.1プロジェクト」による、中学・大学入試、投資教育セミナー
2015/10/19エントリ 10月24日(土)、武蔵小杉で古着の再利用プロジェクトが一斉開催。「コスギフェスタ2015」「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」「グランツリー デロリアン走行プロジェクト」
2015/10/20エントリ 今週末開催「コスギフェスタ2015」のデジタルサイネージ・のぼり・ポスターが武蔵小杉の街を席巻
2015/10/21エントリ 「コスギフェスタ2015」で「+Care Project」がハンド整体・肌湿度測定・バランスディスクなどを実施
2015/11/22エントリ 「コスギフェスタ2015」明日10月23日(金)開幕!前夜祭企画「タワレコ秋のミュージックフェスタinコアパーク」「武蔵小杉カレーEXPO」プログラムをご紹介
2015/11/23エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ

Comment(1)

2015年
10月23日

「コスギフェスタ2015」前夜祭「タワレコ秋のミュージックフェスタ」「武蔵小杉カレーEXPO」開催レポート/24日(土)本祭1日目の見所まとめ

【Reporter:はつしも】

本日10月23日(金)、「コスギフェスタ2015」の前夜祭が開催されました。

「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタ in コアパーク」には6組のアーティストが登場しました。
これに加えて「武蔵小杉カレーEXPO」には武蔵小杉周辺のカレー店7店舗が集まり、多くの方がお好みのカレーを買い求めました。

■「コスギフェスタ2015」前夜祭が開催されたこすぎコアパーク
「コスギフェスタ2015」前夜祭が開催されたこすぎコアパーク

「コスギフェスタ2015」前夜祭が開催されたこすぎコアパーク

前夜祭の開場となったのは、武蔵小杉駅前のこすぎコアパークです。

再開発によって整備されたこのオープンスペースは昨年から「コスギフェスタ」のメイン会場となりまして、今年も前夜祭を含め3日間にわたって活用されます。

■「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタ in コアパーク」
「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタinコアパーク」

こちらは「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタ in コアパーク」のステージです。
その名前の通り、タワーレコード武蔵小杉店がスポンサーとなっています。

■「村上通」
「村上通」

こちらはギターの弾き語り「村上通」です。
先日の「こすぎ夏祭」にも出演されていまして、肌寒くなってきた秋の夜を温めてくれました。

■「Creepy Nuts」
「Creepy Nuts」

こちらは、「Fuji Rock Festival'14」に出演経験もある「Creepy Nuts」です。
ラッパーとMCの二人組で作り出すリズムと独特な歌詞で、会場を大いに盛り上げていました。

ステージ前に男性のお客さんがたくさん集まっていまして、これは同グループの音楽を聴くために集まってきたファンの方たちのようです。

■「Lady Honkerz」
「Lady Honkerz」
 
Lady Honkerz
 
「Lady Honkez」は、女性のジャスバンドです。
MCの方がたいへんよく通る声で、会場全体が明るくなりました。

馴染みのある楽曲が多く、楽しかったです。

■「芽亜利・J」
「芽亜利・J」

「芽亜利・J」

最後に登場したのは、川崎在住のシンガーソングライター「芽亜利・J」です。
川崎市内のイベントに多数出演していまして、武蔵小杉駅前通り商店街の美容室「エスポワール」前でのライブも実施したことがあります。

明るい歌からしっとりしたバラードまで、ピアノの弾き語りによる独特の世界観が武蔵小杉駅前の夜を彩りました。

■「武蔵小杉カレーEXPO」の出店
「武蔵小杉カレーEXPO」

■キリンビールのドラフトカー
キリンビールのドラフトカー

そしてこすぎコアパークには、「武蔵小杉カレーEXPO」の参加7店舗の出店が並びました。
キリンビールのドラフトカーも到着し、ビールとカレーを楽しむ方が集まりました。

■カレー4種の食べ比べセット
カレー4種の食べ比べセット

今回のおすすめ、「カレー4種の食べ比べセット」です。
たいへん好評で、限定400食が完売になりました。

「KOSUGI CURRY」や「JAGA」など、2種、3種のセットはよくありますが、4種はあまり見かけません。
これで7店舗中4店舗の味が少量ずつ楽しめ、満足感がありました。

■カレーの投票箱
カレーの投票箱

そして皆さんがカレーを食べたのちに、カレーのイメージにふさわしい投票箱に投票をしました。
この投票に基づいて、表彰式が行われました。

■表彰式
表彰式

受賞したお店は、以下の通りです。

▼『野菜たっぷり!ヘルシーで旨いカレー』
▼『家族で食べたい楽しいカレー』 :JAGA
▼『大人向きの絶品カレー』:100時間カレーB&R
▼『ビールに合う!!濃厚カレー』:新丸子カレー工房パルコ
▼『〝武蔵小杉"っぽいカレー』:KOSUGI URRY
▼『エキゾチック!!本格的なカレー』:New Namaste Himal
▼『クセになる!!個性的なカレー』マヤレストラン

皆さん来年また、チャレンジをしてくれそうでした。
お店に行くと、表彰状が飾ってあるかもしれません。

■皆さんで記念写真
皆さんで記念写真 

■前夜祭を楽しむ皆さん
前夜祭を楽しむ皆さん

「コスギフェスタ」で前夜祭が開催されたのは、今回「2015」が初となります。

今までの「コスギフェスタ」はお子さん向けのイメージが強かったかと思いますが、「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さんのインタビュー(2015/10/12エントリ参照)にもあったように、前夜祭はぐっと大人向けの企画となりました。

また音楽ステージはこれまでも多数実績がありましたが、「武蔵小杉カレーEXPO」は初めての取り組みとなりました。
目標とする「カレーの街・武蔵小杉」の定着までにはまだまだ道のりは長いと思いますが、武蔵小杉外からも含め、たいへん多くの方が来場されました。

やはりカレーは、フード類としては鉄板の人気コンテンツですね。

どんなイベントにも第一歩がありまして、「コスギフェスタ」も再開発地区のマンション内でのイベントを源流として発展をしてきました。
新たに誕生した「武蔵小杉カレーフェスティバル」も、今後地域を盛り上げてくれることを期待したいと思います。

■会場入口
会場入口

■武蔵小杉ライフFacebook版 前夜祭写真集

コスギフェスタ2015前夜祭の写真集です。 武蔵小杉カレーフェスティバルもタワレコステージも盛り上がりました!

Posted by 武蔵小杉ライフ on 2015年10月23日

また武蔵小杉ライフfacebook版に本エントリ未掲載写真が満載の写真集をアップしましたので、こちらもどうぞご覧ください。



さて、明日10月24日(土)も、「コスギフェスタ2015」本祭1日目が開催されます。

まずは定番企画として「トリックオアトリートスタンプラリー」が開催されますので、ハロウィンの仮装をした子供たちが武蔵小杉の街にあふれることでしょう。

■「トリックオアトリートスタンプラリー」
 

今回のスタンプラリーは2コースに分かれ、昨年の混雑を緩和するとともにより多くの参加者を受け入れることになりました。

■ハロウィン仮装コンテスト
 

■ハロウィン仮装パレード



※NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント提供(@motoy さん撮影)

スタンプラリーに続いてハロウィン仮装コンテスト、仮装パレードが開催されます。
当日飛び入りで参加できますので、ぜひ仮装してご来場ください。

■「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」
「いす-1グランプリ武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」 
※クリックで拡大します。

そして10時~12時は、武蔵小杉東急スクエア前の道路を会場として「いす-1GP」の短距離個人戦「ゼロ3」が開催されます。

2時間耐久の「いす-1GP武蔵小杉大会 コスギフェスタカップ」と異なり、こちらは事務いすと防具等備品のレンタルがあり、当日参加も可能です。
30mの短距離走ですので、気軽に参加できるかと思います。

■マンション企画「SFTキッザニア」(ステーションフォレストタワー)
 

■マンション企画「フェイスペインティング」(ミッドスカイタワー)
 

そして24日にしか開催されないのが、各タワーマンションの企画です。

▼ステーションフォレストタワー:「SFTキッザニア」
▼ミッドスカイタワー:「フェイスペインティング」
▼グランドウイングタワー:「思い出のフォトブース」
▼ザ・コスギタワー:「美味しい!楽しい!コスタランド」
▼レジデンス・ザ・武蔵小杉:「缶バッジ」

今回新登場となる「パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー」では、チェキで撮影した写真にデコレーションができる「思い出のフォトブース」が開催されます。

「ザ・コスギタワー」では、飲食出店のほか、「ボーネルンド」の遊具で遊べるコーナーも登場する予定です。

同じく24日のみ開催の「トリックオアトリートスタンプラリー」を回りながら、これらのマンション企画を回っていくと良いかもしれません。

他にもたくさんのみどころがありますので、「コスギフェスタ2015」1日目をどうぞお楽しみくださいませ。

■24日(土)イベントスケジュール(HTML版)
メインステージKDXステージ
9:30 開会宣言
9:45 フィーストミュージック武蔵小杉校
10:00 ママブラスLARGO
10:15 川崎キッズチアリーディングクラブ・バンビーズ
10:30 住吉高校チアリーディング部ランサーズ なかはらパンジー隊
10:45 ダンススクールANGELO
11:00 友石竜也ミュージカル ソウルキャンプアカデミー
11:15
11:30 パパママ♡ふれんずハンドベルタヒチアンダンス Heremiti 夜弓神楽狐之灯矢
11:45
12:00 あいさつ ヒューマンアカデミー川崎校・横浜校
12:15 ハロウィン仮装コンテスト
12:30
12:45
13:00 ゼロ3表彰式
13:15 川崎純情小町☆ 多摩川マリコ連
13:30
13:45 下沼部小学校
 14:00 しばあみ
 14:15 中原中学校吹奏楽部&上丸子小学校・音楽クラブ
14:30
14:45 東京ギャラクシー・ジャズオーケストラ 橘高等学校書道部
15:00
15:15
15:30 KANS
15:45
16:00
16:15 ゴスペルグループ Puel Choir
16:30 初日フィナーレ
アレアファーレかわさき
KSG48
16:45
17:00

Comment(1)

2015年
10月22日

「コスギフェスタ2015」明日10月23日(金)開幕!前夜祭企画「タワレコ秋のミュージックフェスタinコアパーク」「武蔵小杉カレーEXPO」プログラムをご紹介

【Reporter:はつしも】

明日10月23日(金)は、武蔵小杉駅前のこすぎコアパークにおいて「コスギフェスタ2015」の前夜祭が開催されます。

前夜祭は「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタ in コアパーク」と、「武蔵小杉カレーEXPO」の2大企画で構成され、さまざまな音楽とカレーが武蔵小杉に集結します。

■「タワレコ秋まつりミュージックフェスタinコアパーク」
タワレコ秋祭りミュージックフェスタinコアパーク

■「タワレコ秋まつりミュージックフェスタinコアパーク」のプログラム
17:00~ 夜弓神楽狐之灯矢
夜弓神楽狐之灯矢
とある稲荷の神使として平安時代からやってきた狐の歌舞アーティスト。音楽やパフォーマンスを通じて日本文化を国内外へ発信している。2015年4月1日には1stアルバム「夜神灯-Yagami-」を全国発売。
http://tukuyomikagurakonotouya.com/
17:30~ 川崎純情小町☆
川崎純情小町☆
川崎市の地域活性化プロジェクトとして2011年10月に結成されたご当地アイドルグループ。メンバーはそれぞれ担当区を持ち、動画やブログでのPR活動に加え、企業訪問や介護ボランティア、チャリティ活動、3R推進活動など川崎の魅力を全国・世界に伝えるため様々な活動を展開している。地域貢献活動を精力的に行っているだけでなく、ファンを巻き込んだライブパフォーマンスや楽曲にも定評がある。
http://kjk-official.com/
18:10~ 村上通
村上通 
シンガーソングライター。宮城県仙台市出身。 2000年より都内近郊中心に、全国のライブハウス、バー、カフェなどで活動を開始。 四谷天窓、渋谷7th FLOOR、恵比寿天窓.switchなどで4度のワンマンライブを成功させる。 2008年「KAWASAKI STREET MUSIC BATTLE 3」決勝進出。CLUB’CITTA出演。 2013年、3枚目のミニアルバム「あいにゆけ」発売。テレビ、ラジオなど各メディアへも出演多数。
http://ameblo.jp/muratoo/
18:50~ Creepy Nuts(R-指定&DJ 松永)
Creepy Nuts(R-指定&DJ 松永)
MCバトル日本一のラッパー「R-指定」とターンテーブリストであり、トラックメイカーとして活躍する「DJ 松永」による1MC1DJユニット。 業界屈指のスキルを持つこの2人だからこそ実現できる唯一無二のライブパフォーマンスは必見。 デビュー前にして「FUJI ROCK FESTIVAL’14」「YATSUI FESTIVAL’15」に出演するなど、すでに各所で話題のユニットである。
http://creepynuts.com/
19:30~ Lady Honkerz
Lady Honkerz
1930年代SwingJazz黄金期のサウンドをルーツとする女性だけで編成される当ユニットは、より多くの人々にSwingJazzの魅力を伝えるべく誕生した。 アルト×2、テナー、バリトンの4サックスが基本編成で、アンプ要らずの機動力が売り。 スウィンギー&ブルージー、そして女性であることを忘れさせる迫力ある演奏をみなさんご堪能あれ。
https://www.facebook.com/ladyhonkerz
20:10~ 芽亜利・J
芽亜利・J
川崎在住、熟女世代の気持ちを発信するシンガーソングライター芽亜利・Jです。 代表曲の”うちなーるスマイル”は、カラオケにも入ってます! 11月8日に、恵比寿天窓スイッチでワンマンライブが有ります。チケット好評発売中です!
http://mearij.velvet.jp/

「タワレコ秋まつり ミュージックフェスタ in コアパーク」は、地元で活躍する「川崎純情小町」「芽亜利・J」など、6組のアーティストが登場します。
「コスギフェスタ」「こすぎ夏祭」など、地元のステージに出演実績のある方が多いですね。

なお、音楽ステージは20:45に終了し、そこから21:00までは「武蔵小杉カレーEXPO」の表彰式が開催されます。



さて、続いて音楽とともに前夜祭を盛り上げるのが、「武蔵小杉カレーEXPO」です。

■「武蔵小杉カレーEXPO」
武蔵小杉カレーEXPO

今回、「コスギフェスタ2015」との共同企画で「武蔵小杉カレーフェスティバル」が初開催となります。

「武蔵小杉カレーフェスティバル」は、カレー店11店舗が参加した「武蔵小杉カレースタンプラリー」から始まりまして、こちらは本日10月22日(木)をもって期間が終了となりました。

これに続いて23日(金)の前夜祭で開催されるのが「武蔵小杉カレーEXPO」で、カレー店7店舗がこすぎコアパークに集結します。

■「武蔵小杉カレーEXPO」参加7店舗
KOSUGI CURRY
KOSUGI CURRY
看板メニューのオリジナルチキンカレーと、毎週変わるアイディア満載の創作カレー
 
毎日10キロの玉ねぎを丁寧に手でみじん切りにしています。玉ねぎの甘みとしっかりとした食感と、そしてそれによって引き立つスパイスの輪郭を最高に引き出すためです。他では決して味わうことのできない濃厚でクセになる看板メニューのオリジナルチキンカレーと、毎週変わるアイディア満載の創作カレー2種類。常に3種類のカレーをご用意してお待ちしております。4年間変わらず続けている三輪車での移動販売・店舗営業・テイクアウトで、皆様のお越しをお待ちしております。ディナータイムはお酒やおつまみもたくさんあります。

http://yuko25ap.wix.com/kosugicurry
武蔵小杉ブログエントリ
コ・ピーピー 武蔵小杉店
コ・ピーピー武蔵小杉店
「モヤモヤさまぁ~ず」でも紹介された人気店
店名の由来は、「コ」はタイ語で島。プーケットから約一時間半の観光で有名なきれいな島・ピピ島です。レオナルド・ディカプリオ主演映画「TheBeach」の舞台になりました。そんなきれいな南の島にいるようにゆったり過ごしていただきたいと考えてます。 武蔵小杉店は’05年年開店。ピンクの屋根の軒先には、外用テーブルもご用意♪小上がり席は、最大16名様利用可で宴会、お子様連れに人気です。貸切パーティーなどのご予約も承っています。’13年「モヤモヤさまぁ~ず」で紹介され、お客様はもちろん、地元商店街でも大人気のお店です。
http://www.kohphiphi.jp/
JAGA武蔵小杉店・新丸子店
JAGA武蔵小杉店・新丸子店
もちもちの超特大ナンが名物!
とにかく明るいスタッフの笑顔に癒されるアットホームな空間に地元ファンが多いお店。シェフが作るたくさんの種類の本格インドカレーはもちろん、炭火焼きのタンドール釜で焼くタンドリー料理や、もちもちの超特大ナンが名物!こだわりのお料理の数々と、楽しい時間を是非ご堪能ください。お子様用チキンカレーも大人気です。
武蔵小杉ブログエントリ
武蔵小杉ブログエントリ
New Namaste Himal 向河原店
New Namaste Himal 向河原店
こだわりぬかれたインド本場の味をお楽しみください。
当店のシェフはインドと日本で13年もの経験をもつベテランシェフ。とにかく美味しい、こだわりぬかれたインド本場の味をお楽しみください。特に人気のメニューはバターチキンとえびチーズカレー。ナンの種類も豊富で、家族やグループで楽しめるメニュー構成やランチメニューの豊富さにも定評があります。みなさまのお越しをお待ちしております。
100時間カレーB&R 武蔵小杉店
100時間カレーB&R武蔵小杉店
100時間以上かけて作り上げるカレー&ハヤシライス
カレー&ハヤシライスには和牛の最高ランクであるA5、A4ランクの黒毛和牛を贅沢に使用。更に、玉ねぎ、人参、セロリ、トマト、リンゴ、パパイヤ、パイナップル等の香味野菜、果物をたっぷりと使い20種類以上の独自スパイスと共に濃厚な味わいを引き出している。100時間以上かけて作り上げるカレー&ハヤシライスには食材の甘味が凝縮されている。特に玉ねぎは1人前に約1個分が溶け込んでいて、身体にも優しい健康カレー。
http://arcs-co.jp/
武蔵小杉ブログエントリ
新丸子カレー工房パルコ
新丸子カレー工房パルコ
蜂蜜に一晩漬け込んだローストガーリックが味の決め手!
新丸子駅前に’13年にオープンした6席の小さなお店です。カレーに10種類以上使用するスパイスの中で当店自慢のスパイスは、蜂蜜に一晩漬け込んだローストガーリック。これを香味野菜とじっくり煮込んだカレールーにアクセントとして加えています。焙煎ニンニクのエッジの効いた香ばしい風味と蜂蜜の甘味が絶妙なバランスで醸し出す深い味わいがパルコカレーの魅力です。
Maya Restaurant
マヤレストラン
ゆったりくつろげるインド料理店。
’09年にオープンした南武沿線道路に面する一見洋食屋さんの様な当店は、テラス席もある、ゆったりくつろげるインド料理店です。本場インドから取り寄せたスパイスと国内で仕入れた食材で作る本場よりも美味しいカレーをご用意してお待ちしております。
http://www.mayarestaurant.jp/
武蔵小杉ブログエントリ

「武蔵小杉カレーEXPO」でおすすめなのが、「カレー4種の食べ比べセット」(1,000円)です。
これは限定400食で提供されるもので、中央にご飯、周囲に4種のカレーを盛り付けることができます。

カレー投票と食べ比べセット

まずは本部テントでご飯入りの容器を1,000円で購入すると、食券が4枚ついてきます。
この食券を使って各店舗を回り、お好みのルウを盛り付けてもらうわけです。

また、カレーをオーダーした際に、投票権が配布されます。
会場には以下の箱が用意されていますので、イメージに合った箱にカレーの投票権を19:30までにお入れください。

■「武蔵小杉カレーEXPO」投票箱一覧
▼『野菜たっぷり!ヘルシーで旨いカレー』
▼『家族で食べたい楽しいカレー』
▼『大人向きの絶品カレー』
▼『ビールに合う!!濃厚カレー』
▼『〝武蔵小杉"っぽいカレー』
▼『エキゾチック!!本格的なカレー』
▼『クセになる!!個性的なカレー』

皆さんの投票に基づいて、それぞれのテーマの受賞店舗が決定されます。
投票結果は、音楽ステージ終了後、20:45からの表彰式で発表される予定です。

■「ドラフトカー」登場
ドラフトカー登場

そしてこすぎコアパークには、キリンビールのドラフトカーが登場します。
鋭意調整中ですが販売のバドガール・ボーイも来てくれる予定ということです。

仕事帰りなどに音楽を聴きつつ、カレーとビールを楽しんでみてはいかがでしょうか。

■前夜祭準備が進むこすぎコアパーク
前夜祭準備が進むこすぎコアパーク


前夜祭準備が進むこすぎコアパーク

前夜祭準備が進むこすぎコアパーク

「コスギフェスタ2015」のスタートを飾る「前夜祭」は、本日から会場設営がスタートしています。
こすぎコアパークに、また多くの方が集まることと思います。

■「コスギフェスタ2015」公式ポスター
「コスギフェスタ2015」公式ポスター
※クリックで拡大します。

■10月24日(土)イベントスケジュール
10月24日(土)イベントスケジュール 
※クリックで拡大します。

 ■10月25日(日)イベントスケジュール
10月25日(日)イベントスケジュール 
※クリックで拡大します。

■10月24日(土)イベントマップ
10月24日(土)イベントマップ 
※クリックで拡大します。

■10月25日(日)イベントマップ
10月25日(日)イベントマップ 
※クリックで拡大します。

【関連リンク】
コスギフェスタ2015 特設サイト
武蔵小杉カレーフェスティバル facebookページ

(開催レポート)
2011/10/30エントリ 「コスギフェスタ2011」開催レポート
2012/10/27エントリ 「コスギフェスタ2012」開催レポート
2013/10/27エントリ 「コスギフェスタ2013」開催レポート
2014/10/25エントリ 「コスギフェスタ2014」開催レポート

(実行ワーキング・グループインタビュー)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(前編)
2011/10/8エントリ 武蔵小杉の「ひと」(7):「コスギフェスタ2011実行ワーキング・グループ」座長・山中佳彦さん(後編)
2013/9/21エントリ 武蔵小杉の「ひと」(8):「コスギフェスタ2013実行ワーキング・グループ」石井正士さん、本平基さん
2014/9/28エントリ 武蔵小杉の「ひと」(9)「コスギフェスタ2014実行ワーキング・グループ」松尾寛さん、大坂亮志さん
2015/10/12エントリ 武蔵小杉の「ひと」(10)「コスギフェスタ2015実行ワーキング・グループ」安藤均さん、奥村佑子さん
 
(コスギフェスタ2015告知)
2015/9/1エントリ 「コスギフェスタ2015」前夜祭10月23日(金)、本祭24日(土)・25日(日)開催、首都圏初開催「いす-1GP」、「武蔵小杉カレーフェスティバル」登場
2015/9/8エントリ 10月24日(土)25日(日)首都圏初開催!「いす1グランプリ武蔵小杉大会コスギフェスタカップ」の参加登録受付開始
2015/9/23エントリ 10月23日(金)~25日(日)開催「コスギフェスタ2015」詳細プログラム発表、10月1日より「コスギおいしい街歩きブック」クーポン利用開始
2015/9/25エントリ 「コスギフェスタ2015」の恒例企画「トリックオアトリートスタンプラリー」の事前申込が10月3日(土)開始、今回は2コースに分かれ混雑緩和
2015/10/1エントリ 「コスギフェスタ2015」新企画「コスギおいしい街歩きブック」「武蔵小杉カレーフェスティバル」合冊ガイド配布開始、本日より「街歩き」クーポン期間スタート
2015/10/3エントリ 「コスギフェスタ2015」恒例企画「カードクエスト4」はじゃんけん大会!事前申込が本日10月3日(土)開始
2015/10/5エントリ 「コスギフェスタ2015」要事前申込企画まとめ:「スタンプラリー」は今週完売濃厚、「いす-1GP」参加費が当初告知半額以下の5,000円に
2015/10/7エントリ 「コスギフェスタ2015」を一緒につくろう!ボランティアスタッフを10月15日まで募集中
2015/10/14エントリ 「コスギフェスタ2015」共同企画「武蔵小杉カレースタンプラリー」本日10月14日スタート、全店舗でハーフメニューを提供中
2015/10/16エントリ まだ間に合う!「コスギフェスタ2015」事前申込:「スタンプラリー」「カードクエスト」「いす-1」「コスギ教育No.1プロジェクト」
2015/10/18エントリ 「コスギフェスタ2015」で始動「コスギ教育No.1プロジェクト」による、中学・大学入試、投資教育セミナー
2015/10/19エントリ 10月24日(土)、武蔵小杉で古着の再利用プロジェクトが一斉開催。「コスギフェスタ2015」「洋服ポスト武蔵小杉 by nakool」「グランツリー デロリアン走行プロジェクト」
2015/10/20エントリ 今週末開催「コスギフェスタ2015」のデジタルサイネージ・のぼり・ポスターが武蔵小杉の街を席巻
2015/10/21エントリ 「コスギフェスタ2015」で「+Care Project」がハンド整体・肌湿度測定・バランスディスクなどを実施

Comment(1)

2015年
10月21日

「コスギフェスタ2015」で「+Care Project」がハンド整体・肌湿度測定・バランスディスクなどを実施

【Reporter:はつしも】

「コスギフェスタ2015」が、10月23日(金)から25日(日)にかけて開催されます。
大規模企画である「トリックオアトリートスタンプラリー」「カードクエスト4」「いす-1GP」「コスギおいしい街歩きブック」「武蔵小杉カレーフェスティバル」などはご紹介してまいりましたが、メイン会場である「こすぎコアパーク」には多数の店舗・行政組織・団体等が出店します。

今回はそのうちのひとつ、10月24日(土)に出店する「+Care Project(プラスケアプロジェクト)」をご紹介したいと思います。

「+Care Project」のロゴマーク

「+Care Project」は、「病気にならないまち/病気になっても安心して暮らせるまち」をテーマにまちづくりを支援するNPO法人小杉駅周辺エリアマネジメントによるプロジェクトです。
これまで「コスギフェスタ」以外に、内面から美しくなる健康講座「こすぎ美人教室」、スポーツ講座「リングビー体験教室」など、健康に関するさまざまな取り組みを展開しています。

「コスギフェスタ2015」では、「ハンド整体」「肌湿度測定」「バランスディスク」「病気になっても安心して暮らせるまちアンケート」という4つの企画で出店します。



<企画1 ハンド整体>

新丸子の「さわやか整体スタジオ」の福田院長がインストラクターを務める「ハンド整体」体験です。

整体というと、肩や腰などの印象が強いと思いますが、同院長によると、実際には手にも疲れが残っていたり、関節のずれや筋肉の硬直がみられる場合が多いのだそうです。

本企画は、ひとり3分の「ハンド整体」を無料提供してその緊張を緩和し、体が楽になることの体験を通して健康への関心を高めることを目的としています。

■新丸子の「さわやか整体スタジオ」
新丸子の「さわやか整体スタジオ」 

■さわやか整体スタジオ ウェブサイト
http://sawayaka-seitai-studio.com/



<企画2 肌湿度測定>

「肌湿度測定」は、昨年「コスギフェスタ2014」でも実施していた企画です。
肌の新陳代謝を高めるには規則正しい生活を送ることが第一であり、「栄養バランスを整え、脂肪を取りすぎず、十分な睡眠をとること」を啓発するものです。

■コスギフェスタ2014での「+Care Project」肌湿度測定
 

■肌湿度測定の見方
レベル1 ~27%未満 とっても乾燥しています
肌表面がカサついてつやがない状態です
レベル2 27%以上~37%未満 少し乾燥しています
肌表面がカサついている状態です。保湿に重点をおいたケアがおすすめです。
レベル3 37%以上~47%未満 しっとりしています
お手入れ、環境により変化しやすい肌です。十分な水分補給を。
レベル4 47%以上~57%未満 とてもしっとりしています
水分がたくさんあり、キメの整った肌ですが油断は大敵です。
レベル5 57%以上 理想的な水分量です
水分がたくさんあり、キメの整った肌です。今の状態を保ちましょう。


自分の肌に関して「なんとなくカサついているかな」というレベルの感覚はあるでしょうが、「肌湿度」として数値化したことはなかなかないのではないでしょうか。

この機会に測定してみてはいかがでしょうか。



<企画3 バランスディスク>

近年、猫背になったり、すぐに座り込んでしまう子供や若者が多くなったと言われます。
その原因には、走り回ったり木登りをしたりするような遊びの減少による、バランス感覚と体幹の筋力の衰えがあると指摘されているのだそうです。

■バランス感覚と体幹の筋力が大切です
バランス感覚

今回「+Caare Project」が用意する「バランスディスク」は、足裏にある「固有受容器」と呼ばれる神経を刺激し、正しいバランス感覚を脳に教え、また体幹を中心とした筋力強化にも使える安全なトレーニング用具です。

■「バランスディスク」のめやす
1~5秒 まだまだ  
5~10秒 おしい!
10~20秒 なかなか
20~30秒 いいね!

30秒~ すばらしい!

「バランスディスク」に乗って、30秒以上持ちこたえることができれば、たいへん素晴らしい状態ということです。

何も器具を使わず、普通に片足で立ってみると、思いのほか難しいことがわかります。
この機会に、「バランスディスク」で測定してみてはいかがでしょうか。



<企画4 「病気になっても安心して暮らせるまちって?アンケート」>

健康でいられるのが一番良いのですが、人は病気になったり、障害を抱えることもあります。
本企画では、そんな時にどんなことが不安か、何がまちの中にあったら安心か、皆さんの意見を集めます。

リンゴ型の付箋に皆さんのご意見を書いて、それをブースに用意したリンゴの木に貼っていきます。
終了時には、はたしてどんな木が出来上がっているでしょうか。

なお、このアンケートにご協力いただいた方のうち先着200名には、大野屋で販売している「なかじま園」のイチゴ飴または「淡路島玉ねぎ工房」のフルーツ玉ねぎスープ、薬局で市販の「入浴剤」がプレゼントされます。
こちらは無くなり次第終了となりますので、お早めにどうぞ。



以上4つが、今回の「+Care Project」の企画になります。

例えば人間ドックで診断を受けるとなるとそれなりに心理的・物理的なハードルも高くなりますけれども、本企画は「コスギフェスタ2015」を楽しみつつ、気軽な健康チェックができます。

日頃の健康は大変ありがたいものですので、こういった機会をとらえて、少しずつ自分の体を振り返ってみると良いと思います。

「こすぎ美人教室」

■「+Care Project」の「コスギフェスタ」「こすぎ美人教室」のご案内(PDF)
http://www.musashikosugi.sakura.ne.jp/blogdata/kof151021-1.pdf
■「+CareProject」ウェブサイト こすぎ美人教室
http://kosugipluscare.jimdo.com/event/こすぎ美人教室/

なお、「+Care Project」では、昨年好評を博した「こすぎ美人教室」を11月22日に開催します。
そのご案内が「コスギフェスタ2015」とあわせて告知されていました。

■「こすぎ美人教室 あなたの姿勢を見直そう!美人ウォークのススメ」の開催概要
開催日時 2015年11月22日 10:00~12:00(開場9:30)
会場 NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント事務所 リエトプラザ
http://musashikosugi.or.jp/?page_id=3162
内容 肩こり、冷え症…そういった症状、実は「姿勢のゆがみ」からきているのかも? 女優やモデルの指導も行っている谷先生をお迎えし、姿勢を正して体調を整え、美しい歩き方をマスターしましょう!

<講師>
ウォーキングインストラクター eikowalk主催 谷英子先生
http://www.eikowalk.com/
対象 18歳以上の女性(先着30名)
参加費 2,000円
服装 動きやすく体のシルエットがわかる服装でお越しください。
申込方法 メールまたはFAXにてお申込みください。
<必要記載事項>
表題に「こすぎ美人教室申し込み」と明記のうえ、参加者お名前、年齢、お電話番号、ご住所、パソコンからのメールを受け取れるメールアドレスまたはFAX番号をご記載ください。
<送付先>
メール: info@musashikosugi.or.jp
FAX:044-431-3135
お問い合わせ先 NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント
044-433-9180(火~土 10時~17時)

「こすぎ美人教室」は2014年11月から12月にかけて3回シリーズで開催されまして、有料講座にもかかわらずたいへん盛況でした。

今回は11月22日の1回で完結する企画となっております。
もう少しじっくりと「姿勢」を改善してみたいという方など、ご関心おありでしたらどうぞ。
 
■「コスギフェスタ2015」公式ポスター
「コスギフェスタ2015」公式ポスター
※クリックで拡大します。

■10月24日(土)イベントスケジュール
10月24日(土)イベントスケジュール 
※クリックで拡大します。

 ■10月25日(日)イベントスケジュール
10月25日(日)イベントスケジュール 
※クリックで拡大します。

■10月24日(土)イベントマップ
10月24日(土)イベントマップ 
※クリックで拡大します。

■10月25日(日)イベントマップ
10月25日(日)イベントマップ 
※クリックで拡大します。

 【関連リンク】
「+Care Project」ウェブサイト
NPO法人小杉駅周辺エリアマネジメント ウェブサイト
さわやか整体スタジオ ウェブサイト
2014/10/16エントリ 10月25日(土)開催「コスギフェスタ2014」の「+Care Project」
2014/10/20エントリ 10月25日(土)開催「コスギフェスタ2014」に「KOSUGI CURRY」「SHIBA COFFEE」が共同出店、翌日より「+Care Project」の「Walk & Get」に参加
2014/11/10エントリ 「+Care Project」の女性向け健康レッスン「こすぎ美人教室」が11月21日・28日・12月12日に開催、参加申込受付中
2014/12/14エントリ 武蔵小杉駅前通り商店街のもちつき大会開催レポート:「+Care Project」が健康企画を展開
2015/5/15エントリ 中原区発祥のスポーツ「リングビー」と、4月11日(土)開催「親子で楽しむリングビー体験教室」

Comment(0)